chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2008-08-30

[]教員の能力依存することの限界 00:34 教員の能力に依存することの限界 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教員の能力に依存することの限界 - chanbaraの断片 教員の能力に依存することの限界 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20080817/1218985397

 これの関連で別に思ったことをつらつらと。

 学校内で起きる問題に関して、教員の努力とか能力とかに過度に期待しすぎるような風潮があると、あまり問題は改善されないし教員以外の当事者関係者にとってもあまりよい結果にはならないんじゃなかろうか、なんてことを思った。

http://fragments.g.hatena.ne.jp/Tez/20070529

 例えば「もめ事やいざこざが起きたらとりあえず喧嘩両成敗」「何か起きたらクラス全体の連帯責任」という発想でクラス運営をすると教員の手間が省ける。頭を使って考える負担も低減される*1

 で、こういったリソース節約は「教員の怠慢」とか「ものを考える能力がない教員のバカっぷり」なのかというと、意外にそうでもないのかも。こういった発想で手間や脳のリソース節約してもなお、教員個人にかかる様々な負荷は高すぎて、それは教員の能力をはるかに超えているのかもしれない。

 学校内で何らかの問題を抱えている場合、構造(仕組み)を変えた方が改善度合いが高くなる*2んじゃないだろうか。

*1:ただ、これで処理される側から見ると結構残酷な結果を残すこともある。

*2いじめ行為等の問題が完全にゼロになる、という意味ではない。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |