chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2007-02-24

[]拡大し続けないと生活が悪くなるという言説 14:26 拡大し続けないと生活が悪くなるという言説 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 拡大し続けないと生活が悪くなるという言説 - chanbaraの断片 拡大し続けないと生活が悪くなるという言説 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 格差社会の問題を語る際の言説として「経済成長を続けないと庶民の生活はどんどん貧しくなるよだって限られたパイ国民で取り合うんだから(だからもっと生産性を高めないともっと働かないと)」というのを目にするのだが、この言説が正しいか正しくないか以前の問題として「永久に成長をし続ける」という発想に対してヤバイという感覚を持っていないのだろうかこういうことを言う人は。

 というか、今の格差社会の問題はその「限られたパイ」の配分方法に問題があると思うのだが。パイそのものをでかくする以前に考えるべき問題は山ほどあると思うのだが。具体的に言えば、金持ち大企業への配分がますます大きくなり、それ以外の大多数の人間に対する配分がますます少なくなっている。まずはそこをなんとかしないと。

 こういうご時世になると「がんばった人ががんばっただけ報われる社会を」というのが支持を集めるのは理解できるなあ。まあ、そういうことを言っているヤツがますます金持ち大企業を優遇する方向に持っていっているのは全く理解できないけどね。

2007-02-13

日本語を話すということ 22:58 日本語を話すということ - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本語を話すということ - chanbaraの断片 日本語を話すということ - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 日本語をずっと使って過ごしてくると、日本語を使って自由自在に物事を表現できると思いがちであるが、実はそうではない。実生活において、大抵の場合は定型文の組み合わせで意思疎通をしているのだ。というか自分がそうなのだが。

 で、定型文しか使っていないと確実に日本語が下手になる。ここ何年か自分の日本語は下手になる一方だ。

 人と色々話すほうがいいと思う。

2007-02-07

[]印象の話だが 22:31 印象の話だが - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 印象の話だが - chanbaraの断片 印象の話だが - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 昔からこういうテクニックはあったのかもしれないが、選挙において有権者に向けて「正しい選択(俺への投票)をお願いしたい!」と上から見下ろす感じで偉そうに言うという手法が最近多くなったような気がする。

 上から居丈高に、俺に投票しないのは愚民非国民アカの手先テロリストの仲間反日分子とでも言いたげに恫喝し(もちろん実際は多少巧妙にやるのだが)、有権者有権者自己責任において投票をする。

 候補者は強制も押しつけもしていません有権者の皆様の選択です。

2007-02-05

出産する機械」発言について 21:09 「出産する機械」発言について - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「出産する機械」発言について - chanbaraの断片 「出産する機械」発言について - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 柳沢厚労相の発言だが、話の流れからしてみれば大した問題ではないという見方もできる。でもああいう地位にいるんだから発言には気をつけないとねえ。しかも「すぐに訂正・謝罪したので問題ない」ってのが笑った。「だったら最初から言うな!(08小隊サンダース軍曹)」。

 侮蔑表現ととられかねない発言をしてしまい、そして実際にそうとられてしまったわけで。まあ自己責任において、自分の言葉コントロールする能力を身につけなかったのが災いしましたね。自己責任自己責任自業自得自業自得

 で、大抵こういう出来事が起こると「あの発言がどうしてそんなに問題になるのかわからない」という声も出てくるわけだが、あの騒ぎが大きくなったのにはそれなりのバックボーンがあったのではないかと思っている。

 少子化を語る偉い人の発言にはなかなか香ばしいものが多くて、女がダメになった男がダメになった個人がわがままになったやる気がないからダメなんだ等々、誰でも言える酒場のグチを偉そうに言われ続けると言われる側にはそれなりに鬱屈したものが溜まっていくのではないか。で、そういうのが積もり積もったところにあの発言がくると。

 なのであの発言が大騒ぎになっていると聞いたときに「ああ、やっぱり」と思った。

 まあ、こんな話題三ヶ月も経たないうちにみんな忘れることで、それまでに自分にとって都合のいい印象を大衆に如何に植え付けるかがカギになると思うので大臣辞めろ派も大臣擁護派もがんばって印象操作に励んでください。

2007-02-04世の中の仕組み

TVとは記憶のないメディアである 12:32 TVとは記憶のないメディアである - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - TVとは記憶のないメディアである - chanbaraの断片 TVとは記憶のないメディアである - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 なんていう格言?を昔どこかで聞いたことがあるのだが、インターネット動画を簡単に載せられるようになったことで、この先この言葉もだんだんと意味を失ってくるのではないか、なんてことを下記のサイトを見ていて思った。

お笑いものもんた劇場

http://montagekijyo.blogspot.com/

 もちろん、これはyoutubeのようなサービスが出現した時点で気づくようなことなのだが。

 少なくとも、みのもんたと彼の構成作家は今後は「TV記憶を持つメディアである」という前提で台本を考えた方がいいと思う。

http://montagekijyo.blogspot.com/2007/01/blog-post_5111.html

※正確には、「TV記憶を持った」ではなくて「インターネットTVその他のメディア記憶を持たせた」なのだろうが。


世の中の仕組み 12:06 世の中の仕組み - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 世の中の仕組み - chanbaraの断片 世の中の仕組み - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 例えばこんなケースがあるとする。

 とある国立大学独立行政法人云々はここでは抜きで)の学費を納める際に、今まではどの銀行からでも授業料の振り込みができたのに、ある年から急に「学費はA銀行またはB銀行から振り込んでください」と通知されたとする。ここで学費を払う側が大学に「なぜ国立大学の授業料が(いままではどこの銀行からでもよかったのに)特定の銀行からしか振り込めないのか」と問い合わせをしたとしても、「そういうことになりましたのでお願いします」という答えしか返ってこない。

 これは組織のつくりが巧妙にできていることを意味する。授業料を扱う銀行を特定の銀行に決めてしまった人間は、電話の応対をしている下っ端事務員ではない。事務員からしてみれば「俺が決めたことじゃないそんなこと知るか」というのが偽らざる本音であろう。

 もちろん、授業料の扱いを決める人間電話を受ける下っ端事務員も同じ組織人間であり、その業務で行ったことは最終的にはその組織責任になる。

 だが、よほど大きな問題にならない限り、その組織としての責任が問われることはない。大抵の細かい・人数の少ない苦情は「上層部には届かない」。

 上層部に届かない問題点は問題点ではない。だって上層部認識されてないってことは存在しないってことだから。

 意図しているのかしていないのかは不明だが、実際問題として組織というものは巧妙にできている。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |