chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2008-04-29

[]子供はどう生きるべきか 04:22 子供はどう生きるべきか - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 子供はどう生きるべきか - chanbaraの断片 子供はどう生きるべきか - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 教員が児童・生徒に求めることを簡単にまとめると、教員の言うことを聞け、口答えするな、主張するな、面倒なことをしてくれるな、教員の都合のいいように振る舞え、ということになる。子供にはそう動いていただくのが教員にとってラクだからだ。

 で、こういうありがたい言いつけを守りつづけて生きていると、まあその人の人生は大抵ロクなことにならない。そして当然のことだが、教員はそのことについて責任を取らないし取ることができない。教員から見れば、一定の期間を無難にやり過ごして自分の担当を離れてしまえば生徒がどうなろうが構わない。自分の都合のいいように動かないとヒステリーを起こすが、教員が叩き込んだ要求にそって動いた子供人生がどうなろうがそれは子供自己責任だからだ。

 このありふれた事実を踏まえて、では子供はどう生きるべきか。表向きは神妙な顔つきでハイハイと返事をしつつ、教員の言うことはあまり真に受けずに話半分に聞いておけばいい。

 何の面白味もない当たり前のことであるが、子供にそれをいきなり要求するのは難しいだろうなあ、なんてことを思った。(特に義務教育課程の)教員のレベルの低さに気づくのにはそれなりに時間がかかるだろうし、気づかないまま学校を出てしまうのも結構いるからねえ。

2008-04-28

過去があり現在があり未来がある 00:13 過去があり現在があり未来がある - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 過去があり現在があり未来がある - chanbaraの断片 過去があり現在があり未来がある - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/tazan/20080427#1209291596

 この手の独白を読んで「過去のことにいつまでも囚われずに今を頑張ればいいじゃない」と言う人ってたくさんいるんだろうなあ。

 ということを思って暗澹たる気分になった。

2008-04-23

[]学校裏サイト 23:47 学校裏サイト - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校裏サイト - chanbaraの断片 学校裏サイト - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://ameblo.jp/akiakatsuki/entry-10090409111.html

加害者被害者になる危険性を少しでも教育で軽減していくしかないかもしれない。

 この人がどう思っているかはわからないけど、「教育」によって加害者被害者が産み出されているのではないか、というところにたどり着ける人がどの程度いるのかな、と思う。

 ま、「教育」というものの恐ろしい一面を認識できない頭の悪さや脳天気さがなければ(特に義務教育課程の)教員なんてできないんだけどね。

2008-04-14

[]誰が、どんな狙いで発言し行動しているか 22:39 誰が、どんな狙いで発言し行動しているか - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰が、どんな狙いで発言し行動しているか - chanbaraの断片 誰が、どんな狙いで発言し行動しているか - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51031878.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51031878.html

simatomoki 戦いの損失が、戦いの利益を上回る限り、必ずハト派が登場する→しかし100%タカ派だけになったら、戦いの損失が上回るようになるまですぐ。弱いタカを狩るのが今の状態を最も維持しやすい。タカもどき量産は合理的

 このコメントを読んで、私がこないだ書いたエントリ

http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20080410/1207824257

最後で余談として書いた

煽られて利用されやすいだけの人と、言葉巧みにそういった人を利用できる人との区別ができない人がいる。もちろん人間には利用されるだけの人生を生きる自由や権利はあるけどね。

を思い出した。

 「タカもどき量産は合理的」。誰にとって合理的?タカもどきを量産することで誰が特をする?合理的に特をするためにはどんな言葉を流布させればいい?

 その辺を考えつつ、他人を観察すると面白いし、自分自分の持つ目的のためにどう振る舞えばいいかを考えるヒントにもなる。

2008-04-13

あなたの保有資産額は全世界の上位○%に入る 18:38 あなたの保有資産額は全世界の上位○%に入る - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - あなたの保有資産額は全世界の上位○%に入る - chanbaraの断片 あなたの保有資産額は全世界の上位○%に入る - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 日本国内において今現在少しでも貯金のある人というのは、保有資産の多さが全世界の上位○%に入る、という話を見たことがある。大抵この後には、お前は全世界視点からみたら恵まれているんだからその程度の貧困とか貧乏とかでウダウダ言うな不平不満を言っているヒマがあるならもっと頑張れ、と続くのだが。

 言うまでもなくこの手の話は、国や地域による物価を全く考えていなくてあまり意味がない話だよなあと思っているのだが、そうは思わない人も結構いるみたいで不思議な気分になる。ポジティブとかネガティブとか関係ないレベルの話。

 私は、この話ってのはツッコミ力を試す*1ためのリトマス試験紙みたいなものだと思っている。

*1:他には「バカを見分ける」とか「学力の程度を測る」とか色々あるけど

2008-04-12

[][]「自分の行動を自分で決める」という考え方は「自己欺瞞」か(書きかけの断片) 13:40 「自分の行動を自分で決める」という考え方は「自己欺瞞」か(書きかけの断片) - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「自分の行動を自分で決める」という考え方は「自己欺瞞」か(書きかけの断片) - chanbaraの断片 「自分の行動を自分で決める」という考え方は「自己欺瞞」か(書きかけの断片) - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 前エントリ

http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20080410/1207824257

で、「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」等の言葉が持つ恐ろしさ、滑稽さについて書いた。そして、はてブid:CrowClawさんより

自分の行動を最後に決めるのは自分自身」いや、それこそがリベラルの「自己選択」の欺瞞でしょう。人間は究極的には自由ではないし何も選べない。当該記事も反応者も自己欺瞞を前提にしているのが最大の問題。

というコメントがあった。

 前エントリを書いた目的は、前述したように「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」等の言葉が持つ恐ろしさ、滑稽さについて書くことだった。その意味でいけば、前エントリで私が書いた

さて、人間は生きるうえで自分で判断をして行動をする。結局のところ、自分の行動を最後に決めるのは自分自身だし、その結果は自分が負うことになる(というは他人が負うのはまず無理)。だからこそ、前向きに困難を恐れないことも、最悪の事態を想定することも大事だし、その結果前を向いて飛び出すにせよ後ろを向いて退却するにしてもそれによって起こった結果は自分で負うしかない。

の部分はばっさり削ってしまっても構成として問題ない。ただ、CrowClawさんの指摘は私にとっても重要な問題である。私自身も「自分の行動を最後に決めるのは自分自身」という言説に不愉快な思いをさせられてきたし、今までにも何度かそのことを書いてきたからだ。おそらくこの先もこの問題と向き合う機会はいくらでもあるだろう。

 じゃあ何故前エントリあんなことを書いたかというと、原因のひとつは今現在の私が「自己啓発モード」だったからだろう、と書いても読んでいる人には伝わらないしそもそも関係のないことだけど。

 というわけでこのエントリではそこらへんの問題について考えてて考えたことを適宜書いていく。文章の体を成さないので人が見てもわけのわからないものになる可能性が高い。(ほったらかしになる可能性もあるし更に別エントリになる可能性もあり)

・「自分の行動を最後に決めるのは自分自身」なのか?外部から他人の「自己決定」をコントロールすることだってできるよね。それは人の言葉だったり社会システムの組み方だったり。

・陰湿な手段やシステムの後ろ盾をもって「君が決めるんだよそれが自己決定だよ」と下卑た笑いを浮かべるケースも多々ある

・銃剣を突きつけて「さあ君自身が決めるんだよ君の自己判断だ」みたい

・でも生きていく上で「判断決断をしない」という選択が可能か?私は可能とは思えない。

・他人の悪意(ってのは言い方が雑だけど)の及ばない自己決定ができればそれでいいような気もするが、何をもってそれとする?

・「ジジェク」というキーワードがあるみたいだけど、私は当然読んだこともない

自己啓発に対する考え方を書いたエントリ→ http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20080225/1203938923

2008-04-10

[][]できない理由ばっかり探しちゃって…(女の子イラスト付きで) 19:44 できない理由ばっかり探しちゃって…(女の子のイラスト付きで) - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - できない理由ばっかり探しちゃって…(女の子のイラスト付きで) - chanbaraの断片 できない理由ばっかり探しちゃって…(女の子のイラスト付きで) - chanbaraの断片 のブックマークコメント

f:id:chanbara:20080411211921j:image

※2008/04/11追記:女の子イラストがないじゃないか!という声がありましたので女の子イラスト素材のプチッチさんのフリー素材を使用)を追加しました。また、daihxさんのエントリも併せてご覧ください。

要は、勇気がないんでしょ?

http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886

ビビリな若者たちよ!! 実名ブログ自分を「見える化」する勇気を!!』

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20080408/298256/

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20080408/298256/

 両者の反応を見ていると色々面白いな、と思いつつ眺めた。前者もそうだけど、特に後者の反応においてはできない理由ばっかり探しているのが目立ってとても印象的だ。「危険性が」「住所勤務先晒しが」「失敗したら取り返しがつかない」「アメリカ日本は違う」「それが有効なのは一部の特権階級だけ」。みんな必死になって「できない理由探し」をしている。前者のエントリ共感した人から見ればヤレヤレと苦笑していることでしょう。なんなんでしょうね、何かと「できない理由探し」に一生懸命な人たちは。

 なんて頭の悪い煽りはこの辺にして、さて、人間生きていればなにかと判断決断をする場面がある。そしてその時どう決断し行動するかはケースバイケースだ。周りの状況、自分の状態、性格、現状の認識リスク計算、その他諸々の要素がからんでくる。

 同一人物でも、状況によって吶喊することもあれば逃げることもあるしとどまることもある。他人を煽って何かをさせようともするし戦略上の手段としてできない理由を必死に探すこともある。こんなことは言うまでもない当たり前のことだ。

 「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」等の言葉条件反射的に拘束されているように見える人がいる。相手に「こういうふうにすればいいじゃん」と言われた後にこの種の言葉を出されると、相手の言うとおりに行動しないといけないんじゃないか不安になってしまい、自身の判断を鈍らせてしまうような人たちだ(その観点で言うと、後者エントリに足りないのは「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」等に相当する言葉だ。こういった言葉があれば反応も少しは違っただろう)。

 さて、人間は生きるうえで自分で判断をして行動をする。結局のところ、自分の行動を最後に決めるのは自分自身だし、その結果は自分が負うことになる(というは他人が負うのはまず無理)*1。だからこそ、前向きに困難を恐れないことも、最悪の事態を想定することも大事だし、その結果前を向いて飛び出すにせよ後ろを向いて退却するにしてもそれによって起こった結果は自分で負うしかない。

 誰かがあなたに「実名ブログやってみなよ、え?リスクがある?アメリカ日本は違う?ねえ、どうしてそうやってできない理由ばっかり探すの?君さぁ、いろいろそれっぽい理屈をごちゃごちゃ言ってるけど要は勇気がないんでしょ?」と言うとする。そこでうろたえちゃう人が一番危ない。これは最終的にその人が実名ブログをする・しないにかかわらずだ。

 実名ブログ云々程度ならともかく、もし誰かに自分人生をひっくり返しかねないとんでもないことを吹っ掛けられてその後に「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」って畳み掛けられたらどうするんだろう?そこでうろたえていて自分は納得できるんだろうか、状況を変えられるんだろうか、起こった結果を受け入れられるのだろうか。

 「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」が自分の意志・考え方に関係なくマジックワードになってしまう人が実はかなりの数いるんじゃなかろうか、と不安になる。そのやっかいな効果がその人限定で済んでいるうちは私は何とも思わないけど、それが世の中の共通認識になってしまうと私が不利益を被りかねないのでご勘弁願いたい

 いかなる時も「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」という発想で突進すれば(させられれば)いいってもんじゃない。本当に成功できる人はそれと同時に無理のある無茶苦茶な発想に対して「ば~~~~~~っかじゃねぇの!?」(ハルパゴス)という視点も持つことができ、状況判断ができリスク管理ができる人なのだ。

 話はちょっとずれるし余談になるけど、煽られて利用されやすいだけの人と、言葉巧みにそういった人を利用できる人との区別ができない人がいる。もちろん人間には利用されるだけの人生を生きる自由や権利はあるけどね。

※2008/04/12追記:考えるための自分リンク

http://enemyofthesun.blog111.fc2.com/blog-entry-41.html

http://d.hatena.ne.jp/repon/20080306#1204807516

*1id:CrowClaw氏によるはてブでのコメントを参照。こういう考えが自己欺瞞であり、「人間は究極的には自由ではないし何も選べない」という氏の指摘はそれはそれで正しい。「自己決定」「選択」は胡散臭さや暴力性という一面を確かに持っていて、私自身身に染みて体験してきたし度々文章にもしていたのになあ。知らず知らずのうちに自己欺瞞に染まっていたということか。このことは改めて考えたい

2008-04-06

[]学校裏サイトとかフィルタリングとか息苦しい世の中とか、その辺についての雑なメモ 08:20 学校裏サイトとかフィルタリングとか息苦しい世の中とか、その辺についての雑なメモ - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校裏サイトとかフィルタリングとか息苦しい世の中とか、その辺についての雑なメモ - chanbaraの断片 学校裏サイトとかフィルタリングとか息苦しい世の中とか、その辺についての雑なメモ - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「学校裏サイト」ってCGM的だなあとふと思った。いじめとかの学校の諸問題の可視化表出化、という意味合いにおいて。で、こういうのは学校の教員とかの立場からいくとものすごく「都合が悪い」。何か起きたときに「心当たりはありませんうちの学校にはいじめはありませんみんな仲良くやってます」ってますます言えなくなっちゃうから。

 「学校裏サイトいじめの温床」はいいんだけど、そもそも学校そのものが「いじめの温床」なんだという意識がないお花畑さんがいるなあと思う。というか、学校そのものは「いじめの温床」であってもいいんだろうな。学校という場で教員による一元管理ができて、そこで情報流通コントロールできればいいという発想か(もちろん一元管理だってものすごく大変なんだけど)。

 教員の立場から言えば、表向き仲良くやっているように振る舞ってもらえれば裏でどんないじめが起こっていようが構わない(全く心当たりがありませんうちの学校/クラスいじめはありませんみんな仲良くやってました、と言えるから)んだろうだけど、学校が抱える問題点可視化されて証拠になってしまう学校裏サイトというのは頭の痛い存在なんだろうなあ。教員の影響の及ばないところで児童により生成されるメディア、ってのは教員にとって非常に都合が悪い。

 いじめ自殺した児童が残した遺書は上手くやればなんとか握りつぶせる(遺書すら残さないで自殺しちゃう児童もいる。もしそうなると「証拠」が残らないので有耶無耶にすることができる)かもしれないけど、いじめの証拠になるようなものがネット上に流れてしまうとそれのコントロールはまず不可能。それは交換日記を潰すような発想・手法では対応しきれない。

 学校の仕組みの問題点ってのは義務教育を受けた人間は多かれ少なかれそれを身に染みて体験しているわけだがその割にはそれは体系化されていなかったりする(自分や自分の子供学校出ちゃえば関係ないわけだし)。でも、当事者によって草の根分散型メディアを使って(表現が稚拙であっても)可視化されちゃうとこりゃあもう平均的な教員の能力じゃ手に負えないだろ。

 いじめとかの学校が抱える問題点ってのは結構な部分が構造的な問題だよなあと私は思っていて、その構造的な問題点が「学校裏サイト」というCGM的なもので容赦なく可視化されてしまう(しかもそこには学校コントロールが及びにくい)。でも、学校問題点を構造的なものだと認めたくない人、あるいは能力的にそれが見えない人は「学校裏サイトいじめの温床」とは言うけれども学校そのものが「いじめの温床」だという現実からは必死で目をそらし決して向き合おうとしない。

 「学校裏サイト規制してください!」「フィルタリングしましょう!」それで自分に都合の悪い面倒なものを見なくて済むようになればいいですね、交換日記禁止みたいな古い発想がいつまで通用するのかな?

 なんてことを思った。後でもうちょっと考える。

参考リンク

http://ameblo.jp/akiakatsuki/entry-10044284567.html

http://ameblo.jp/akiakatsuki/entry-10085575315.html

http://d.hatena.ne.jp/essa/20080405/p1

※2008/05/21追記:

 いじめの起こる構造的な原因

  • クラスにおいて他人に興味ない、という状態が許されにくいこと
  • 子供はみんな仲良く、という頭の悪い幻想。子供だって人間なんだから人の好き嫌いがあって当たり前なんだけど何故か子供には「みんな仲良く」を押しつけがち。気にくわないヤツとの付き合い方距離の取り方、という観点が教育する側にない(というかそういう観点が「悪いこと」とされている)
  • 「何かあるとクラス全体の連帯責任」という管理方法の問題点を教員が認識できない。そういう管理を自分がされているうちは問題を認識できているのに学校を出た途端忘れてしまう人があまりに多いという不思議

rainaraina2008/08/18 18:51>そういう管理を自分がされているうちは問題を認識できているのに学校を出た途端忘れてしまう人があまりに多いという不思議

気づいてみれば、私もそんな一人になっていたことに気付かされた。感謝。大学入ったばかりのころは、忘れてはいなくても、すでにどうでもよくなっていた。尾崎豊の『卒業』
http://jp.youtube.com/watch?v=xQxCEjhb8I0
に共感しつつも、行儀よくまじめにふるまっているだけの自分でした。(メリットはあるにせよ)精神上良くないよな、義務教育ってなんて思ってました。

chanbarachanbara2008/08/18 21:26学校を出れば当事者でなくなるので、どうでもよくなるのはまあそうだよね、と思うのですが、あまりにも簡単に今度はそういう「問題のある管理」を何の屈託もなくやってしまうのはなんなんだろうな、ということを思います。

2008-04-05

新聞を読む理由 21:23 新聞を読む理由 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新聞を読む理由 - chanbaraの断片 新聞を読む理由 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://blogs.itmedia.co.jp/knowledge/2008/04/post-5941.html

 なんてことはない、「みんな」が読んでいるから読んでおいたほうがいい、読んでいないと話題についていけなくなってコミュニティの中で浮いてしまう。ただそれだけのことだ。

 TVドラマを見ておいた方がいいコミュニティもあるし、週刊少年ジャンプを読んでおいた方がいいコミュニティもある。そして「社会人(笑)コミュニティではそれが日経新聞だということであり、それ以上でもそれ以下でもない。

 つまり、もしも企業の役員クラスの大部分がエロトピアを読んでいるならば、社会人(笑)のみなさんはエロトピアを読むべきなのである。

2008-04-01

[]似ている 22:52 似ている - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 似ている - chanbaraの断片 似ている - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「冷たい花」を初めて聴いたとき「彼と彼女ソネット」のカバーだと思ってた。

 砂原良徳ソロアルバム収録の曲(名前忘れた)と、再生YMOアルバム収録の曲(名前忘れた)が激似だった。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |