chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2009-05-24

[]体罰を止めるな!不公平だ! 18:36 体罰を止めるな!不公平だ! - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 体罰を止めるな!不公平だ! - chanbaraの断片 体罰を止めるな!不公平だ! - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 学校教員体罰を与えることに対して風当たりが強くなっているのは、まあアホ教員自業自得だし連帯責任だと思うんだけど、昨今のそういう風潮に対して面白く思わない今の大人たちの感覚ってのは何なんだろうな、とたまに思う。

 彼らの発言を聞いていると、「自分たちはバカスカ殴られたのに今のガキどもはそうじゃないなんて不公平だ!不平等だ!」と言いたげなのがとても面白い。典型的戦後民主主義教育の申し子だな、と思う。

 更に、こういう人たちの中に、別の局面で「戦後民主主義教育的悪平等が日本人ダメにした」みたいな批判をしているのがいるので、これもまた面白い現象だ。

 当人が自分のそういう振る舞いの面白カッコよさに気づいているかどうかは不明だが。


http://22.media.tumblr.com/HCL5Cqr73novr6iaBdo0FwPPo1_400.gif

The real reason teachers don’t want cell phones in class.

2009-05-20

思いついたキャッチフレーズ 07:50 思いついたキャッチフレーズ - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 思いついたキャッチフレーズ - chanbaraの断片 思いついたキャッチフレーズ - chanbaraの断片 のブックマークコメント

「生涯婚活

名刺座右の銘として印刷するなど、使いたい人はどうぞ。私は使いません。

2009-05-13

[][]「いじめ構造」よりも「水からの伝言」? 21:52 「いじめの構造」よりも「水からの伝言」? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「いじめの構造」よりも「水からの伝言」? - chanbaraの断片 「いじめの構造」よりも「水からの伝言」? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 まだ半分くらいまでしか読んでいないので的外れなことかもしれないけど、この本を読みつつ思いついたことを書く。用語は不正確だし内容的にも間違っているかもなんで気づき次第適宜書き直す。

 学校みたいな閉鎖的なところに「みんな仲良く」「みんなベタベタ」を強制されて集団で押し込まれて、学校外の社会倫理などが通じない「独特の秩序を持った社会」ができあがると色々と凄惨いじめが起きてしまいますよ簡単に人が死んでもその社会の中にいつ人はケロリとしていますよ、という考え方があると。

 子供がそういった社会に押し込められている、というのは理解できるんだけど、もしも、教員保護者もそういう「独特の秩序を持った社会」に取り込まれているとしたらどうだろうか、なんてことを読んでいる途中で思った。

 学校の仕組みを解体すれば、そこまでいかなくても仕組みを変えればいじめ問題が減るんじゃないの?という物言いに対して、過剰なまでに拒絶反応を示す教員*1たまに見かけるけど、そういう人から見ると、仕組みをいじろうとする人が「自分たちが生きている独特の社会やその秩序」に対する「侵入者」に見えるのかもしれない。

 この本の冒頭に「人を殺した現実感が希薄になっている」と中学生に向けて話す外部の大人に対して、「挑戦的な表情で、上目づかいににらんでいる」中学生*2たちのエピソードが出てきたけど、それと同じく、学校の仕組みを変えてみれば?という考え方に対して「挑戦的な表情で、上目づかいににらんでいる」教員保護者もいるのかもな、と。

 で、そういう人たちにとってこの本は、内容の妥当性云々以前にもう見るのもイヤだレベル拒絶反応を引き起こすのかもしれないなと妄想した。もしかしたら学校における児童(生徒)管理ツールとして参考になるかもしれないのに。

 「水からの伝言」を学校の授業で使っちゃう要因*3、ってのはこんなところにもあるのかも。だってあのポエムは「自分たちの」「正しい」「社会」「秩序」を侵害しないからね。

 最後まで読めばまた違うことを思うかもしれない。最後まで読んだらあらためて考えたことを書いてみたい。


いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)内藤 朝雄

講談社 2009-03-19
売り上げランキング : 30742

おすすめ平均 star
starすばらしい。
starいじめ研究第一人者による提案書
star心の底から”いじめ”をなくしたい人は、ぜひ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:に限らないけど。「仕組みを変えればいじめゼロになるんですか?」みたいな誰も言ってないことを持ち出してきたりする

*2:彼ら彼女らから見れば、こういう大人は自分たちの「正しい」社会に対する「侵入者」なのだ

*3:ちょっと前にこんなことを書いた http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20090406/1239027385

2009-05-10

[]「意識の高い人」ってのは「おれたちはネット真実を知ることができるからいいけど」なんだな 20:52 「意識の高い人」ってのは「おれたちはネットで真実を知ることができるからいいけど」なんだな - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「意識の高い人」ってのは「おれたちはネットで真実を知ることができるからいいけど」なんだな - chanbaraの断片 「意識の高い人」ってのは「おれたちはネットで真実を知ることができるからいいけど」なんだな - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 好きを貫いて日本語が滅んで海外で学んで働いて自分を変えてライフハック意識情報処理能力の高い俺ちゃんは新時代のデジタルネイティブサクセスインターネット!って感じに安い煽りに乗って(乗せられて)叫んじゃうのってアレだ、「おれたちはネット真実を知ることができるからいいけど*1 *2」と同じなんだな。香ばしさとかその辺が。

 ITで人間や世の中のありようが変わるとか、ネットには従来メディアが語らない隠された事実があるとか、そういう面は確かにあるんだけど、そのことと、安い煽りを真に受けて「新しい何かに目覚めて」叫んじゃう人の発言内容との間には随分飛躍があるように思える。

 もちろん飛躍しちゃってる人が何かを成し遂げることも(成し遂げないことも)あるし、自分も含め人間は多かれ少なかれ目覚めちゃったり飛躍してたり勘違いしてたり煽られたりしているわけだから、まあ、いいんだけど。

fake-jizofake-jizo2009/05/11 01:27http://d.hatena.ne.jp/trendwords/20030430#p1

まあこれだけみてもよくわからないですが。

chanbarachanbara2009/05/12 00:25情報提供ありがとうございます。助かります。

2009-05-09

[]監視カメラで「スウェーデン製」映画を撮る 22:01 監視カメラで「スウェーデン製」映画を撮る - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 監視カメラで「スウェーデン製」映画を撮る - chanbaraの断片 監視カメラで「スウェーデン製」映画を撮る - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 何年か前に海外ニュースで、監視カメラに抗議する人がカメラの前に「私は買い物に行くだけです」「ここに立っているだけです」と書かれたプレートを持って立ったり、監視カメラの前で「1984年」とかの寸劇を演じる、というのを見た記憶があるんだけど、それの亜種として、監視カメラを使って「スウェーデン製」映画を撮るというのを思いついた。

http://akihitok.typepad.jp/blog/2008/10/be-kind-rewind-.html

http://gyakukaiten.blog105.fc2.com/

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20080105

2009-05-06

[]マナー広告登場人物属性 10:42 マナー広告の登場人物属性 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - マナー広告の登場人物属性 - chanbaraの断片 マナー広告の登場人物属性 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 公共の場に貼ってあるマナー広告に出てくる人物の、性別年齢(層)職業統計を取ったら思い切り有意な結果が出てくるだろうな、と電車バスに乗る度に思う。

 それはマナーに関する実態というわけではなくて、広告を作る側が、人間のふるまいと属性をどう紐付けているかが面白いまでに浮き彫りになる。

 統計を取ったら「広告を作っている側(広告のアピール対象の人たち)が世界をどのように捉えたがっているか」がハッキリ出てくると思うよ。

2009-05-05

[][]魯迅を読んでいる 20:10 魯迅を読んでいる - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 魯迅を読んでいる - chanbaraの断片 魯迅を読んでいる - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 下の文庫本を買って「阿Q正伝」まで読んだんだけど、読んだあとの身につまされ感というか、これが全く他人事に見えなくて*1なんつうかダークな気分というのはちょっと違うけど、複雑な読後感。

[おまえは俺か]

みなは当然こう言った-阿Qが悪い。銃殺刑がその悪い証拠であり、悪くなかったらどうして銃殺などされようか?

魯迅参考リンク

http://taweb.aichi-u.ac.jp/leesemi/ronsyu2/endou.htm

http://www.luxun.sakura.ne.jp/luxun/top1.html

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0716.html

故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)
故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)藤井 省三

光文社 2009-04-09
売り上げランキング : 23676


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:昔の外国の話とは思えない

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |