chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2008-08-17

[]学校の仕組みそのものがいじめの温床になっている 00:03 学校の仕組みそのものがいじめの温床になっている - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校の仕組みそのものがいじめの温床になっている - chanbaraの断片 学校の仕組みそのものがいじめの温床になっている - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20080816/p1

基本的にいじめの問題は大きく要約すれば、学校の狭い空間で、ベタベタした関係、つまり「仲良くなりましょう」ということを強制すること。それから、学校法律が入らないこと。この2つが圧倒的に問題であり、この2点を改善すれば、ネットいじめもかなり改善されるという確信があったからです。それは自分の長年の研究に基づいて、そう思っていた。

重要なのは「場」や「空気」の強制性で、その意味で、大学生までネットを禁じたほうがいいという発想は、高校までの、現状のクラス制度を肯定するために用いられる論法としても機能する。これは重要です。教育論者達が、いじめの解決を通して、どういうモデル理想を考えているのかが浮かび上がってくるからです。その多くは、それぞれが持つ「理想の教室」に還元したい。でもそれは、いじめを生む同調圧力の温存と、不可分ですね。

 教員や元教員がいじめについて語るときに「学校の仕組みそのものがいじめを発生させている大きな一因*1になっているんじゃないのか」という発想がそもそもない人が多いように感じる。現状の学校の仕組みはそれが当然のものであってその仕組みそのものを批判的に見るという発想がそもそもないという。本当は気づいているけど立場上言えない(言いたくない)のか素で気づいていないのかは知らんけど。ただ、これは「教員や元教員」に限った話じゃないんだろうな、とも思う。自分の経験してきた学校の仕組みそのものを批判的に見ることは難しいのかもしれない。俺自身もそういう部分があるし。

 学校の仕組みそのものを批判しづらい理由のひとつは「学校とは社会性や集団生活を学び人間性を磨くところ」という考え方だと思う。こう言われてしまうとそれに反論するのは結構きつい。まあ、したり顔で「学校とは社会性や集団生活を学び人間性を磨くところ」なんて言ってる連中の「社会性」「人間性」が疑わしい場合も多々ある*2んだが。同調圧力空気に異議を言わないことを「社会性」「人間性」だと本気の善意で思っているのもいるからね。

関連:http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20080406/1207437643

※2008/08/20 追記

 このエントリでは雑な走り書きをしたので、私がここで書いたことは何なのか、そしてブクマその他の意見を読んで思ったことをちょっと追記。

  • このエントリで何を書いたのか
  • このエントリには書いてないけど私の頭の中で考えていること
    • ブクマその他で反応してくれた人たちの中で「無菌室」という例えが出てきたけど、その例えに合わせて言うなら、私の考えは「無菌室状態を作ろう」ではなく「糞尿バイ菌まみれの状態を、せめて最低限の衛生は確保されている状態にしよう*3」となる。
  • ブクマその他の反応を見て思ったこと
    • 学校の仕組みは日本社会の縮図」「いじめゼロにすることはそもそも不可能」ということと「今の学校の仕組みに問題があるかどうか」「学校の仕組みや運用において変えるべきところがあるかどうか」ということは別個に考えたほうがいい。「いじめゼロにすることは不可能なのだから学校の仕組みや運用を変える必要はない」とはならないと思うので。そういう反応をしている人を見たわけではないが、私自身も気をつけた方がいいなと思った。
    • こういうエントリを書くと「無菌室状態でいじめゼロに!」と私が考えていると解釈する人がいるんだなあと驚いた*4
    • ベタベタした関係、つまり「仲良くなりましょう」ということを強制』を問題視することイコール「集団生活の否定」にはならないと思うんだけどそういうニュアンスが一部出ているのが興味深い。自分自身にも感じることがあるけど、学校教育の影響ってのはすごいなと思う。
    • ふと思ったんだが、『ベタベタした関係、つまり「仲良くなりましょう」ということを強制』を問題視することイコール「集団生活の否定」「無菌室状態でいじめゼロ」だと思っている人ってもしかしているのかな。
    • 「論者達が、いじめの解決を通して、どういうモデル理想を考えているのかが浮かび上がってくる」ってのはその通りだなと実感した。

※2009/03/22 追記

参考:http://d.hatena.ne.jp/yagian/20061205/1165315323

*1:もちろんこれが全ての「原因」だとは思わない。重要な要素だとは思うけど。

*2:「学校とは社会性や集団生活を学び人間性を磨くところ」なのだから「不登校の奴は人間社会性に欠ける」みたいなことを言い出すとか

*3:こういう例えはまたわかりづらいのかも

*4エントリをだいぶ雑に書いているので仕方ない一面はあるが

JohannJohann2008/08/19 03:01仕組みというか、ヌルいのが一番の問題でしょ。
私はアメリカの高校へ通ってましたが、そこでは「Zero Toleranceポリシー」というものがありました。ゼロ容赦ポリシー、つまり誰であろうと校則違反は容赦しないという意味です。

いじめが起きた場合は学校側へ訴えれば調査してくれます。犯人が割れれば即退学。場合によっては少年院送り。かたや日本では、いじめの犯人が割れても学校側は注意する程度。これではいじめは減らないです。

chanbarachanbara2008/08/20 18:47エントリ冒頭にリンクした、内藤氏の考えですね。リンク先にもうちょっと突っ込んだ話がありましたね。

seijotcpseijotcp2008/08/21 01:46いや、いわゆる「Zero Tolerance」と、内藤さんの考えとは別だと思いますが。

chanbarachanbara2008/08/21 06:50あ、そうなのですか。失礼しました。勉強してみます。

chanbarachanbara2008/08/30 00:39Johannさんの話も、結局は仕組み(や運用)の話になるよねえと思った。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |