chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2008-01-29

[][]ナチュラル人間扱いしない 20:58 ナチュラルに人間扱いしない - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - ナチュラルに人間扱いしない - chanbaraの断片 ナチュラルに人間扱いしない - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 使い捨て労働者ナチュラル人間扱いしない人ってのがいるのな、もう息をするように。そういう人がいるってのは知っていたけど、最近ようやくはっきり見えてきた。で、そういうのが偉そうに経営人生訓を語って「人間が大事」とか言ってたりする。なるほど、使い捨て労働者人間じゃないとナチュラルに思えるから一見矛盾するようなことをしゃあしゃあと言えるわけだ。「使い捨て労働者人間じゃない」という前提なら全てはすっきりと収まるね。で、更に「貧困自己責任」「労働者お上に甘えすぎ」とか言うわけだ。おまえが人間扱いされないのはおまえの自己責任、だと。

 それと関連して。「経営者の視点に立ってものを考えろ」という物言いがあるけど、あれは経営者にとって都合のいい従業員育成の側面もあるのだな、ということを思った。残業代ケチるとか責任を従業員側に押しつけるとか。あとは従業員同士での五人組制度

 で、「経営者の視点に立ってものを考えろ」という訓辞により一定の割合で誇大妄想狂の従業員が出てきて「経営者すなわち俺」「経営者視点でみたらこいつらクビだね(ただし俺除く、と素で信じ込んでいる)」というお笑いショー(巻き込まれる人にとっては笑えないが)が開催されることもあると。

参考:http://fragments.g.hatena.ne.jp/Tez/20061120/p1

2008-01-28

[][][]ライフハック(他人の脳をハッキングして自分の意のままにコントロールすること) 20:57 ライフハック(他人の脳をハッキングして自分の意のままにコントロールすること) - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - ライフハック(他人の脳をハッキングして自分の意のままにコントロールすること) - chanbaraの断片 ライフハック(他人の脳をハッキングして自分の意のままにコントロールすること) - chanbaraの断片 のブックマークコメント

#189 「家庭のしつけは衰えている」は本当か?

広田照幸 さん(東京大学大学院教授

http://www.mammo.tv/interview/archives/no189.html

一人ひとりの個人は、社会との関係の中で生きている、ということを理解してほしい。働くことも生活することも遊ぶことも、あらゆることが、「社会」を抜きにして成り立っているわけではありません。今の社会のしくみをきちんと理解し、今ある社会適応して、その中に自分の居場所を見つけていくという側面も必要です。同時に、今の社会のしくみをきちんと批判し、これからの社会を新しく作っていく主体になるという側面も、若い世代に求められています。私もこれからいっそう努力しますけれども、若い世代の人たちも、自分身の回りだけとか自分だけの人生とかを考えるのではなく、どうか社会的な関心をもってほしいです。

 「社会」の中で生きていくということを、自分なりに考えてみたい社会的な関心を持つためには、まずは自分身の回り自分の生活に根ざした部分から社会を考えた方がいいと思う。その方が真剣さが全然違う。

 生きている中で不満なこと理不尽なことがある。どうしてこんなことになっているのだろう?と考える。自分のことだから真剣に考える。そして、こういう状況の下で、自分環境を快適に(少しでもマシに)するためにはどうすればいいか考える。

 自分の力で何とかなるかもしれない。社会構造的なもので自分にはどうにもできないかもしれない。それらの複合的なものかもしれない。大抵は白黒はっきりできるようなものではない。安易に結論づけず、徹底的に考えたい

 確かに社会はおかしいかもしれないか社会構造が変わるのを待っていられないということもある。当座の現実解としては、自力で何とかしたほうがいいという結論に達することもある。ただ、ここで気をつけてもらいたいあなたが、理不尽社会構造に対して「自力でなんとかして自分に快適な環境を手に入れた」とする。それは確かに素晴らしい。でもそれは誰にでもできることではない。そのことは忘れないでいただきたい。自力でなんとかなってそれなりの地位を築いた人がたまに「それが最適解だ!」と声高に言い出したりするが、それは視野狭窄であるか地位の上がった自身の保身であると思っていい。

 それに関連してもう一つ。この手の人は「個人の力で世の中は変わらないんだから自力で頑張って人生クオリティを高めたほうがいい」と得意気に語る。更に酷くなると「社会に不平不満を言うと霊的ステージが下がって不幸になるしそういう人に関わるとネガティブ菌が感染して自分人生クオリティが下がる」なんてことを言い出したりする。こういう人間の力を信じられない後ろ向きネガティブな人には関わらなくていい。あなた人生クオリティが下がります(笑)

 この手の言説を広めようとする人にはその人の事情がある。自分にとって都合のいい社会の現状(そしてその現状はある種の人にとっては理不尽極まりなかったりする)に対して疑問を持たれたりそれを変えられたりしては困るのだ。たまに100%の善意と素でこの手の言説を信じ込んでいる人もいるが、まあ、世の中には個性に溢れた変わった人もいるってことで、自分の障害にならない限りはそっとしておいてあげよう。

 社会の現状が自分にとって都合のいい人は、他人が現状に不満を持たないことを望む。だから「社会に不平不満を言うと霊的ステージが下がって不幸になる」と吹いて廻る。そして不平不満が出ないことをもって「ほうら現状に不平不満なんて存在しないんだよ」と高らかに宣言するのだ。

 自分を、自分とりま環境を大事にしてほしい。そして、自分にできることができない他人がいるということを忘れないでほしい。

参考:http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/20080125

2008-01-24

[]「悩みなさそう」という視点 22:45 「悩みなさそう」という視点 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「悩みなさそう」という視点 - chanbaraの断片 「悩みなさそう」という視点 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 昔たまたま観た「恋のから騒ぎ」だったかで、女性が「悩みなさそう、って言われるんですー」と不満げに言っていた。それにとある芸能人が答えて「悩みがないってのはいいことなんだよ」と言っていた。「悩みがない」ことと「悩みがなさそうに見える」ことは全然違うのだが。

 他人を指して「悩みがなさそう」と思うことについては、興味深い事例に出会っているので紹介する。

ケース1:電車の中で、楽しそうにしている女子高生の二人組を見て、私と一緒にいた友人曰く「あいつら悩みなさそうだよなー」。

ケース2:電車の中で、楽しそうにしている小学生の集団がいた。小学生電車から降りたあとでそばにいた女子高生二人組(上記の女子高生とは別人)がさっきまでそこにいた小学生を指して「悩みとかなさそうでいいよねー」。

 ある時期の他人を指して「悩みがなさそう」、なんてどうして思えるんだろう?もしかするとそういう人って本当に悩みがなかった時期というものが存在したのだろうか?なんて羨ましい!

2008-01-23

[]国家サービス業について 11:35 国家サービス業について - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国家サービス業について - chanbaraの断片 国家サービス業について - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 世の中の治安がどんどん悪くなっています、というイメージを流布して、その後で警備会社や防犯ソリューションのCMを流す。警察予算増強や、職質の強化のお題目を流す。異を唱える連中治安の悪化を望んでいる犯罪者予備軍/危ない人、という印象づけも忘れない。

 あるいは、スクランブル情報をおどろおどろしく流す。そしてその後でミサイル実験の成果を発表し、更なる予算増強を求める。これで国民の安全は守れます。ならず者国家の攻撃でかけがえのない人がいつ死ぬかわかりません。ミサイルはお高いですが国民一人あたりにすればたったの数百円!これに異を唱える人は人命を何とも思わない人でなし、という印象づけも忘れない。

 まあ、警察なり商売人なり自衛隊なりの立場の人がそういうことをするのは理解できる。自分が同じ立場なら同じようにするだろう。興味深いのは、彼らと直接的な利害関係もないのにあたかも彼らの出先機関のごとく彼らの広報を行い、異を唱えるヤツを叩いて廻る人たちがいる、ということだ。

 そういう人たちが、彼らの主張に完全に同意しているというのならいいのだが、見ていると実はそうでなくて、そういう人たちは彼らの主張を必死になって信じようとしているのではないか、と感じることが多い。

 警察なり自衛隊なりの(当然それ以外にもある)国家サービス業は、国民奉仕するというお題目存在している。で、現実にはどうかというと、ほどほどに奉仕するしほどほどに奉仕しない。特権的な立場にいる人にとっては非常に良く奉仕してくれるだろうし、もしかしたら逆特権的な人もいるかもしれない。つまり、現実問題として国家サービス業は全ての国民に等しくサービスを提供するものではないのだ、残念ながら。

 そういった意味で、前述の「彼らの主張を必死になって信じようとしている」のではないかと見える人たちにはある種の悲哀を感じずにはいられない。

 少し話は変わる。うろ覚えであるが、森毅氏が自身のエッセイでこんな内容のことを話していた。

戦争に負けた頃世間の大人達は、さかんに自分たちは政府にだまされていた、とわめきちらしていた。じゃあこれからは自分たちはだまされないように気をつけよう、となるのかと思っていたら、今度は自分たちをだまさない政府を作ろう、なんてことを言い出すので呆れてしまった」

 森氏の発言に出てくる「政府にだまされていた、とわめきちらしていた」「世間の大人達」が「彼らの主張を必死になって信じようとしている」人たちとダブって見えてしまう。

※2008/2/5 追記:「必死になって信じようとしている人」について

 「国家なり政府なりを批判する人」が嫌いなあまり過剰に国家政府に肩入れしてるんじゃないか、って人が散見される。「国家なり政府なりを批判する人」が嫌いであることと、自分が国家政府(のすること)を批判したり不満を持つことは別に矛盾はしないのだが、そうは考えられない人がいるように見える。所謂「敵の敵は味方」という考え方か。あまりまともな教養の持ち主には見えない。

2008-01-22

株価下落 19:28 株価下落 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 株価下落 - chanbaraの断片 株価下落 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 日経平均安値更新とかそういうニュースをやっていた。で、街の人の声(とされる)映像が流れていて、その中でどっかのおっさんが「計算してないけど2000万~3000万円損している」とかぬかしてやがってね、2000万円投資に使ってるんじゃなくて2000万円損ですか、へーお金持ちですことクソッタレ妬ましい、アレか、おぼっちゃまくんで言うところの「はした金ぶぁい」ってヤツか、くらいのことを思ったんですが、もしもこのおっさんが信用買いで株価下落で樹海一直線というシチュだったとすると途端に評価が変わってくる。ざまーみやがれうっひょー!ってなるね。

 なんてことをふと思った。

2008-01-21

[]梅田望夫ウェブ界のシャーセだったんだよ! 20:45 梅田望夫はウェブ界のシャーセだったんだよ! - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 梅田望夫はウェブ界のシャーセだったんだよ! - chanbaraの断片 梅田望夫はウェブ界のシャーセだったんだよ! - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 毎月欠かさず読んでいるアモーレ・アムールを片手に街を歩く

朝 目が覚めるとキミがいてチーズタルト焼いてたさぁーん

 すれ違いざまに「キモい」と言われたり生卵を投げつけられたりしているうちに宇宙からの電波を受信した予言者のお告げが聞こえてきた。

 梅田望夫氏はウェブ界のシャーセだったんだよ!

言葉により人間を操り我らの楽園を作る計画

デーモンゲート666

ウェブ界に手を伸ばし、言葉を操り信者を増やし更なる兵隊を手に入れた

言葉を使いファンを操り

築き上げる悪の世界への入口こそがデーモンゲートである…

 と、いうことで、今のウェブ界に必要なのはクラウザーさんなのである。梅田氏と瓜二つで腰を入れて斧を振り回せる人が望ましい。崇一もっと腰入れんか!いいナバができんのやが!

オレは全然認められてねえのに!!

ひがみじゃねえ!!

ノブ世界を滅ぼしたーー

参考:http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20070430/1177915427

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

デトロイト・メタル・シティ 4 (ジェッツコミックス)

デトロイト・メタル・シティ 4 (ジェッツコミックス)

2008-01-20

[][]成功者orDIE? 21:14 成功者orDIE? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 成功者orDIE? - chanbaraの断片 成功者orDIE? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/ochame-cool/20080120/1200815066

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20080119/p1

 例によって関係ない方向に話はいくけどちょっと思ったことを。

 何年か前、大企業に勤務する友人からとある研修の話を聞いた。研修講師が冒頭で曰く「君たちは企業勤めをしないという選択肢もある中自分で選んで企業就職した。そうである以上は企業利益向上を第一に考えるべし」と。

 その友人は「世の中の大多数の平々凡々なヤツは、会社勤め以外の選択肢現実問題としてなかなか見つけられない/思いつかないのを見越してああいうことを言うんだぜなかなか巧妙な仕組みだなあ」と私に述べていて、まあそうだよね、なんてことを思った。一方で会社勤めをしない/できないヤツ(成功者除く)に対しての罵詈雑言があるわけだし。

 この話を聞いた数年前は「会社員orDIE」ってことか、と思ったんだけど、それから時間が経過して今では「成功者orDIE」という雰囲気が形成されているんじゃないかという気がしないでもない。

 確かに、成功を目指すことは全然問題じゃないし、その過程で熾烈な競争が行われていることは当然のことだ。でも、大抵のヤツが成功者にはなれないわけで、そうなったときに一気に「DIE」まで行ってしまうのはどうなんだろうな、と思う。

 別に上記2つのURLにそこまで書いてあるわけではない。「成功者orDIE」というのは俺の脳内にあるだけの妄想かもしれない、というかそうであってほしい。

 そこそこがんばってそこそこ金を得て暮らす、という生き方が年々縮小/否定されている気がする。もちろんそれはネット含むメディアの偏向した表現なのかもしれない。大体、成功者なんてそうじゃないヤツに比べたら数が少ないんだから。

 努力、頑張り、それは私だって否定しない。でもここ何年かの雰囲気はなんなんだろう?とも思う。

2008-01-15

[][]自分が変わること、社会が変わること 22:06 自分が変わること、社会が変わること - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分が変わること、社会が変わること - chanbaraの断片 自分が変わること、社会が変わること - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 個人で不平不満を言っても社会は変わらないんだから、自分が変わって世の中に適応して金を稼ぐなりして苦しみから脱したほうがいいよ、という人がいるとする。

 もしも個人の不平不満を発端に、世の中のほうが上手いこと変わってしまったら、そしてそのことで恩恵を受ける人がどんどん出てきたら、「自分が変わったほうがいいよ」を実践してきた人の中にはそれを面白く思わない人も出てくるんじゃなかろうか。「社会に甘えすぎ」「労働者保護なんて要りません日本人ブルマ女将お上に甘えすぎ」とかなんとか。

2008-01-14

[][]辛いのはみんな同じなんだ! / おまえよりも貧しい人だっているんだ! 12:39 辛いのはみんな同じなんだ! / おまえよりも貧しい人だっているんだ! - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 辛いのはみんな同じなんだ! / おまえよりも貧しい人だっているんだ! - chanbaraの断片 辛いのはみんな同じなんだ! / おまえよりも貧しい人だっているんだ! - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 生活費がないとか仕事が辛いとか世の中が生きづらいとか、そういう悩み苦しみ恨み辛み不平不満を言うとタイトルのようなことを言い出す奴がいる。

 まあそういう考え方で自分感情や苦しい境遇を押さえ込める個性に溢れた変わった人がいるらしいということは理解してるし、それで不平不満なく生きていけるならそうすればいいんじゃない?俺は別に止めはしないよ、君の人生なんだから。

 ただそれを他人に要求するのは考えものだし、特に俺に向けてそういうことは要求しないでいただきたい。俺が迷惑だから。

 ってこういうことを言っていると体内の気が乱れて血が穢れて低級の生き物になって人生サクセスできないんだっけ。そうだよね不平不満を言っても世の中は変わらないもんね(笑)自分が生きづらいのは世の中じゃなくて自分に原因があるんだもんね(笑)

2008-01-06

[][][]閉塞感とか生きることとか 21:31 閉塞感とか生きることとか - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 閉塞感とか生きることとか - chanbaraの断片 閉塞感とか生きることとか - chanbaraの断片 のブックマークコメント

ポイポイポイ (スーパーダッシュ文庫)

ポイポイポイ (スーパーダッシュ文庫)

 田舎社会の、あるいは日本社会の閉塞感なんてことが色々なところで語られ、自分もたまに語ったり考えたりする。

 昔は自分社会が閉塞的であるとか考えていなかったように記憶している。色々と嫌なこと辛いことはあったけど、それを地域社会の閉塞感に結びつけるようなことはなかった。色々なことをよくわかってなかったし余所の地域ことなんて知らなかったし、閉塞的って概念が無かったんだと思う。

 今は、田舎社会の閉塞感がうんたらとかそんなことを思うようになっている。それは田舎以外の社会状況等色々なことを知って、ものの見え方が変わったからなのかもしれない。別に閉塞感を知らないままに田舎で十分に生きていけたのかもしれない。

 自分が生きることについても、先のことは何もわかんないし常にうすぼんやりとした不安希望がある。良くない方向には未来が確定しているように見えてしまい、良い方向に希望を持つことは結構難しい。

 人生を前向きにがんばろう!とかそういう紋切り型物言いに対しては冷ややかな感情が湧き出てくるし、実際胡散臭いヤツらが他人を食い物にするためにそういう言葉を囁きかけてくるのであるが、そういった紋切り型物言いってのは実は立派にポジティブ意味での存在価値があるんだなあ、ということを最近思うようになってきた。そう思わなければやってられない、ってのもあるのかもしれないが。

 まあ世の中って色々生きづらい要素はあるし、人生不安についても尽きることがないよね、ということに対して登場人物たちが悩み苦しみ行動して、生きるってなんなんだろうね、ということに関して登場人物の口から色々なことが語られる。ああ「青春小説」だなあ。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |