だんぺんぶこみっく

2007-02-0120070201

[]鳥インフルエンザにかんするぎもん 15:13 鳥インフルエンザにかんするぎもん - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 鳥インフルエンザにかんするぎもん - だんぺんぶこみっく

 最近,宮崎などで鳥インフルエンザが発生してニワトリが大量に処分されたりしてるニュースがよく報道されてますが,それを見てて私,


  (-_- ;) 。oO(全国のニワトリたちにワクチン打ってやればええんちゃうんか)

って思ってたのですよ。学校などでは生徒にインフルエンザ予防接種するんだから,ニワトリに打ってやることも可能なんじゃないかと。(昔読んだ「世界の偉人まんが伝記事典」(学研)のパスツールの項で,パスツールがニワトリコレラのワクチンを開発してたのを覚えてる)

 で,調べてみると以下のようなページ(動物衛生研究所のサイト)を発見。

 どうやら鳥用のワクチンもあるようだが,日本では使用しない措置なんだそうで……うーむ(理由は以下引用参照)

10.鳥用のワクチンはありますか?

A. 海外では鳥用のワクチンが生産されていますが、日本を含め世界の多くの国ではワクチンを使用せずに、殺処分による防疫措置が採られています。その理由は、ワクチンは発病を防ぐことはできますが、ウイルスの感染および排泄を防ぎきれないためで、以下のような問題点があります。1) 発症及び死亡の軽減により感染の発見が遅れてその間に他の鶏群に蔓延する危険がある、2) 接種群は定期的にウイルス侵入の有無を検査する必要があり、侵入が確認された場合には接種群も淘汰となる、3) 清浄化までに長期間を有し、海外発生国からの生きた家きんおよび家きん肉の輸入禁止措置がとれなくなることにより養鶏業の国際的競争力が低下する可能性がある。4) ウイルスが長期残存し、ヒトに感染する新型ウイルスの出現につながるおそれがある。

 また,同じ動物衛生研究所のサイトにこのような論文もあった(専門家向けのようで内容は難しい)。

(素人考えだけど,全国のすべてのニワトリに一斉にワクチン接種すれば上の1)のような問題はないんじゃないか,って気もするけど)

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20070201