chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2007-05-30

ジャンヌさんはツンデレ23:37 ジャンヌさんはツンデレ? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - ジャンヌさんはツンデレ? - chanbaraの断片 ジャンヌさんはツンデレ? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://blog.livedoor.jp/junks1/archives/51004050.html

 「バカ河野」ってフレーズを見たときからどこかでひっかかっていた。なんだこの既視感は。

 あー思い出した。ToHeart2プレイヤーキャラの名前だ(河野貴明)。「バカ河野」ってのは十波由真あたりが言いそうなフレーズだなあ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ToHeart2

http://www.aquaplus.co.jp/th2/html/characters.html

TezTez2007/05/31 06:12どうも。なんて胸躍らないツンデレでしょうか。
私の考えではツンデレはある程度対等な関係が生むものだと思います(例:米ソ関係)。学園ものでもツンデレさんは大抵同期ですしね。だから宮中に参内して天皇陛下に謁見することもある衆院議長閣下と、電波さんでは身分違いも甚だしく、河野議長も彼女の存在をご存知ないでしょう。悲しい片思いですよね。権力志向が強いのに満たされない人ならば特に。

chanbarachanbara2007/06/01 00:08あのゲームでは由真は主人公に相手にされていなかった、ということが念頭にあったのですが、よく考えてみれば、ジャンヌさんと河野議長との間ほどの断絶はないですね確かに。同じ学校の同級生だし。
身分を超えた想いってのはそれはそれでひとつの萌えポイントでしょうが、でもジャンヌ伊藤には萌えんわなあ(笑)、ということでリーフのみなさんごめんなさい。

2007-05-24

[]制度やシステムが個人の行動を制限する 23:59 制度やシステムが個人の行動を制限する - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 制度やシステムが個人の行動を制限する - chanbaraの断片 制度やシステムが個人の行動を制限する - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 本当は前回書いたエントリの続き、ジャンヌ伊藤さんのような議員がどうして議員でいられるのか、あとは前回エントリでいただいたブクマコメントへの応答を書こうと思ったのだが、今回は別のことを先に書く。

 子供の頃は主に学校で「努力して結果を出せば自分の選択肢が広がり自分の思うような道を進める」みたいなことを言われて育った。まあその言葉の怪しさはだんだんとわかってくるものだが、自分の場合、それを身をもって体験したのは高校受験の時だった。

 全国的に見れば少数だが、ある地域には「県内一の進学校が別学校」という環境存在する。これが何を意味するかというと、「一定以上のレベル大学に行きたいと思ったら共学校という環境を諦めざるをえない」ということだ。まあ小学生の頃から薄々と感づいてはいたが、それが切実なものになった時にはなかなか辛かった。もちろん、県内二の進学校に行って個人の頑張りで…という選択肢もあったのだが、そんな選択肢を選ぶのは少なくとも自分の周りには皆無であったし、過去の進学実績から見てその選択はなかなかチャレンジブルであったし、そもそも自分の周りにはそういう不満を持っているのがいなかった。

 結果的に「自分の意志で」「自分で決めて」別学校に行ってそこでぶーたれることになるのであるが、それに加えて結局自分もその制度を維持するのに手を貸した一人だったのだなと気づいて何ともいえない気分になった。

 つまり、「選択肢がないことはないが実質的な選択肢は非常に限られている、そしてそういう状況は再帰的に強化されている」ということだ。社会の制度・システムは時として非常に巧妙にできているということだ。こんなこと社会に出てから気づけばいいことだろ15歳くらいで気づくことじゃないだろ、と思ったことを覚えている。

 おかげで性格は歪み、周りからは呆れられたり今でもそれを引きずっていたりするのだが、ただ、こういう経緯をたどったおかげで「頑張れば頑張っただけ報われる(=おまえが報われないのはおまえの努力が足りないからだ。なんでもかんでも環境のせいにするな甘ったれるな!)」という、制度・システムの巧妙さから目を背けさせるような言説に対して疑問を持てるようになったわけだが………いや、疑問なんか持たないほうがある意味幸福だったかもな。

2007-05-17

相変わらずな伊勢崎ジャンヌダルク 23:56 相変わらずな伊勢崎のジャンヌダルク - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 相変わらずな伊勢崎のジャンヌダルク - chanbaraの断片 相変わらずな伊勢崎のジャンヌダルク - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20070516/p1

 Apeman氏とのやりとり云々は関係ないのだが、ちょっと前に伊藤サンのブログを見てみたらコメントができないようになっていて、ああやっとまともなアドバイザーがついたのかなあ今更遅いけどまあ正しい判断だよねできればTBも受け付けないようにしたほうがいいよ(もちろん最良の選択は、思想意見レベルにすら達していない頭の悪い妄言を垂れ流すのをやめることなんだけどね)、と思ったのだが、単純にシステム不具合コメントができないようになっていただけだったらしく、イスからずり落ちてしまった。

http://blog.livedoor.jp/junks1/archives/50985444.html

 まともなアドバイザーはいないのか。頭の中身だけじゃなくて支持者にも恵まれてないなこの人は。

 つーかさ、「それでは十条さんは活字がお嫌いのようですので」なんて小手先の印象操作テクニックはそれはそれで大事だけどさ、あんたそれ以前にどうにかしなきゃいけないところがあるだろ、その根本的な頭の悪さ・学力の低さだよ。自分が思想意見以前のところにいるっていい加減気づいて欲しいし支持者もそのことをちゃんと言ってやれよ。しかも反論する相手間違えてるし。

 このままじゃ本当に「使い捨てられるだけの駒」になっちゃうよ。

オサーンオサーン2007/05/18 19:56初めまして。
恐いもの見たさでリンクを踏んでみたら大笑いしてしまいましたw

chanbarachanbara2007/05/18 21:18こんにちは。市議会議員という地位にいなければもっと安心して笑えるんですがねえ。面白すぎるのも善し悪しです。こっちまで心配になってきますから。

2007-05-16

赤木智弘さんの主張についてとりとめもなく 00:06 赤木智弘さんの主張についてとりとめもなく - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 赤木智弘さんの主張についてとりとめもなく - chanbaraの断片 赤木智弘さんの主張についてとりとめもなく - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「希望は、戦争」という論座の文章を初めて目にしたときは、正直理解できなかった。戦争(とか社会の厄介ごと)が起きたら真っ先に面倒な部分を押しつけられるのに、とまさに思っていた。

 その後の赤木さんの発言や文章を何度か読んでいって、なんとなくわかってきた。日々の生活で手一杯で将来の展望も持てず、いくら頑張っても努力しても人並みの生活もできず、個人の努力云々ではどうにもならない部分で賃金が決まってしまったり(所謂「どうにもならないヤツはどう頑張っても実際どうにもならない」というアレ)、周りからは「自己責任」「怠惰なヤツ社会のゴミ」みたいな罵倒を受け続ける。

 そういう境遇に居続けると、戦争みたいな世の中全体がひっくり返るような現象に期待するようになる、というかそういう期待を持つことしかできなくなる。

 というのが現時点での私の理解だ。

 お話変わって、

http://www.journalism.jp/t-akagi/2007/05/post_209.html

 月刊オルタ5月号はまだ置いてなかったので群像6月号を買ってきて雨宮氏の連載を読んだ。雨宮氏が、なんとか物書きとして食べていけるようになって「脱フリーター化」したが「脱フリーター」したことに対して罪悪感があった。と書いていたのが印象的だった。フリーターであることの「どうにもならなさ」を実際に体験しているからだろうと想像する。

 生活に困らない程度の正社員になるか、日々の生活さえままならないフリーターになるかは紙一重だったりする。「俺は努力して頑張って今の生活を手に入れたんだそんなの当たり前だ」という発想は自分には理解できない。でも一方で何の疑問もなくそう思えることを羨ましく思ったりもする。

 更に話は関係ない方向にいくが、会社員をしている私の知人が昔受けた社員研修で「君たちはサラリーマンにならないという選択肢もある中サラリーマンになったのだから会社の利益上昇を第一に考えるべきだ」と言われたらしい。この話は確か4~5年くらい前に聞いたと記憶しているが、企業正社員orDIE!(しかも正社員になっても常にDIEの脅威に脅える日々)な今のご時世に思い出してみるとなかなか世の中というものは巧妙にできているなあと思う。

 DEVOプロモDVDコメンタリーで「アメリカ企業封建社会になり それはますます進んでいった」とメンバーが言っていたのを思い出す。

2007-05-15

福島会津若松の母殺害:高3逮捕 22:19 福島・会津若松の母殺害:高3逮捕 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 福島・会津若松の母殺害:高3逮捕 - chanbaraの断片 福島・会津若松の母殺害:高3逮捕 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070515dde041040070000c.html

各自好きなように料理してください。

 → 「ゆとり世代」「ゆとり教育」の攻撃材料に!かつて自分が世代でくくられた鬱憤を存分に晴らそう!

 → 共学化によって我が校の古き良き伝統が!共学化は特定のイデオロギーに毒されたジェンダーフリー勢力の陰謀だ!とにかく県立高校の共学化が気にくわなくて仕方がないあなたに!

記事引用は「続きを読む」以降に。

続きを読む

yurikoyuriko2007/05/21 15:37犯罪の低年齢化に言葉もでません。
何故、少年が人殺しをできる心理状態になったのか疑問でしたが、私の疑問を解決するブログを見つけました。
「鬼の季節」「鬼退治」を読んでみてください。
少年の心の中に鬼が住み着いた理由がわかります。
   ↓
http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |