chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2007-03-13

格差社会勝ち組00:11 格差社会の勝ち組? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 格差社会の勝ち組? - chanbaraの断片 格差社会の勝ち組? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 学校を出た後に企業の正社員になれればとりあえずは大丈夫、なんていう意識になりがちだが、企業の正社員になったとしても彼らの生活基盤は安定していないようだ。

 ある知人がそういうことを言っていた。確かに今は当面の生活費には困らない。でもこの状況がいつまでも続く保証はどこにもない。ちょっと前に仕事がきつくてメンヘルになったことがある。あの時はじめて会社を辞めるという可能性について真剣に考えた。今では職場復帰しているが、いつまた同じことになるかわからない。仮に幸運にメンヘルにならなかったとしても、いつ首を切られてあるいは収入が減って「転落」するかわかんない。今できることはスキルを高めること(それが労働市場の需要に合致するかどうかはわかんない)と極力節約してカネを貯め込むことだ、と。

 そこそこ名の通った企業の正社員であっても明日はどうなるかわからないのだ。もちろんそれ以前の人もたくさんいるのだ。これは一体?

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |