だんぺんぶこみっく

2007-08-23

[][]バカ直訳タイトルを糾弾する 21:26 バカ直訳タイトルを糾弾する - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - バカ直訳タイトルを糾弾する - だんぺんぶこみっく

なんかマイケル=ムーア監督の「シッコ」とかいうタイトルの映画があるらしいのだが,この邦題なんとかなりませんか。

だって「シッコ」ですよ。(たぶん“sick”をもじった言葉なんだろうが)英語圏の人間は兎も角,大部分の一般的な日本人がこのタイトル聞いたら,


  | ∧_∧
  | (` *  )
 ̄|⊂,   ) ジョ~
´⌒/  ノ ノ
;;:: |(__(_)

を想像しちゃうんじゃないか。

(「こんなこと考えてるのは自分だけか」と思っていたのだが,

以上の記事(超映画批評)のはてブページ(http://b.hatena.ne.jp/entry/http://movie.maeda-y.com/movie/00948.htm)の,tomo-moonさんのコメントで 同じこと考えてた人が他にもいたと判明)

(追記,http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20070825#p1 でも同様な感想があった)

この映画だけじゃないが,原題をまんまカタカナにすんのやめてほしい

映画はほとんど見ない自分がいうのもなんだが,英語の原題をそのまんまカタカナにした邦題は余り好きではない。(「フィフス・エレメント」とか) あえて意訳したり,あるいは原題にない言葉を入れてもいいから,ちゃんとした邦題をつけろと。

上記の「シッコ」だったら(保険産業や病気がテーマなのだろうから)「保険産業の実態」とか「病めるアメリカ」とか,いくらでも適切なタイトルがあるじゃないかと。

たとえば「愛と青春の旅立ち」*1の原題は"an officer and a gentreman"だが,これがもし「アン・オフィサー・アンド・ア・ジェントルマン」なんて邦題がついて公開されてたらただのアホですよ。この邦題(「愛と~」)だからいいんじゃん。

また,昔大ヒットしたモンドドキュメンタリーの「世界残酷物語」も,原題は"mondo cane"(イタリア語で「犬の世界」)だが,これが「モンド・カーネ」とかあるいは直訳の「犬の世界」なんて題だったら,映画の趣旨に反するダメ邦題になってたことは明白だ。

(念のため,原題によっては直訳した方がいいものもあるだろう(「不都合な真実」とか),また固有名詞が原題の映画はしょうがない)

*1:じつはまだ見たことないのだが

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20070823

2007-01-3120070131

[]なんで「本多勝一」を「本田勝一」と変換ミスするのか 16:14 なんで「本多勝一」を「本田勝一」と変換ミスするのか - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - なんで「本多勝一」を「本田勝一」と変換ミスするのか - だんぺんぶこみっく

http://satoshi.blogs.com/life/2007/01/post_10.htmlの記事に関連して……まえまえから疑問に思ってたんだけど,

rna 懐かしい。それなんて本田勝一? と思ったら参照してた。あれ読んだときは即座に、同じ記号を微妙に違う使い方するようになったら混乱必至だし、各種単位との整合性考えると今更変えられるかよ、って思った。

 問題は、右下の「単位:百万円」である。「日本語の作文技術」の著者である本田勝一氏が「植民地的」と批判する三桁法を使っているためにこんなことになってしまうのだが〔後略〕

 たとえば,「本」と「木」という感じだったら字体が似てるからまだわかるんだけど,「多」と「田」ですよ。なんで見間違えるのか。説明してほしい。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20070131