chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2009-01-29

[]「当世風」とでも申しましょうか 23:33 「当世風」とでも申しましょうか - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「当世風」とでも申しましょうか - chanbaraの断片 「当世風」とでも申しましょうか - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 ここ何年かで、ライフハックとかスキルアップキャリアアップとか意識の高い自分を成長させる!とか、そういう系統テキストを見かける機会が増えてきた。世相を反映しているとか、そういう教育の効果が浸透してきた結果*1とかなのかなあと思いながら見ている。

 で、まあこういう傾向を目の当たりにして俺は冷めた目で見ていたし今でも割とそうなんだけど、ただこういうテキストから学ぶこともある。

 こういったテキストを読んでみて、今まで興味なかった分野に興味を持ったりとか、今まで知らなかった面白そうなことを知ったりとか、まあそんなところ。素直に勉強になる。

 あとは、こういった意識の高いあたまのよさげなすごそうなことを書いている人が、たまに自分がやらかすのと同じようにいいかげんなことを言っていたりして*2、ああ人間ってのは大抵はほどほどにすごくてほどほどにいいかげんなんだな、というのを改めて確認できたりする。昔、TV東京のお受験事情みたいな特集を見てて、東京のヤツらって小学生の頃から受験勉強一色でみんな東大受けるレベルなのかー、って勝手ビビっていたけど実際に都会に出てみたら確かにすごいヤツはすごいけど全体として見たら大したことなかった、みたいな感覚。こっちの意味でも勉強になる。

 明確な正解のない問題に対するテキストに関してあんまり真に受けるな話半分で聞けとか、ビジネス本ばかり読んでないで勉強しろ*3とか、そういった視点を忘れないようにしよう。

*1:余談だけど、教育の効果ってのはバカにならないくらい大きいのですよ。「戦後民主主義教育の弊害が!」と言ってる人自身が戦後民主主義教育価値観にどっぷりつかっていたりするけど、そういうのを参照。

*2:わざと変なことを言って反応を観察しているのもいる

*3http://d.hatena.ne.jp/terracao/20081225/1230144989

2009-01-27

[][][]生きづらい世の中を生きる方法 22:10 生きづらい世の中を生きる方法 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 生きづらい世の中を生きる方法 - chanbaraの断片 生きづらい世の中を生きる方法 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 精神上の障害を持ちやすい今の世の中において、どう生きればいいだろうかというテーマ人間の頭を悩ませる。で、この本は、今の社会の枠組みの中で生きることを前提に書かれている*1松本哉氏の言うところの「奴隷(優秀だろうが本人は勝ち組金持ちのつもりでいようが所詮は貧乏人)」として生きることが暗黙の前提になっている。もちろん、奴隷であってもやり方次第で快適に生きる方法はあるし奴隷だから良い悪いということでもないんだけど。

 この本自体は適応障害について書かれた本で、症状や治療の解説、ストレスと上手く付き合うためのヒント、等について書かれている。「環境を変え、人を変え、症状を変える」「努力だけで全て解決できると思わない」などなど。

 今の世の中をどう生きるかについては、色々な考え方やりかたがある。鶴見済のように考えるのもアリだし松本哉のように考えるのもアリだ。様々な手法を知っておくのは少なくともマイナスにはならないと思う。

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…
マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…松崎 博光

WAVE出版 2005-01
売り上げランキング : 38392

おすすめ平均 star
starこころは壊れやすいもの
starわかりやすかったです
star★「脱脂粉乳社会」がつくる「ビタミン愛欠乏症」★

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 余談だけど、こっちの本は今までの松本哉関係の本とは少し違った印象を持った。「経営者としての松本哉」の発言がちょくちょく出てきていて、地に足の着いた・持続可能な*2革命後の世界」の実現について考えて行動をしているんだなあという感想を持った。

貧乏人大反乱―生きにくい世の中と楽しく闘う方法
貧乏人大反乱―生きにくい世の中と楽しく闘う方法松本

アスペクト 2008-11
売り上げランキング : 71762


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:いやまあ大抵の本はそうなるんだけど

*2:上手い表現が見つからない

2009-01-26

[][]メディアは本当に知りたいことなんか書いてくれない 21:29 メディアは本当に知りたいことなんか書いてくれない - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - メディアは本当に知りたいことなんか書いてくれない - chanbaraの断片 メディアは本当に知りたいことなんか書いてくれない - chanbaraの断片 のブックマークコメント

Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇 (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 「お金大事だよ」とか「金の切れ目が縁の切れ目」とか「美しい国日本ムラ社会現実」とかそういう相変わらずな社会現実を示してくれる、なんてことはないどこにでもある記事でした。え?情報漏洩コンピュータセキュリティ

 ただ一つ気になったことがあって、

生活水準をぎりぎりまで切り詰める状況に嫌気が差したのでしょうか。夫人とはその1年後に協議離婚となりました。

これを読むと、銀行員時代の三割の収入になった夫といるよりも、協議離婚した方がこの夫人にとっては自分の使える金が増えたという解釈もできなくはない*1。一体どういう「協議」をしたのか詳細な内容が気になるところですが、そういう大事なことには一切触れられていません。年金の給付のされ方が最近変わってそれによって熟年離婚が増える、という予想があった*2ような気がしますが、それとの関連があるのかとか気になることは尽きないのですが。Winnyによる企業情報漏洩なんかよりずっと大事なことなのに。

 この「専門家萩原栄幸氏」が書かれた記事に対して「作り話にマジレスすんなや」的な反応をされている方も見受けられましたが、私としては確たる証拠もないままに作り話扱いをするのはいかがなものでしょうか、と良識を示したいと思います

 話は変わりますが、冒頭の、日本社会の現状に関して書かれた記事を読んで真っ先に思い出したのが、ちょっとのものですがこの記事。

no title

 この女子大生対談の中で

http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200705/contents01/theme01_05.php

いるよぉ、そういうヤツ。社会人になった途端に偉ぶるヤツとかさぁ。有名人大企業名刺を見せびらかしながら「学生若いねぇ」なんていっちゃって。入社半年会社を語るなよ。

とあって、これを読んだ当時の私は「ああ、この記事を一人で書き上げた担当の人には、こういういけ好かない生意気な後輩がいるんだろうなあ」「女子大生*3にこうやって叩かせるという補償行為PR記事でやってしまうという心情は如何ばかりのものか」と思いを馳せたのでありました。


[]女性結婚意識する部屋って? 21:01 女性が結婚を意識する部屋って? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 女性が結婚を意識する部屋って? - chanbaraの断片 女性が結婚を意識する部屋って? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

no title

12月恋人ができたばかりの僕も、そろそろ彼女を自宅に誘いたいな~と妄想する今日このごろです。

 bogusnews主幹が書いているのかと思った。

*1:単純に、というか複合的な理由で「こんなのと一緒に暮らすのはもうイヤだ」と思ったのかもしれないけど

*2:参照:http://blog.dandoweb.com/?eid=52491

*3まさかとは思いますが、この女子大生というのはあなた(ry

2009-01-24

[]「言論の自由」の履き違え 08:11 「言論の自由」の履き違え - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「言論の自由」の履き違え - chanbaraの断片 「言論の自由」の履き違え - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 おかしなことを言えば批判される、少なくとも様々な方面から様々な声があがる、ってだけのことを「言論の自由の侵害だ!」ってピーピー騒ぐのって、どうみても「戦後民主主義教育」の弊害だよね。

 その当人が「戦後民主主義教育の弊害」の典型だという意識が全くなくて、むしろ他人を「戦後民主主義教育の弊害」呼ばわりするのも非常に個性的で興味深い。「権利」とか「自由」ってのはおまえの都合だけを保証するための言葉じゃねえんだよ。

 自分は言いたいことを言うけどそれに対して他人に言いたいことを言われることについては異常なアレルギーを発したり*1、ものを言うのにあたって自分の地位や立場や影響力を考慮できない、民主主義社会における言葉重要さを解っていない人たちってのは非常に典型的な「戦後民主主義教育」の申し子だなと思う。

*1:おそらく、何か「特定のイデオロギー」に毒されているのだろう

2009-01-22

[]わかりやすい効果・メリット 22:38 わかりやすい効果・メリット - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - わかりやすい効果・メリット - chanbaraの断片 わかりやすい効果・メリット - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/Hash/20081209/1228848957

 ここで言われている博士問題のような問題は、当事者でない人には問題の所在がわかりにくく、しかもこの問題によって部外者がすぐに困ることがないので、何が大事なのかも理解しにくい。短期的に自分利益不利益にならないので尚更だ。

 長期的な大きな問題、しかもその問題が解決するかどうかも解らず、また解決したことによる効果をわかりやすい形で提示することが難しい問題に取り組む人は大変だなあと思う。別に今に始まったことじゃないけど。

 ところが世の中、問題の所在や、問題が解決したことによる効果がわかりやすいものばかりではないし、わかりにくいからと言って即その問題が「重要ではない」となるわけではない。そういう問題が実は社会の根幹を揺るがすものだった!とか、放置してたら思わぬところでとんでもないことが起こった!なんてことにもなったりする。

 わかりやすい問題の所在とかわかりやすい効果とか、まあそれはそれで大事なんだけど、そればっかりだと社会が危うくなるよね、なんてことを自分は思うけど、そんなこと言ってられない状況が増えているのかも。

 最後に横道にそれた話をするけど、「貧乏人が貧乏人を攻撃する」という現象と「社会はどうせかわらないから自分が変わるんだ、な人が社会的運動行動をしている人を*1攻撃する」という現象は相似しているんじゃなかろうか、なんてことを思いついた。「余裕のなさ」あたりがキーワードになるのかな。まあこれは本当に今書いてて思いついた話。

*1:別にその社会的運動自分利益を損なうわけでもないのに

2009-01-21

[][][][]鶴見済 01:20 鶴見済 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鶴見済 - chanbaraの断片 鶴見済 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watarumovement/top.htm

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watarumovement/speaking/speaking.htm

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watarumovement/speaking/ngp1.htm

――『完全自殺マニュアル』『人格改造マニュアル』というのは、社会もむかつくけど、まず自分がその中で生き方をどうやって変えていけばいちばん楽になるか、という問題の立て方でしたよね。

鶴見 そうですね。

――ところが、どうしても人間生きていると社会とどこかでぶつからざるを得ないというところに行きついて、徐々に力点社会の方へシフトしたという感じを、『檻のなかのダンス』では持ちました

鶴見 大学社会学科だったんで、いままでも社会の仕組みを頭において、考えてきてたんです。でも、何をいちばん先に言いたいかとなると、生き死にのことで、『完全自殺マニュアル』やって、次の『人格改造マニュアル』は、性格と対人関係問題が生きる上でみんながいちばん悩んでいることじゃないかと思ってたんです。たとえば引っ込み思案でどうしたらいいだろう、とか。そういうことが社会のことの前に言いたかった、と。その次に社会のことを書いて(書き切れない部分もあったんですが)、いま実は自然のこと言いたいんです。

 一部の「どうせ世の中はかわらないか自分を変えるんだ」な自己変革(笑)ライフハック(笑)大好きっ子は鶴見氏から10年以上遅れている*1んだなあと思った。

 世の中を変える行動について「効率的な努力(笑)という言葉を持ち出して、できない理由ばっかり探してグチグチ言う「要は、勇気がないんでしょ?」な人がいるけどそれ言ったら「自分を変える」ことだって変わんないよなあ。というか「自分を変えること」と「社会を変えること」で、両者に対する反応が全く違うのはどういうことなんだろう?

 最後に、何度でも引用するけどこれ。

http://www.mammo.tv/interview/archives/no189.html

今の社会のしくみをきちんと理解し、今ある社会適応して、その中に自分の居場所を見つけていくという側面も必要です。同時に、今の社会のしくみをきちんと批判し、これからの社会を新しく作っていく主体になるという側面も、若い世代に求められています。

 広田氏は「自分の周りのことだけでなく社会にも関心を持て」で、鶴見氏は「自分の周りのことだけ」だと理解しているんだけど、私は両者に大した違いは無いと思っている。自分の周りのことだけしか見ていなくても、結局は「社会」の問題に行き着くと思っているので。

人格改造マニュアル
人格改造マニュアル鶴見

太田出版 1996-11
売り上げランキング : 34921

おすすめ平均 star
star着眼点はおもしろいが……
star嘘が多い
star必見の価値あり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:遅れていること自体は大した問題じゃないと思うけど

2009-01-12

大河ドラマ「宇喜多秀家」 02:26 大河ドラマ「宇喜多秀家」 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大河ドラマ「宇喜多秀家」 - chanbaraの断片 大河ドラマ「宇喜多秀家」 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 夏場には関ヶ原の戦いが終わって、それ以降は年末まで八丈島での流刑生活を延々と放送。

http://www.city.okayama.okayama.jp/hishokouhou/tokyo/yukari/ibuki/ukita/ukita.htm

2009/1/31追記:当たり前の話ですが、似たようなことを考える人はたくさんいますね。

http://d.hatena.ne.jp/KJ-monasouken/20090125/p1

http://d.hatena.ne.jp/rerasiu/20090129#p2

2009-01-08

新年早々大ブレーキ 19:37 新年早々大ブレーキ - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新年早々大ブレーキ - chanbaraの断片 新年早々大ブレーキ - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 大晦日におそらく電車の中で貰った風邪インフルエンザとかでなくただの風邪)によって年初十日ほどの活動が著しく制限されたのは誰かの呪いなのだろうか。まだ頭がボーッとするしちょっと動いただけで苦しくなる。

 今年は未だ酒を一滴も飲んでいないしそもそも飲みたい気分にならないのだが身体が動かないようではあまりうれしくない。

2009-01-07

派遣村と呼ばれる支援活動に関して 18:37 派遣村と呼ばれる支援活動に関して - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 派遣村と呼ばれる支援活動に関して - chanbaraの断片 派遣村と呼ばれる支援活動に関して - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 普段「しない善よりする偽善」とか言ってる人の中に、「あの活動には○○が背後にあって」とか言っている人が見受けられたので、なかなか個性的だなと思った。

2009-01-04

大晦日の夜から体調を崩している 08:44 大晦日の夜から体調を崩している - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大晦日の夜から体調を崩している - chanbaraの断片 大晦日の夜から体調を崩している - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 朦朧とした意識の中でネットしてると、自称「意識の高い(笑)」人が得意気に書いた「○○を××した10の△△」的な薄っぺらいエントリに対する殺意が増幅される。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |