chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2006-10-28

人気投票 01:17 人気投票 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人気投票 - chanbaraの断片 人気投票 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 通っていた高校には教員の人気投票があった。事前に投票が行われ、学園祭の前夜祭の時に結果が発表される。上位にランクされた教員からはコメントをとり、全校生徒の前で発表していた。

 私が2年の時までは、教員のコメントも「いやあこの人気投票で上位をとるのは難しいねえ」みたいな和やかなものだったのだが、3年の時に状況は一変する。

 「こういった教員の人気ランク投票は如何なものか」「こんなの選ばれても嬉しくねーよ」。コメントが読み上げられた時の場の空気は今でも覚えている。おそらく校長からそういう「指示」が出たんだろう。純真な青少年大人の事情に触れた一幕だった。大人って大変だねえ。

 私は当時3年で、学校にいる期間も実質あと半年ほどだったのであまり深刻には考えなかったのだが、ただでさえくそつまんねえ別学校*1なのに、今後ますます息苦しくなるんだなあ、と思ったものだ。

 あの学校において、良くも悪くもいいかげんな部分が残っていた最後の世代だったのかなあ、と思う。

*1:私は別学校ってのは奇形であり、健全な人間の成長を阻害する環境だと当時も今も思っている

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |