chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2006-10-18二者択一

[]テクニックとしての二者択一とその対策 22:43 テクニックとしての二者択一とその対策 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - テクニックとしての二者択一とその対策 - chanbaraの断片 テクニックとしての二者択一とその対策 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/travieso/20060117/p1

http://blog.livedoor.jp/junks1/archives/50367170.html

コレだけは申し上げますが「社会通念を根底から覆すジェンダーフリー路線」あるいは「改める箇所は指摘し、良いものは残していくという常識的な改革路線」を支持するのか、みなさんにお尋ねしたい。ジェンダー思想が「yes」か「no」か-この際、ハッキリさせたいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/s_kotake/20061017/p5

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20061011ddm012010095000c.html

伊勢原市で開かれた亀井善太郎氏(35)=自新=の出陣式で、河野会長選挙の性格が変わったと切り出し、「亀井への1票は安倍晋三首相)を支持する1票であり、日本北朝鮮に対して毅然とした態度を取るという有権者意思表示野党への1票は北朝鮮と妥協してもいい、丸く収めようじゃないかという1票」と続けた。

 自分の都合のいいように二者択一の問いを設定し、自分の都合のいいように人を誘導するというメソッドは今度ますます盛んに使われるようになるだろう。

 そもそも二者択一の設定がおかしい、とツッコミをいれられる人はともかく、学力低下な人は二者択一のむちゃくちゃさにつっこみを入れることもなく(あるいは感覚的におかしいと思っていてもそれを言語化できず)問いを出した人にとっていいように誘導されてしまう。

 前述の二つの事例を見たときに、蒼天航路というマンガのその二百四十二「Yin&Yang」での問答を思い出した。

魯粛劉備殿と盟を結びご自身の覇の志を明らかになさいますか!? あるいはむざむざ曹操に天下を明け渡してしまわれますか!?」

張昭「否! 劉備殿との盟が選択の対象とはこれまた詭弁! 要は曹操と結ぶか戦うか! 道理か無謀かの処決でございまする!」

孫権「“要は”って言うな」

孫権「“ふたつにひとつ”とか なんでも無理矢理わかりやすいものにするでない」

 ここでの孫権のような知見が今後求められるのではないか。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |