chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2008-03-09

年寄り鬱屈 13:48 年寄りの鬱屈 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 年寄りの鬱屈 - chanbaraの断片 年寄りの鬱屈 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 声を荒げて怒る(比喩的な意味でも直接的意味でも)老人を見ていて、最近思うことがある。年寄りは偉いんだとか男は偉いんだとか、そういう価値観の中で育ってきてしまうと、昨今の「年齢や性別や肩書きだけでは無条件に評価処遇が決まらない」という傾向に対して色々と鬱屈したものが溜まってくるんだろうなあと(俺が若いときには理不尽なことを押しつけられてそれを我慢してきたのになんだ最近の若いヤツらは!)。

 で、これは老人だけの問題ではない。中年にも青年にも若者にも、いずれ同じようなことが降りかかってくる。今の価値観や傾向が通用しなくなる時は必ず来るわけだから。 

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |