chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2006-12-04

嘘・間違った情報が広まってしまったらこの人は責任とれるのでしょうか? 23:04 嘘・間違った情報が広まってしまったらこの人は責任とれるのでしょうか? - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 嘘・間違った情報が広まってしまったらこの人は責任とれるのでしょうか? - chanbaraの断片 嘘・間違った情報が広まってしまったらこの人は責任とれるのでしょうか? - chanbaraの断片 のブックマークコメント

例えば誰かがあるサイトを批判するとき、このような言説が度々表れる。気持ちはわからなくもない。特に気にくわないサイトに対してはこういった発言は出がちだ。

しかし、本当に「ネットで何かを発言した人はその発言に対して責任をとる」べきなのだろうか?これはとるべきだということも、そんなことはないとも言えるので色々難しい。

でもねえ、悪意のあるなしに関係なく、ネットには嘘がたくさんあるし、嘘をわざと流して人をひっかけようとするヤツだっているわけだしねえ。

昔、森毅氏のエッセイを読んで印象に残ったことがある。エッセイ文庫本が今手元にないのではしょって書くが、「だまされたのはだまされた側の責任じゃないのか」「敗戦後、世間の大人たちがさかんに自分たちは政府にだまされいた、とわめき散らしていた。じゃあ、これからは自分たちはだまされないように気をつけよう、となるのかと思ったら、今度は自分たちをだまさない政府を作ろう、なんて言い出すので呆れてしまった」みたいなことが書いてあった記憶がある。

すべての人間の発する言葉に正しさとか責任とかを求めるのは実際無理なので、こういう考え方でいったほうがいいんじゃないか、と思う。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |