だんぺんぶこみっく

2008-11-27

[][] 20:10 2008-11-27 - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク

ひさしぶりにここらしい使い方をしてみるでござる の巻

t_m::高橋の外食

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20081127

2008-10-12

[][]「草食系男子の恋愛学」を読んで~劣等感と自己嫌悪の解消のためには 00:00 「草食系男子の恋愛学」を読んで~劣等感と自己嫌悪の解消のためには - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 「草食系男子の恋愛学」を読んで~劣等感と自己嫌悪の解消のためには - だんぺんぶこみっく

〔中略〕……なるほど。しかし、俺にはお前の左足を踏んでいるのは、お前自身の右足に見えてしかたがないんだよな。

 はっきりいおう。「被差別者の痛み」をなりたたせているもっとも本質的な要素は、被差別者自身のコンプレックス、劣等感である。社会的抑圧が強くても、それがなければ被差別の痛みは起こらない。

 差別問題について考えている人のなかでも意外に理解されていないのが、被差別者自身が自分の劣等性を内面化している、ということである。つまり被差別者は、無意識のうちに自らを劣っていると思っているのだ。〔後略〕

「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」(灘本昌久著、径書房、P192~193、以下、引用の強調は注記のない限り全て引用者によるもの)

以下の文章は、森岡正博氏の「草食系男子の恋愛学」(以下「草食系」と略)を読んだ後に、思ったことなどをかきならべているものです。なお、「草食系」の書評にはなっていないことを、あらかじめご了承ください。自分には書評は書けないし(つーか、書に限らず、自分は「批評」自体ができないこともある)、最近のweb上での本格的な同書評としては世界のはてなど、優れたものがあるため*1、自分などが何を書いてもこれらにはかなわないと思う次第。よって、同書の批評とかではなく、同書の第3章*2をだしにして(失礼)ふだんからの自分の考えを書いてみたいわけです。

自分が「草食系」を読んでみようと思ったのは、『草食系男子の恋愛学』という本を出します。 - 感じない男ブログにて著者ご本人が紹介されていた「はじめに」(前書き)の以下の部分が"心にきた"ためなんですな。

 私は自分に劣等感をもっていた。

 背が低く、もやしのようなひょろひょろの身体をしていて、他人の目を見て話をすることができず、日常会話や雑談をするのも苦手で、アパートの部屋にひとりで閉じこもっていた。中学・高校のときにもデートをしたことはなく、思春期に身近にいた女性は、母親だけであった。大学生になって、合コンにたびたび行くのだが、女の子と話が盛り上がることはけっしてなく、いつも最後は男たちだけで飲みに行くのであった。

 私の中で、劣等感がしだいにふくれあがり、それはどす黒いかたまりとなって、心の底でうごめいた。「自分はモテる」と自慢している男のことを冷ややかな目で眺め、小さな殺意に似た気持ちが湧きあがることさえあった。

http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20080531/1212235032

 この部分は、自分にもよくわかります。私自身もかなり劣等感を持っており(というより、劣等感そのものが人間になったようなものが最近までの自分である)、34歳で彼女いない歴が年齢とイコール*3であり、萌え連でエロ画像収集するのが趣味で…ってこんなことかいてもしょうがないのでこのへんにしますが、とにかくこの部分がぐっときたわけです。

 森岡氏は、「草食系」第3章で、「女性が求めているのは「人間的魅力」」と説き、

 多くの女性たちが、何よりもまず知りたいと思うのは、男性の「人間的な魅力」である。その男性の、感受性や、思考方法や、経験の蓄積や、観察力や、道徳性や、不良じみたところや、情熱の度合いや、安心感など、すべてをひっくるめた人間的な魅力がどのくらいあるのかを、女性は知ろうとするのである。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P158、この強調は原文のまま)

と主張されます。しかし、「劣等感」を持っていると、こうした魅力を育てることができず、(さらに異性にもモテない?)と主張されます。

 人間的な魅力を育てようとしたときに、それを妨害するものが、あなた自身の中にあるかもしれないのだ。

 それは、「劣等感」である。

 劣等感とは、容姿がよくないとか、とても太っているとか、人前でうまくしゃべれないとか、学歴が低いとか、頭が悪いとか、スポーツがぜんぜんできないとか、モテないとか、そういったような「自分が他人よりも劣っている」というつらい意識に悩まされることである。

〔中略〕

 問題は、劣等感によって男が振り回され、それによって、その男の人間的な魅力がかき消されてしまうところにある。そうなったら、いくら男の中に味わい深い魅力があったとしても、それを誰にもアピールできなくなってしまう。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P162、この強調は原文のまま)


 | 森岡先生、その、「容姿がよくないとか、
 | とても太っているとか、人前でうまくしゃべれないとか、
 | 学歴が低いとか、頭が悪いとか、スポーツがぜんぜん
 | できないとか、モテない」って、全部私にあてはまるんですが
.  \__  ______________________
       ∨

   ( -_-;)           ∧_∧∧∧ ∧_∧
   (    )          (´-`;)゚-゚ ;)・-・ ;)
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

…………まぁわしのことはともかく、この「劣等感」などが問題だ というのが、重要なのだと思います。森岡氏はこう語ります。

 自分に劣等感のある男は、次のようになってしまう傾向がある。

 たとえば、好きな女性をデートに誘おうとしたときに、「自分みたいな、魅力のまったくない男なんかと話したって、きっと面白くないに違いない」という劣等感が、ふつふつと湧き上がってくる。

 すると、自分のすべてのふるまいに自信がなくなってしまい、その女性の前に行ったときも、妙におどおどしたり、視線を合わすことができずにうつむいたままになったりする。その結果、女性に向かって誘いの言葉を言い出すことができず、「やっぱり自分なんかダメなんだ」と一人で激しく落ち込むのである。

 このようなことを繰り返すうちに、「自分は男の魅力なんてまったくないし、つき合っても面白くないんだ」という劣等感がますます強化され、「こんなことなら、もう恋愛などしないほうがましだ」というところにまで追い詰められていくのである。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P163~164)

 この部分を読んだとき、心になにかが刺さりました(陳腐な表現で恐縮ですが)。それは、自分自身がそういう人間でもあると同時に、過去にもweb上で同様な劣等感に苦しんでいると思われる人を見てきたからです。

2 劣等感に苦しむ人の実例

 このような「自分みたいな、魅力のまったくない男なんかと~」という劣等感は、女性にもてない(恋愛できない?)ことなどで悩んでいる、いわゆる非モテ系や喪男の人の意見によく見られます。以前、はてな(はてブ)等で話題になった以下の記事など、その例です。

いじけが強く誘発される女性のタイプは、とにもかくにも外見がいい.

スタイルなんかは5段階評価の5.〔中略〕あ、あと声がアニメ声だったりするとこれ最強.

こんなの、僕にとっては眼の保養どころかかえって毒ですから.

こういう女の子は、僕のオスとしての能力をチェックされているようで、怖い.

こちらがみかけるだけならまだしも、キャンペーンの衣装を身にまとったモデルクラブにでも所属しているような女の子に、製品説明かなんかで声をかけられると、いたたまれない気分になる.(そうですよ、他人から見たら「鼻の下のばしちゃって」なんて思われるかもしれないけど、実際はうれしいことばかりじゃないんですってば)

話していても、相手の心の声が聞こえてくる感じがするのです.

「けっ、ノリの悪い男だなあ」「おまえなんか、こういう機会でもなきゃ女と話す機会もないんじゃないの?」「私が声かけてあげてるんだから、ありがたく思いなさいよ」….こういう罵声が頭の中を駆け巡るから、僕は余計に緊張して、どもり、汗が噴き出るわけです.そうなるとあとはポジティブ・フィードバック(妊娠期のホルモン分泌などのように、分泌されたホルモンがさらに大量のホルモンを分泌させるようにはたらくこと.文学的表現なら「堰を切ったように」か?)がかかって、余計にふつうでいられなくなる.挙動不審になる.

http://kammyblog.seesaa.net/article/1107085.html 、kammy氏の以前のblogより。なお、このURLは現在は無効のため、自分(高橋)が保存していたファイルから引用)

 これはkammyさん(現在は別のblogなどを公表していて、恋愛話はあまりしていない)の過去記事から。以前、美女により惹起される劣等感 - ARTIFACT@ハテナ系にて紹介されていたもの。(なお、実はこれを読んだのが わしがこのへんの問題に関係することになったきっかけの一つです)

 また、Piroさんの以下の記事もそうでしょう。

「彼女」に対してはためらいなく「かわいい」と言えるけど、そうじゃない人には言えない。というかなるべくそういうことを考えないようにしてる気がする。

その人が僕に「綺麗だ」とか「かわいい」とか言われて嫌な思いをするんじゃないか、と不安になる。「俺は俺自身のためにオシャレしてるんだ、てめえなんぞの目を楽しませるためじゃねえんだよ。」とか「てめえみたいなハエにたかられちゃ迷惑なんだよ、俺は蝶を引き寄せてえんだよ。こっちくんな。」とか「異性として意識されるのがほんとウザい……頼むからそういう目で見ないでくれよ。」とか思われるんじゃないかと思うと、言えない。言われて相手がいい気分になる様子、が想像できない。

(社会的に、世間的に、などいろんな意味で)圧倒的強者たる女性様に対してゴミカスみたいな自分が軽々しく「評価」を下すこと(そしてその結果不愉快な思いをさせること)は罪悪ではないのか? という不安。

http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/topics/2008-09-17_kawaii.htm


 | ……だからなんであんた
 | そう自虐的やねん!
.  \__  _______
       ∨

   ( -_-#)           ∧_∧ ∧∧ .∧_∧
   (    )          (#´-` )(#゚-゚ )(#・-・ )
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

(いや、この人は(自分と同じような感じの人間であるにもかかわらず)なんかイライラさせられるので)

 森岡氏の主張される「自分のすべてのふるまいに自信がなくなってしまい」、「自分は男の魅力なんてまったくないし、つき合っても面白くないんだ」という劣等感がますます強化され」るというのは、まさに以上のようなことなのだと思います。

 なお、以上の意見で注意してほしいのは、「他人から実際に悪口などを言われたのではなく、すべて本人(kammyさんやPiroさん)が勝手にそう考えているだけ」ということなのです。

よく読んでみてください。

「相手の心の声が聞こえてくる感じがするのです.」「こういう罵声が頭の中を駆け巡るから」(Kammyさん)

「その人が僕に「綺麗だ」とか「かわいい」とか言われて嫌な思いをするんじゃないか、と不安になる」「とか思われるんじゃないか」(Piroさん)

このように、本人が勝手にそう考えているだけなんです。(ちなみに、たとえばKammyさんの例など、もし本当に眼前のキャンペーンギャルかなんかに実際に「おまえなんか、こういう機会でもなきゃ女と話す機会もないんじゃないの?」「私が声かけてあげてるんだから、ありがたく思いなさいよ」だのと言われたんだったら、張り倒すなり 上司にいいつけるなりすればいいと思うし、言われていないんだったらそれは自分の邪推なんだからやめたほうがいいだろうし)

3 ハイ・タイド・ハリス氏や灘本氏の意見(喪男らの左足と右足)

 もっとも、自分も以前は、上と同じように、いや、上のよりもさらにひどい劣等感に悩んでいたので、あんま人のこと言えないのですが、とにかく自分も悩んでおりました。しかし、現在では、こうやって自虐的に悩むこと自体、よくないことではないかと思っております。(その理由は後述)

 以上の例は もてない系の人たちの例ですが、黒人や被差別部落出身者など、差別に苦しんでいる(いた?)人たちも、同様の劣等感に悩んでいるようです。*4

 1989年、絵本「ちびくろサンボ」が日本で黒人差別といわれて相次いで絶版になった事件*5の経過と、それに関する様々な立場の人たちの意見を集めた本「『ちびくろサンボ』絶版を考える」に掲載された、黒人音楽家ハイ・タイド・ハリス氏(念のため、ハリス氏は「サンボ」は差別ではないという立場)の意見をまずご参照ください。*6

ハリス 私もそのような考え方〔「ちびくろサンボ」が差別的だという考え〕をしていた時期がありました。

 これまで私たち黒人は歪んだ書き方ばかりされてきました。私たちは、「お前たちは聖書のなかでも呪われた存在である」と教えられてきたのです。〔中略〕だからこそ、黒人たちは、黒く描かれているだけで、それを拒否するのです。黒人が『サンボ』を見て示す反応は、「私はこんな風に見られたくない。これは私ではない」です。

(『ちびくろサンボ』絶版を考える、径書房、P163)

『ちびくろサンボ』も、あの聖書を私たちに教えた白人が創りあげたものです。だからこそ黒人は余計に深く傷つくわけです。〔中略〕より美しくなるためには、髪の毛をまっすぐにしないといけないとか、肌の色が薄くなければいけないと思ってしまうのです。そうすれば白人社会に受け入れられるからです。

(『ちびくろサンボ』絶版を考える、径書房、P164~165)

 ちなみに、「『ちびくろサンボ』絶版を考える」に寄稿したり、座談会に参加しておられる灘本氏が著した本「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」によると、

〔中略〕当時、世界最大の黒人新聞であった『ニグロ・ワールド』には、皮膚用漂白剤とともに、唇の矯正器、鼻の整形器の広告が堂々と掲載されていた。アメリカの黒人が、肌の色をまっ黒に描かれたり、唇をまっ赤に描かれることを差別だと感じるのは、そのようなマイナスイメージがあるからだ。

「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」(灘本昌久著、径書房、P130~131)

ということですので*7、アメリカ社会の「黒い肌などは劣っている」という価値観に黒人が悩んでいた(そして現在も悩んでいる)というのは 事実のようです。

 このような「自分で自分自身のことを劣っていると思う」感情は、むろん、過去のつらい経験……過去にいじめられた、不当に侮辱されたなどの外的要因によって作られた場合も多いのでしょうが、実際には このような感情は、被差別者自身のコンプレックスや劣等感、そして自己嫌悪こそが原因となって、引き起こされているというのが私の考えです。それは、先のハリス氏や、灘本氏が、以下のように主張されており、それに納得したためです。多少長くなってしまいますが、引用します。

ハリス 〔中略〕でも、名前〔「サンボ」の主人公の名前〕が「サンボ」であれなんであれ、それは関係ないのです。たとえば、これが「ジャックボー」という名前であったとしても、黒人であることの劣等感や自己嫌悪が私にあったなら、誰かが「ジャックボー」と呼んだだけで私は深く傷つきます。劣等感や自己嫌悪が問題なのです。

(『ちびくろサンボ』絶版を考える、径書房、P168)

 「被差別の痛み」とはなんだろうか。……簡単じゃないか、踏まれた足が痛んでいるんだよ。……なるほど。しかし、俺にはお前の左足を踏んでいるのは、お前自身の右足に見えてしかたがないんだよな。

 はっきりいおう。「被差別者の痛み」をなりたたせているもっとも本質的な要素は、被差別者自身のコンプレックス、劣等感である。社会的抑圧が強くても、それがなければ被差別の痛みは起こらない。

 差別問題について考えている人のなかでも意外に理解されていないのが、被差別者自身が自分の劣等性を内面化している、ということである。つまり被差別者は、無意識のうちに自らを劣っていると思っているのだ。〔中略〕

 「部落青年のアイデンティティー」と題する座談会で私の友人のひとりは、この問題に関する興味深い話を語った。彼は、部落に生まれ部落に育ち、被差別体験が積み重なっていく中で、自分の存在を何か悪いものだと感じるようになった。そのため若いころは差別に対して暴力で報復することしか知らなかった。しかし、あるとき、部落差別にもとづく冤罪事件(狭山事件)に抗議して、部落青年を含む五人の青年が、浦和地方裁判所を占拠し、屋根から垂れ幕をおろすという事件で、目から鱗が落ちたという。このときはじめて、差別というのは「いけないこと」なんだ、と思ったというのである。それでは、それまではどう思っていたのかというと、たんに「腹が立つから殴っていた」にすぎなかったのだそうだ。つまり、差別する相手が「まちがっている」という意識はなく、ただ触れられたくないところに触れられたことに憤っていたのである。〔後略〕

「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」(灘本昌久著、径書房、P192~193)

 ……そう、自分自身が自分を「劣っている」と思っていること、そして、間違っているのは差別をする奴であって自分ではないのに、そう考えられないことが問題なのです。

 被差別者のなかには、「差別はいけないことだ」とか、「差別はまちがっている」ということが、心の底から了解できている状態はなかなか育ちにくく、むしろ社会に対する後ろめたさや自分自身に対するコンプレックスが容易に育っていく。〔中略〕そして被差別者は、自分のなかに深く根をおろした、自分へのマイナスイメージによって傷つきやすくなる。〔中略〕だから、そこにちょっとふれられただけでも、それは鋭い痛みとなる。

「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」(灘本昌久著、径書房、P194)

 この「自分のなかに深く根をおろした、自分へのマイナスイメージ」とは、森岡氏の主張される「「自分みたいな、魅力のまったくない男なんかと話したって、きっと面白くないに違いない」という劣等感」などと、ほとんどイコールで結べるぐらい近い感情と考えられます。このような劣等感こそが、人間の魅力を奪っているのでしょう。

4 「自分なんか~」と思うこと自体が罪である

 私は、以上のような、

  • 「自分みたいな、魅力のまったくない男なんかと話したって、きっと面白くないに違いない」
  • 「けっ、ノリの悪い男だなあ」「おまえなんか、こういう機会でもなきゃ女と話す機会もないんじゃないの?」「私が声かけてあげてるんだから、ありがたく思いなさいよ」….こういう罵声が頭の中を駆け巡るから、僕は余計に緊張して、どもり、汗が噴き出る
  • 「ゴミカスみたいな自分」

というように、自分を卑下することは、良くないことであると考えています。いや、「良くない」どころではなく、「罪」と言ってもいいかもしれない。なぜか。以下に自分なりの理由を書いてみます。

4-1 人間的魅力をつぶす

 森岡氏が「草食系」で主張されているとおりですが、「自分みたいな、魅力のまったくない男なんかと話したって、きっと面白くないに違いない」などと考えることは、自分の魅力や利点などをつぶし、自分の意欲などを奪ってしまうようです。

 大事なのは、「自分はこんなつまらない人間なのだから、何をしたって無駄なんだ。もうずっとこのままで行くしかないんだ」という開き直りや、ひがみに陥らないようにすることである。

 なぜなら開き直りや、ひがみは、人間的な魅力を奪い去るからだ。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P166、この強調は原文のまま)

 さっきも書いたけど、自分がPiroさんや昔のkammyさんにイラつかさせられてるのも、「なんであんたら恋愛以外の面ですごいのに(Piroさん=Firefoxなどのプロジェクトにかかわるプログラマ、kammyさん=医者のたまご)たかが恋愛が苦手なぐらいでそう自虐的になるねん!」という感情があるからです。なんでそう恋愛ごときで悲しむのかと。

4-2 「ブラクがいて~」を誘発する恐れがある

 もっとも、自分の魅力がつぶれるぐらいならまだいいのですが(いや、本当は良くないんだけど)、こういうコンプレックスに苦しむ人たちは、「別の立場の人たちを侮蔑する」ようになる危険性があるのではと考えております。

f:id:TakahashiMasaki:20070902210131j:image

(ゴーマニズム宣言 差別論スペシャル、小林よしのり著、解放出版社、p22)

f:id:TakahashiMasaki:20080729220757j:image

(「ゴーマニズム宣言」小林よしのり著、幻冬舎文庫、P44、1~8コマ)

 このように、「他を差別して自分を慰める」という者が、恋愛ができないということでコンプレックスを抱いている喪男や非モテにも少なからずいるのではないか(とくに2chとかで……)という問題があります。

4-3 現在の(誤った)価値観に隷従してしまう、また、しなくてもいいのに傷つく

 上の4-1、4-2のほかに、(これが実はこの記事で最も強調したいことなんだけど)以下のような問題もあります。前掲「『ちびくろサンボ』問題を考える」の、灘本氏、岸田秀氏、竹田青嗣氏の座談会から。

灘本 〔中略〕

 あるがままの被差別者の感情というのは、自分の存在が非常におぞましいわけです。部落民であれば、自分が穢多の末裔であること自体がそもそも恥ずかしいわけでしょ。人が差別発言しようがしまいが。だから自分に対して人がなんとなく意味のわからない視線を向けただけでも、「あ、自分は穢多の末裔で、そのことについて否定的なまなざしがいま向けられている」というふうにも感じられる。障害者にしても、朝鮮人にしても同じなわけで、だからあるがままの被差別者というのは、あるがままの差別者と同じ目を持っているかぎり、同じになってしまう。ただ被害者か加害者かというだけの違いでね。

岸田 そうですね。そういうところがありますね。同じなんですね。

灘本 自分を、差別者と同じ目ン玉で見ているにすぎない。〔中略〕

岸田 被差別者が差別の価値体系を内面化しているという問題ですね。

灘本 そう、被差別者が実は差別の体系を受け入れているという……。

(『ちびくろサンボ』絶版を考える、径書房、P243)

 この、「自分が穢多の末裔であること自体がそもそも恥ずかしいわけでしょ。人が差別発言しようがしまいが。だから自分に対して人がなんとなく意味のわからない視線を向けただけでも、「あ、自分は穢多の末裔で、そのことについて否定的なまなざしがいま向けられている」というふうにも感じられる」というのは、先の「話していても、相手の心の声が聞こえてくる感じがするのです.「けっ、ノリの悪い男だなあ」「おまえなんか、こういう機会でもなきゃ女と話す機会もないんじゃないの?」「私が声かけてあげてるんだから、ありがたく思いなさいよ」….こういう罵声が頭の中を駆け巡るから、僕は余計に緊張して、どもり、汗が噴き出るわけです.」というのと、ほとんど同じです。

 そう、先の例に戻りますが、Piroさんらなどは、「恋愛ができない奴は劣っている」「コミュニケーションが苦手な奴は劣っている」などといった、世間の(誤った)価値観に、じつは従っているんだよな。従っているからこそ自分を劣っていると思っているわけで。これ(「そう、被差別者が実は差別の体系を受け入れているという……。」)こそが、最も問題なのです。

 また、「相手が自分のことをどう考えているなんてわからないのに、勝手に相手の考えを邪推して勝手に傷つく」人が、喪男などに多いと思います。(わしも昔はそうだった)しかし、これは無意味だろうと。相手がはっきり言葉などで自分を非難したのならともかく、そうでもないのに勝手に傷つくのは無意味であり、無用であると。

 だから、私は(自分と同じような境遇のすべての人たちに)言いたいのです。「自分を劣っている」などと思うな。そう思うこと自体が、世間の(誤った)価値観に追従することなのだから。

5 劣等感などの解消

 ここまでを読まれて、「じゃあ 喪男などならモテるように努力などすればよい」と思う人もおられると思います。そういうのも、それができる人にとっては適切な考えの一つなのでしょうが、そのようなことが本当に適切な方法(考え方?)なのか、自分は疑問をもっています。それは、「黒人が白人に気に入られたり差別されなくなるために、皮膚を漂泊したり整形したりする」とか、「部落出身者が自分の出身などを隠す」などというのと、たいして変わらないのではないか。本来は差別(侮蔑)する連中の方がまちがっているのであり、なんで被害者の方が妥協せにゃならんのかと。

 森岡氏の「草食系」に戻りますが、森岡氏もこう主張されています。また、私も同じように思います。

いまの世の中は、恋愛が苦手な男たちにとって、ほんとうに生きにくい。

 テレビを見ても、雑誌を見ても、恋愛できない男は、一人前の人間じゃないかのように扱われている。

 このような、「恋愛できない若者はどこかおかしい」と言わんばかりの風潮に、いらだちを感じている読者も多いのではないだろうか。

 私もまた、この風潮は、どこかおかしいと思っている。「恋愛できない男は、男の名に値しない」という考え方はまったく間違っている。このことは、はっきりと書いておきたい。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P8~9、この強調は原文のまま)

〔中略〕以前にも述べたように、私も、この社会の中に、「恋愛できなければ一人前の男じゃない」というような風潮があることを、おかしなことだと思っている。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P171)

 それに、なにしろ、私自身がこれまでも今後も絶対にモテるなどということはなく、またそのような努力もしたくない。自分がするつもりもなく、またできそうにもないこと(モテる努力など)を、他人に勧めるのは間違っていると考えます。さらに、どうやっても恋愛などができそうにない人も、自分以外にも結構いるのではないか(たとえば、矢野隊長とか兄さんとか……個人名あげるのは気がひけるが)。こういう人たちが、不要なコンプレックスを抱かずにすむ方法についても、考えていく必要があるではないかと思います。

 ここで、最近拝見した記事を紹介したいと思います。*8 Web漫画などを公表しているやまなしレイさんの 漫画やゲーム等のレビューなどのblog「やまなしなひび-Diary SIDE-」*9の以下の記事。

「彼女はいません」―――

 “日本一モテない男”を自称しているほどの僕ですから、何十回・何百回と繰り返してきた言葉です。

 言っちゃナンだけど、僕はこのブログを読んでいる誰よりもモテない自信がありますし、今後も死ぬまで独り身で生きていくんだろうなとは思っています。諦めというよりは、覚悟。だからこそ僕は生きているのだし、何ら恥じることはない、そんな自分を誇らしいとすら思います。

「彼女はいません」が恥ずかしくない社会へ やまなしなひび?Diary SIDE?

 (これまで見てきた非モテ系blogの調子とあまりにも異なっているので、最初、冗談なのかとか 疑ってしまったのですが、やまなしさんは真にそう考えておられるようです)

 なぜ私がこちらを紹介するかというと、やまなしさんが「モテない自分」を卑下したり自己嫌悪したりせず、自分自身を自分で認めておられるからなのです。この考え方こそが、重要ではないかと考えます。自分自身が自分を卑下しないこと。これこそが重要です。

 先に紹介したハリス氏もこう言っています。

ハリス でも私は、今お話ししたような考え方──つまり黒人であることの劣等感からは脱却しました。この『ちびくろサンボ』のどこがいけないんでしょうか。

(『ちびくろサンボ』絶版を考える、径書房、P165)

 念のためですが、ハリス氏は別に肌を白くしたりして白人に近づいたわけではない(本人のサイト(http://www.geocities.jp/hitidemelody/hitide.htm)や、http://blog.livedoor.jp/m-91_73914/archives/12997013.htmlなどを見るとわかる)ようです。黒人でありながら、黒人であることの劣等感から脱却できた、ということなのでしょう(具体的にどのようにしてハリス氏が脱却できたのか、「『ちびくろサンボ』絶版を考える」では明確でないのが残念)。

 では、どうやって「自分自身が自分を卑下しないこと」ができるか。森岡氏は「草食系」でこう主張されます。

 したがって、なすべきことは、自分と他人をたえず比較して落ち込んでしまうというその「心のはたらき」を、解体していくことである。

 そのためには、このちっぽけな、欠点だらけの自分という人間を、まずはそのまま、まるごと認めてあげることだ。

 いまの自分は、どうあがいてもいまの自分でしかないのだから、もう他人や、世間の一般的な基準と比較することはやめにして、「自分は自分、もう逃げも隠れもしない、これがまるごと自分の真の姿なのだ」と腹をすえて、そういう自分の存在を正面から肯定して、許してあげることだ。

 いまの自分を肯定して、許してあげるとは、「私は、こういう私でしかないのだから、それを他人と比較して落ち込んでみてもなんの意味もないのだ」というふうに、心の底から思えるようになることである。

「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P165~166)

 この「自分という人間を、まずはそのまま、まるごと認めてあげる」「他人と比較して落ち込んでみてもなんの意味もないのだから、自分は自分と割り切る(他人や世間の価値観などに追従しない)」ということが、ハリス氏ややまなしさんのような考え方ではないでしょうか。

 やまなしさんの考えをさらに引用いたします。

僕も昔はモテない自分が嫌でしたし、「この先、生きていてもイイことなんてないんだろうなぁ…」と思っていましたが。「恋愛」をしない方が、お金も時間も自分に投資が出来るということに気付いてからは、モテない自分もそんなに悪くはないなと思うようになりました。

 僕が23~24歳から「よし!年齢的にラストチャンスだろうから漫画を描いてみよう」と描き始めたのは、「彼女がいない」おかげで絵を練習する時間が十分に取れたからだと思っています。まぁ、それでこの絵かと言われるとグゥの音も出ませんが、一応お話を作れる程度にはなったんで良かったと思います。

 「彼女がいない」おかげで今の自分がある―――

 モテない体に産んでくれてありがとう、お母さん。

(「彼女はいません」が恥ずかしくない社会へ やまなしなひび?Diary SIDE? この強調は原文のまま)

 だから……

 だから、僕は勇気を持って、胸を張って、ここに記さねばならない。

 やるべきことは、自分に出来ること。そして自分にしか出来ないこと。



 僕には彼女がいません。

 そして、今後も出来ることはないでしょう。

 でも、僕はそれを恥だとは思いません。

 「彼女がいない」ことで得たものが沢山あります。僕はそれに感謝をしています。

(「彼女はいません」が恥ずかしくない社会へ やまなしなひび?Diary SIDE? この強調は原文のまま)

 そう、だれもが恋愛とやらにふける必要はないのであって、恋愛ができない人は別のことにエネルギーや資源を生かせばいい。松田道雄の名著「恋愛なんかやめておけ」にも書いてあるように「人生には恋愛のほかにおもしろいことがたくさんある」と言うことでしょう。単純なことなのですが、森岡氏が指摘する「「恋愛できない若者はどこかおかしい」と言わんばかりの風潮」によって、そう思えない人もいるのだろうと。

 ……というわけで、私も以前はモテない(つーか彼女いない歴=年齢)自分が非常にいやだったのですが、今は「自分がいやだ」などとは考えないようにしております。自分はたしかに「容姿がよくないとか、とても太っているとか、人前でうまくしゃべれないとか、学歴が低いとか、頭が悪いとか、スポーツがぜんぜんできないとか、モテない」人間なんですが、それでも自分自身への「コンプレックス、劣等感」に悩むのはやめにしようと。また、いままではゲームや同人やらにはまるのが(その分 恋愛ができないので)後ろめたかったのだけど、今後は決して後ろめたいように思わないようにしようと。また、今後は自分の好きなこと……ゲームもそうだし、同人やら、古本漁りやら、昔の新聞のネタ探しとか、萌え連でのエロ画像探しとか*10、スチームやキラ速でのzip収集とか*11、そういうのに全力を傾注していこうと考えております。

(「草食系」にも「自分はもう恋愛の世界には入らないというのも、一つのいさぎよい決断である。/その場合は、恋愛についてあれこれ悩んだり、恋愛を批判したりするのをやめて、自分の人生でもっとも大事なものを目指して突き進んでいってほしい*12とある)

 「草食系」の書評というよりは、ほとんど劣等感話になってしまいましたが、このような「自分自身の劣等感や自己嫌悪」をなんとかしていくことが、私(および矢野隊長、兄さんなど)が直面している課題なのではないかと考えております。

(ただ、これをなんとかしたとしても、他人からグジャグジャいわれるのはどうにもならないわけである。やまなしさんの前述記事にも

 ただ……「彼女はいません」と発した後、その言葉を受け取った人が“それだけで僕という人間を判断し終わった”顔をするのには苦しくなります。友達も、家族も、ネット上を介した関係であっても、「彼女がいない」という一点だけで僕という人間を「可哀想なヤツだ」「人間的に問題があるのでは」「キモイ」「将来どうするんだろうコイツ」と判断してくる―――

(「彼女はいません」が恥ずかしくない社会へ やまなしなひび?Diary SIDE? この強調は原文のまま)

とあるように、他人からこのように判断されたり非難されたりするのはどうしたらいいのか という問題が残っているわけで)

*1:あとBK1のhttp://www.bk1.jp/review/0000468318なども参照

*2:この章については、ほかのサイトの記事などではあまりとりあげられていない印象がある

*3:よりくわしい わしのステータスはhttp://hebomegane.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20070814/1187093064参照

*4:喪男らと、社会的・法的な差別が厳しかった黒人・被差別部落出身者などとをイコールにするのは問題があるとはわかっているが、他人から侮蔑・侮辱されることについて 両者はけっこう共通点があると思うので、本稿では黒人などをとりあげている

*5:なお、私(高橋)はちびくろサンボは差別的な意図で書かれたものではないという考え。この件については別に書きたい

*6:なお、「『ちびくろサンボ』絶版を考える」には「サンボ」が差別的なので絶版にすべきという立場の黒人も意見を寄せているが、あまり読む価値はない

*7:この箇所は「ちびくろサンボよ すこやかによみがえれ」の脚注によると、辻信一著「ハーレム・スピークス」という本によるもの。「ハーレム~」原文は高橋は未読

*8:あまりはてブがついていないが、重要な記事ではないかと思う

*9:関係ないが自分は最近こちらのサイトのファン

*10:いや、それは違うだろと(自分ツッコミ)

*11:いや、それも違うだろと(自分ツッコミ)

*12:「草食系男子の恋愛学」(森岡、メディアファクトリー、P173)

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20081012

2008-08-30

[][][]自分は「オタク」だけど「オタク」ではない 22:31 自分は「オタク」だけど「オタク」ではない - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分は「オタク」だけど「オタク」ではない - だんぺんぶこみっく

(タイトルは“自分は(世間から見たら)「オタク」だけど(真のオタクらからみると)「オタク」ではない”ということ)

1(自分は中途半端である)

ふだん自分のブクマのコメントなどをみておられる人はわかると思いますが,自分は2次が好きで,2chまとめブログの画像スレとかで「けしからん,zipをだせ」とか書いてることなどから 結構「おたく」*1だと思われていると思います。

しかし,私(高橋)は,「世間*2からみたら自分は「おたく」なんだろうけど,ほんとにアニメとか好きなマニアの人達からみたら,中途半端すぎて全然「おたく」ではない」というコンプレックスに,以前から結構さいなまれているのです。

2(アニメの話題に乗れない)

例えば,いま「崖の上のポニョ」とか「スカイクローラー」*3などの,話題のアニメ映画の感想記事がはてなやその他のblogで注目されていたり言及されているが,自分はこれらを一切見ていないので これらにコミット(言及など)できません。(仮に何か言っても,見ていないんだからすべて的外れになるだろうから)したがって,webのオタク系ニュースサイトやはてブなどの話題に,かなり置いていかれているわけです。

これだけではなく,近年話題になった,または最近話題となっている以下のアニメなども,実はいまのところ全く見ていません。(2chまとめblogのアフィに張られてる画像などを参考に,人気になってそうなのを選んだ)

  • ポニョ*4
  • スカイクローラー
  • エヴァ(TVも,最近の映画も)*5
  • ハルヒ
  • らき☆すた(これは永井先生の動画で間接的に見たことがあるが)
  • コードなんとか
  • ガンダムシリーズ,マクロスなど
  • ストライクウィッチーズ(これについては,お時間のある方は本記事の子見出し6を参照)

なぜこれらのアニメを見てないのかというと,ある理由によって立てた,「日本製アニメは(古いものの再放送などを除いて)決して見ない」という,自分のポリシーというか誓いによるものです(この誓いをたてた理由は,我ながら幼稚なので言いたくないのですが)

したがって,はてななどで話題になっているアニメ関係の記事に,昔から自分はほとんど参加できていないわけです(作品ではなく アニメ業界全般に関するニュースなどは除く)。アニメおたくの人達のサイトを見ていると,たいていの新作TVアニメや新作アニメ映画などに,皆さん積極的に参加して(視聴して)*6感想などで盛り上がっておられるのですが,自分はそういうのに参加が難しい。

3(最近のゲームについても同様)

アニメだけではなく,おたく界*7で人気があると思われる,以下のゲーム(エロゲ含む)の作品も,いままで一切体験できていません。

だからニコニコ動画などで出てくるこれらのMADや,ゲーム系blogなどでこれらのゲームについて取り上げてる批評記事などをみても,そのネタをあまり理解できず,さびしいわけです。(これらのゲームがプレイできないのは,自分の意欲や,好みなど,いろいろな理由による)

逆に,自分が最近プレイしてる,あるいは昔プレイして今でも好きな以下の作品

  • アドバンスド大戦略シリーズ
  • The Atlus(初代プレステのネオアトラスシリーズ含む)
  • テトリス武闘外伝
  • 幻影都市
  • (追加)ガーディアンリコール
  • 龍が如く(以下 龍如と略)シリーズ
  • MGS(Metal Gear Solid)シリーズ(OPSと,最近のMGS4はプレイできていない)
  • 悪魔城ドラキュラ 闇の呪印(以下 闇の呪印と略)*9

などについては,おたく界で話題になることは あまりない*10。よって,ゲームについても主流の話題に乗り遅れてるというわけです。

特に,東方*11とアイマスとFateが未体験なのが,本当に痛いわけです……この前の夏コミでも,これらのパロサークルがいっぱいあったが,そのパロ同人を読んでも意味が分からず,ほとんど見たり買ったりできなかった。

4(自分の(幼稚な)ポリシーや性格)

「じゃあ,見たり遊んだりすりゃいいだろ」と思われる方もおられると思います。しかし,その,また幼稚な話で申し訳ないのですが,自分は「いま 流行っている作品」に,なぜか無意識に反感みたいなものを抱いてしまう性格で,*12これらを見たり遊んだりすると,これまで築いてきた自分のポリシーが崩れてしまうように思えて,見たり遊んだりするのをどうしても躊躇してしまっていたのです。


 )
 ) 俺が………
 ) 消える………!
 )
 `Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    // /
ガン                ∧_∧ ∧∧ ∧_∧ グレイフォックスか
   (-_- ;)         (´д` ;)(゚д゚;)(・∀・ ;) お前は
   // //. r `ヽ
 ∑(    )∪ て)
  `Y⌒Y⌒ '  ̄
      ガン

この性格は昔から(小学1年生のころ)でして,小1のころ自分は「仮面ライダースーパー1」みてたのにクラスの他の皆は同時間帯の別のアニメみてて 全然話があわず,みんなの中に入っていけなかったという過去がありましたが,中学・高校・大学(中退した)時代もそうでして,アニメやゲーム好きなクラスメイトは結構いたのに,彼らとも満足に付き合えないことが多かったのです。そして今までこの性格が継続している。

で,昔は「他人が注目しない作品をおもろいと思える俺ってカコイイ」って勝手に思っていたのですが*13,最近はこれではだめだと思い始めています。

なぜかというと,自分は世間でも「外れ者」っぽい立場にいますが,おたく界でも「外れ者」になっている(「外れ者」とは,周囲の大多数が共通で認識している話題や,好きな作品などについての知識がなく,他人と満足にコミュニケーションできない者のことを表す 自分の造語)わけで,このようなままではまずいのではないかと考え始めています。

自分は,いくつかの同人即売会に裏人格*14でサークル参加もしており,そこで隣のサークルさんや一般参加の人と ふとしたきっかけでちょっとお話したりすることもあるんのですが,他の人は最近のアニメとかよく知ってるけど自分は知らないので話題が盛り上がらず,親しくなれずに会話がENDになることがほとんどで,何年も活動してるのに同人界でも友人がほとんどできないままだったりするわけです。また,ブログなどのwebの世界でも同様です。

逆に,自分は好きだけどあまり話題になっていないゲームなどのネタ,たとえば,

  1. 「ヘクターとアイザックがコルドバの街で戦ってた時にジュリアが割って入ったが,どうやってジュリアはあそこまでこれたんだ(トラップとかあったのに)」とか,
  2. 「やっぱ妖鋼妃アーヤが一番萌えるけど ツナギ着せないでくれドク」とか,
  3. 「実は序盤の地上兵器でいちばん優秀なのはデマーグD7じゃないか(経験値あげて森などに配置すれば敵戦車ともやりあえるし,航空機止められるから)」とか,
  4. 「最後の方で 高島はなんで一人で神室町ヒルズにやってきたんだ? 近江高島会って人材不足なのか」

などという話題を即売会とかで話したり,あるいは自分のblogの記事で書いたりしても ほとんど理解してくれるひとはおらんのではないかと。(お分かりの方おられるでしょうか。1,4はともかく2や3がもしわかる人いたらえらいですよ*15)。

4までを整理すると以下のようになります。

  • 普通の(?)アニメやゲームなどの「オタク」は,世間(一般社会)では「外れ者」であっても,おたくの世界では仲間(同行の士)が結構いて,友人などもできて楽しめる
  • しかし自分は 世間(一般社会)で「外れ者」で,いまのところおたく関連の世界でも外れ者である(二重に外れ者である)

というコンプレックスのようなものがあり,最近はなんとかしなければと思い始めているのです。(でも 今からアニメとか見るために誓いを破るのも大変で)。それに,はてな周辺には,エロゲに詳しくなんでもエロゲに結びつけて考えるid:kagamiさん(惜しくも消滅)や,アニメなどに造詣が深い方々(id:kanose村長やid:y_arimさん*16など)といった,自分よりもずっと濃いおたくの人たちが大勢おられるようで,その人たちと比較しても自分は中途半端であると思い始めています。

……ていうか,先の「日本製アニメは見ない」とか,「はてな匿名ダイアリはブクマしない」とかの 自分に課している誓いや制限が,実は自分を無意味に縛っているのではないかと分析しています。自分は修行がまだまだ足りんようです。

…というわけで(何がだ),龍如とか闇の呪印*17とか幻影都市などで語れる方,希望

6(以下,余談)

以下は完全に余談ですが,「ストライクウィッチーズ」というアニメが,最近なぜか気になって心に引っ掛かってしかたない。仕事に没頭してる時などを除くと,なぜかこのアニメの絵(前述の2ch系blogのアフィで見た画像など)が心に浮かんでしまうのであります(以前,Twitterやはてなハイクでぼやいた…->no title)。なぜなのか自分でもわかりません。しかし見ると前述の誓いが……なんとかしてこのアニメの記憶だけ消したい

(追記:書き忘れてた作品を追加しますた)

*1:現在は「オタク」のほうが一般的だが,自分は「おたく」にこだわっているので以後この表記

*2:一般的な人達

*3:正式タイトルが気に入らないのでこの表記

*4:まぁこれは宮崎が嫌いなので見ないけど

*5:綾波だけは好き

*6:あくまで自分の印象だが

*7:特に同人やニコニコ界隈

*8:ひさしぶりに読みなおしてマジで恥ずかしくなった

*9:ちなみに龍如と闇の呪印は,ひろくん(永井先生の弟)のプレイ動画を見て興味をもったので買った

*10:MGSは一応除く

*11:それにしても,なんでこれが同人であんな人気なのかいまだに(ry

*12:これについてもニコニコ部から追放覚悟でアイマス周辺について自分の感情をぶちまける - 高橋のゲーム実況(旧:ニコを追うものニコを得ず) - ニコニコ部で似た感情を書いた

*13:我ながら中二病全開で恥ずかしい

*14:エロ同人とか出すときに使用している別ハンドルのこと

*15:念のため,固有名詞で検索して調べるのは無しで,現時点の知識でわかるかどうか 検証してみてください

*16:ちなみに,記憶違いかもしれんが,以前のどっかの記事のはてブコメントでこの方が「幼女の放尿が萌える」などと言っていたのを見て(-_-;)oO「俺と同じ匂いを感じる……」と思った

*17:とくにティラミス萌えの人

y_arimy_arim2008/08/31 01:10それは「そういう種類のオタク」ってだけだと思うよー。
ってか、別に同時代の文化としてのオタク文化がすべてではないからね。

1. 「ヘクターとアイザックがコルドバの街で戦ってた時にジュリアが割って入ったが,どうやってジュリアはあそこまでこれたんだ(トラップとかあったのに)」とか,
2. 「やっぱ妖鋼妃アーヤが一番萌えるけど ツナギ着せないでくれドク」とか,
3. 「実は序盤の地上兵器でいちばん優秀なのはデマーグD7じゃないか(経験値あげて森などに配置すれば敵戦車ともやりあえるし,航空機止められるから)」とか,
4. 「最後の方で 高島はなんで一人で神室町ヒルズにやってきたんだ? 近江高島会って人材不足なのか」

それはぜひ語り続けてほしい。ぼくの経験上、「よくぞその話をしてくれた!」と両手を握り締めてちぎれんばかりに振り回すひとというのは必ずいる。じぶんがそうする立場だったこともある。
それこそが、広く浅くではなく、狭く深い共感ツール(あえて共感ツールと言おう)としてのオタク文化の醍醐味ではないかな。
まあ、それとは別に、あまり自分に縛りをかけるのは精神衛生上よろしくないので、ストライクウィッチーズが気になるなら見ておしまい、と言いたい。自分で立てた誓いを破ることになりそうで躊躇しているようだけど、「我ながら幼稚」と思っているものの大半は、案外大したことがなくて、少し見方を変えれば何かソリューションを提示できるものだったりもする。もちろんそんなん余計なお世話だろうけど、TakahashiMasakiさんがアレを見て何かを語るのなら、ぼくと一緒にストライクウィッチーズを語れる相手がひとり増えるわけだ。それはきっといいことなのだ。

ちなみに幼女の放尿は人生である。

schizo-08_08schizo-08_082008/08/31 09:23今は、そういう、主流のオタク像、本当のオタク像から外れたオタクの方が多いと思いますよ。オタクという存在が、あまりに世間に拡散した結果、オタクと一般人のグレーゾーンに位置する人が増えてきたのでしょう。それは、当然だと思います。
詳しくは岡田斗司夫の「オタクはすでに死んでいる」をご覧ください。

SiTubeSiTube2008/09/01 02:48こんばんは。

作品のジャンルが広がり、更に個々のジャンル内にも作品が多過ぎるため、これは仕方ないことだと思います。
書店のラノベコーナーとか見ても、あまりの作品の多さにこれ全部読むなんてとても無理だろうと頭を抱えてしまいます。
パスしたい作品があってもおかしくありませんし、逆にその時点でパスしても後で何かの弾みで関心が湧くかもしれないので
楽しみを取っておいていると考えればむしろ良いことかもしれません。
私はむしろ、流行りものは流行が過ぎて意見や感想や分析が出尽くしてからのほうが楽しめると考えます。
(エヴァブーム全盛期の頃に粗製濫造された謎本の類が、ブックオフの100円コーナーで絶妙な味わいを醸し出しています。全ての謎が解けた今なら、たとえ当時なら噴飯物の駄作だったような謎本であっても様々な意味で楽しめます)

幻影都市はMSXturboRを手放してしまったので残念ながらもうプレイできません。えらく洒落たゲームだった記憶があります。
幼女の放尿については、思うところがありますが長くなるので省略いたします。では。

 2008/09/01 20:13こういうのをオタクと言うんだと思います。沈没は成熟の証です。

kingatekingate2008/09/01 22:42>>デマーグD7
え、これって常識(AD大戦略において)ではw
私(とその身内)はSd.Kfz.222の方を活用していました。もちろん進化なんかさせませんよ。対空能力が無くなりますし。対ソ戦で全滅するまで使います。
ちなみに対人戦ではロ助の航空機装備ロケット弾に弱い(換装して使用)のでご注意を。面制圧で一方的にブッ壊されます。

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/02 03:24id:y_arimさん
どうも,コメントいただき有難うござます
>それは「そういう種類のオタク」ってだけだと思うよー。
>ってか、別に同時代の文化としてのオタク文化がすべてではないからね。
そうですね,…ただ,やはり「今 はやりでリアルタイムで見てるファンが多い作品」にすぐ乗れるかどうかというのが おたく界で話題に参加できるかどうかに響いてくると最近感じているのです

>それはぜひ語り続けてほしい。ぼくの経験上、「よくぞその話をしてくれた!」と両手を握り締めてちぎれんばかりに振り回すひとというのは必ずいる。じぶんがそうする立場だったこともある。
>それこそが、広く浅くではなく、狭く深い共感ツール(あえて共感ツールと言おう)としてのオタク文化の醍醐味ではないかな
私もそうなので(この記事に書いたとおり)同感です(ユーザは少なくてもいいから深い話がしたい
>まあ、それとは別に、あまり自分に縛りをかけるのは精神衛生上よろしくないので、ストライクウィッチーズが気になるなら見ておしまい、と言いたい
いま悩んでおります(放映時間がいつかとかすら知らないアニメなのですがなんか気になるので
>ちなみに幼女の放尿は人生である
まったくそう思います(こらこら

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/02 03:27id:schizo-08_08さん どうもです
>今は、そういう、主流のオタク像、本当のオタク像から外れたオタクの方が多いと思いますよ。オタクという存在が、あまりに世間に拡散した結果、オタクと一般人のグレーゾーンに位置する人が増えてきたのでしょう。それは、当然だと思います。
そうでしょうか…2chまとめサイトやニュースサイトを見てると,いわゆる主流の作品に関する情報量の方が圧倒的に多いように感じています(人気なんだから当然だけど
>詳しくは岡田斗司夫の「オタクはすでに死んでいる」をご覧ください
岡田ブ…い,いや,岡田としおの本ですか,見るつもりです

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/02 03:35id:SiTube さん こんばんは(深夜に書いている
>作品のジャンルが広がり、更に個々のジャンル内にも作品が多過ぎるため、これは仕方ないことだと思います。
>書店のラノベコーナーとか見ても、あまりの作品の多さにこれ全部読むなんてとても無理だろうと頭を抱えてしまいます。
ラノベは自分も読んでみようかと思うものが結構あるのですが,あの量だと読み切れませんので自分も同感です(有名なものだけ読めばいいのかどうかは まだわかりません
>私はむしろ、流行りものは流行が過ぎて意見や感想や分析が出尽くしてからのほうが楽しめると考えます
こちらもそう思います(自分はPS2(3じゃなくて)買ったのがごく最近で,いまになってPS2の人気作を遊んでいるという かなり他より周期が遅れた遊び方をしております)
>幻影都市はMSXturboRを手放してしまったので残念ながらもうプレイできません。えらく洒落たゲームだった記憶があります
あれ,あの時代にあれだけ動くビジュアルシーンを(しかもポリゴンじゃなくてドット絵で)描いていたというだけで歴史に残る作品だと思うのですが,最近は語られなくて悲しいですほんと

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/02 03:36>こういうのをオタクと言うんだと思います。沈没は成熟の証です。
?("沈没は成熟の証です。"ちょっと意味が…もっと詳しく説明いただけると幸いです

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/02 03:45id:kingate さん ありがとうございます
>え、これって常識(AD大戦略において)ではw
>私(とその身内)はSd.Kfz.222の方を活用していました。もちろん進化なんかさせませんよ。対空能力が無くなりますし。対ソ戦で全滅するまで使います。
あ,やっぱりデマーグが使えるの常識だったんですね
Expを250までなんとか上げてから森において敵の戦車をひっかけて倒す(機関銃が2階攻撃なのでじつは見かけより攻撃力が高い)とか 歩兵周辺に囲うようにおいてZOCで敵の爆撃機をシールドするとかよぅ使ってたものです(こういう話ができるのがうれしい
Sd.Kfz.222は…使ったかどうかおぼえてないです。偵察力が高い装甲車でしたっけ(すみません,私は頭が弱いので策敵なしでやってました)
>ちなみに対人戦ではロ助の航空機装備ロケット弾に弱い(換装して使用)のでご注意を。面制圧で一方的にブッ壊されます
それは知りませんでしたです(対人戦もやりたい(やりたかった)のですが相手がいないもので…)あとカチューシャにつぶされた思い出がある

7747742008/09/03 01:02オタクとしてマイナー趣味になりがち、との事なのですね。
オタク趣味はあくまで趣味なのですから自身がどう楽しめるかが
肝要ではないかと思いますよ。
周りと話が合わなくてもTakahashiMasakiさん自身が楽しいならば
どんな趣味に走ろうともそれで良いのでは。
ただし周りとも話を合わせられなければ楽しくない、困る、という
のであれば、TakahashiMasakiさんから周りに合わせなければ
ならないでしょうね。周りがTakahashiさんに合わせてくれる事は
少ないのですから。
仮に私は空き缶のプルタブ集めが趣味ですとアピールしたとしましょう。
TakahashiMasakiさんは私と話を合わせられませんよね?
つまりそういうことなのですよ。
ストライクウィッチーズにしても自身が見たいならば見たら
よろしいのでしょう。TakahashiMasakiさんが見ても見なくても
特に誰かが損するわけじゃありません。TakahashiMasakiさんが
どう得をするかじゃありませんか?

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/09/03 18:45>774 さん どうもこんにちは
>オタクとしてマイナー趣味になりがち、との事なのですね。
>オタク趣味はあくまで趣味なのですから自身がどう楽しめるかが
>肝要ではないかと思いますよ。
そですね…自分自身はたしかに楽しいんです,が,やっぱ一人だけだと
いまいち楽しめないこともあるので(記事に書いたイベントのときなど)
話が分かる人がいれば少しはなぁ と感じてます
>ただし周りとも話を合わせられなければ楽しくない、困る、という
>のであれば、TakahashiMasakiさんから周りに合わせなければ
>ならないでしょうね。周りがTakahashiさんに合わせてくれる事は
>少ないのですから。
これは昔からそう思っております(昔,小学生のころ,クラスでキン肉マンが
大はやり状態でほかのみんなはすべてノートにキン肉マンパチもんマンガを
鉛筆でかいてみせあってたのですが,自分だけは特撮ファンなので
オリジナル怪獣漫画を公表したものの だれも読んでもらえなかった
記憶が……( (-  ;)

>仮に私は空き缶のプルタブ集めが趣味ですとアピールしたとしましょう。
>TakahashiMasakiさんは私と話を合わせられませんよね?
>つまりそういうことなのですよ。
これはわかります,ただ,自分だったら「それはどこがどう
面白いのですか」みたいに聴くと思います(話すのがにが手だけど
そのぐらいはできる…と思います)

>TakahashiMasakiさんがどう得をするかじゃありませんか?
ええ,結局は自分がみたいか(楽しいか)どうか なんだと思います

7747742008/09/03 22:00結局人は自身に興味のある事、知っている事に対して
関心を寄せますから、TakahashiMasakiさんも自身に興味の
無い事に首を突っ込む事は少ないでしょう、という意味で
意見させて頂きました。Takahashiさんの様なマイナー趣味
におちいりがちの方が世界には数えられない程いる
と思いますがTakahashiさんは彼らには目を向けていないと思います。
それと同様にTakahashiさんも目を向けられていないというだけの事なのです。

ならば目を向けてもらえるようにするしかない、
あるいは、皆が興味を持っている事を自身で共有して
いく他ないのでしょう。とりあえずはTakahashiさんから
同好の士を見つけるくらいの努力はすべきでしょう。
だまっているだけで誰かに見つけてもらえる、というのは都合が良すぎます。

2008-07-31

[]はてブ コメントへの回答 11:25 はてブ コメントへの回答 - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - はてブ コメントへの回答 - だんぺんぶこみっく

9:00ごろの時点での はてなブックマーク - いいかげん「ブラクがいてよかったわ!」のおばさんのまねはやめないか、みんな - だんぺんぶこみっく - 断片部 (http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20080729/1217337205 のはてブコメント)に回答します(なお,タグだけでコメントが付いてないもの,コメントが短すぎて意味がよくわからなかったもの,第3者への批判的なものは除いた)

すべてに個別に回答するのは無理なので,恐縮ですが類似したコメントをまとめております(追記:抜けがいくつかあったので追加)

 

1-「「ブラクがいてよかったわ」がいてよかったわ」(以下ループ),人間の差別心,優劣の比較は避けられないこと,デフォルトの差別意識

kanose 差別 そういう人を見ると、あーそういうことでしか発散できないかわいそうな人なんだねーと思ってしまう

gadgetman 心理 ほんと、ある種の属性をエントリ立ててまであげつらう人の醜悪さったらないよね。そんな時はこの台詞→「いまのあんたがいちばんみにくいぜ!」

denden-cafe 矛盾 差別は劣等補償。んで、ボクは差別なんかしないいい子なんだもんねー、アイツらとは違うから、と書き募るのも劣等補償。人間って厄介だね。

yuaaa スイーツ スイーツがいてよかったわwモテがいてよかったわ!リア充がいてよかったわ!

Untouchable 差別を悪びれずに出来る人と、差別心を持ちながら(人間である以上なくすのは無理でしょう)差別を否定せざるを得ない人ではどちらが健康と言えるのだろうといつも考えてしまう(そして結論は出ない)。

ryuzi_kambe Social 人間は比較する生き物ですし、それをひっくり返すと向上心になったりするんですよ~/↓「MY LIFE AS A DOG」、お正月に録画してあったやつを、一昨日ちょうど見たばかりだったからタイムリーで驚いた

hasiduki 俺はこのエントリで挙げられたバカどもとは違うよ、とか思ったり思ったり。

mike_n 差別, 心理 差別もある程度はやむを得ない心理だが、「差別をせずに己を維持することができない」のはもはや病理(ぱっと見優位に見えて、その実自分に全く自信の無い者がこの状態に陥る) しかるべき措置を取るべき。

makoto0631 society 共感できる。共感できるのだが、こういうのが無くなると自分を保てない人間がもっと増えるのかもしれない。

lylyco 差別 中には「本当は優位であるという事実はなにもない」ということを解からず、本心からモテで金持ちの自分は「本当に優位」だと思ってる人もいるかもしれない。この手の蔑みは差別ではないということなのかな。難しい

letatlin clip  ブラクがいてよかったわ!って言う人がいてよかったわ!

goldwell 考察, 差別 ホント人間って厄介ですね。どんな立派に見える人だろうが、意識下で劣等感だとか差別意識が根付いていて、それが精神的な保障にもなれば時には暴発することもあるんだろな。

Arasi 社会, 差別, 考察 人間という種が根源的にもっている醜さというものに触れた事がある人にしか響かない。ひどい方は一生気がつくことはない。

atoh 差別 “衣食足りて礼節を知る”/古典的な差別が否定され経済力が落ち込んで来たために新たな差別の種をみな探している。/ワシも“××は在日”とか書き込みしてる奴を蔑んで、心の安寧を得ている

mantrapri 人間の「幸福」の確認は大半が相対的な比較によって行われるので、このプロセスを丸ごと無くすと「甲斐」というもの自体が消滅する

dokuo00 100年前は人種差別制度、奴隷制度、植民地制度が国家レベルで普通にあった。人類平等の考え方自体すごく最近のものだし。差別意識は人間にデフォルトで備わっているからやっかい

sdv 「あー、2chヲチ板とか痛いニュースとか匿名ダイアリーとかで匿名でひどいことを書く連中がいてよかったわ」

yajicco 良エントリ 人間って上を見るより下を見たほうが楽なんだよね。/痛いニュースはニュースもさることながらレスも痛いのが面白いよな、とかオモタ

sugnim 例の中にまりねこさんがいてよかったわも加えてはどうか。

banjun 社会, 差別 差別が存在しても,その方向が分散あるいは循環していればいいのかもしれない。かんたんな循環例「マカーがいてよかったわ!」「ドザーがいてよかったわ!」

himagination ブーメランだっていいじゃない

ayumu-nishizawa 下段びな 下内裏様と下ひな様がいてよかったわ! / 下を向いて歩こう涙がこぼれても

hamanako おばさんの処世術と差別は別の問題だと思うんだな、俺は。前者は人と一線引かないと生きられない状況に対する防衛。そういうのなしでも、差別はあるよ。そういう感情を必要としない冷たい差別がね。そっちのがヤバイ

以上はかなりするどいと思いました。そう,"ボクは差別なんかしないいい子なんだもんねー、アイツらとは違うから、","俺はこのエントリで挙げられたバカどもとは違うよ"などといった考え自体が,「ブラクがいてよかったわ!」とほぼ同じ構造なのであり,人間の"優劣の判定"の考え自体が差別につながりうるわけです(これをどう対処するかは,実はまったく結論がでていない)

実際,内省すると この記事を書いている最中に「自分はこんなやつら(はて匿や2chの連中など)とは違う」と自分は考えていたわけであって…(かいてて鬱に

fromdusktildawn 別のタイプの差別もある。能力的に恵まれた人間は「オレはこういう人間になりたい」という理想を持っていて、その理想にそぐわない弱くてダメな人間を「クズだ」と感じて差別する。自己暗示の拡張形態なんだよね。

こちらもかなり同感です(非モテ・ニート等が批判される理由は,自分の記事の理由のほかにこれもあるのかと)

2-差別心を露呈するかしないかどうか問題

haru666 認識するという事の性質上分別≒差別は避けて通り用が無いわけで…。誰誰よりマシ、と思わない事なんて私には不可能。おそらく物心ついた時から誰よりも親に認められたいという願望があったし。

toward_to_terrada 差別論 誰しも差別心はある。それを隠すか露にするかだけであって。まあ、差別心を隠せるか隠せないかは教養如何

furukatsu 差別, 心理, 社会 自分がいわゆる差別的な言葉を使わずにすんでいるのは、恵まれているからかもしれない。左翼って実は恵まれてる人多いよね。

snsn9pan 心理, 文化, 社会学 ときに人間は差別をしてしまうものだが、そんなものは胸の内に押し込んでしまい、外に出さないで欲しいと心から願う。差別を外に発散するほど君は偉いのか。そうか、そうなら、それはもうエロイな

こちらの「誰しも差別心はある。それを隠すか露にするか」「そんなものは胸の内に押し込んでしまい、外に出さないで欲しい」というのについては,別に書こうと思います

3-自戒・自省の必要性,劣等感のこと,とりあえずの解決策

KoshianX phychology, society んー、意識してなかったわけじゃないけど改めて考えると自分の行動にもこういうのあるよーな気もするなあ。はて、どうしたらいいのだろう

m_yanagisawa society むずかしい。時々思い出して自省するしかない。

feather_angel 自分はしてないとは言い切れない/もっとセコク誰かをハブにして一致団結するのも一緒だし。や、ほんと難しい/発言小町への米をよく知っているので……

makiton society 「あいつよりマシ」の論理。客観的に見れば空しいだけの論理だが、当事者にはそんな自覚無い場合もあると思う。他者と自分を比較しているうちに、うっかりそういう論理に陥っていないか気をつけよう。

yuwawan 忘れないようにしたい

inuimu 社会, 心理 人間の主張の殆どが劣等感補償を孕んでるきがするので(ブクマやブログで自身の正当性を主張する時とかも)、完全に排除はできないだろうけど、自覚的でありたいですね。

takhino 社会, 心理 差別の理由と構図。/心の安定機構として差別があるから無くすことは出来ないんだろうな。/でも無くせないならせめて差別に自覚的ではいたい。

morita_non 解決策は(自覚/非自覚な)劣等感を消し去ることしかないような。それ以外に道はあるか?私には不可能そうだし。/http://wiredvision.jp/news/200711/2007112019.htmlこんなのも。

dosankotv ふーん 差別=下に見る、としてしまうのは短絡的では?自他に優劣をつけることは心理的作用なので全て無くす事は不可能であるとするならば、差別の撤廃=差別対象の多様化(特定の属性に集中させない事)かもしれない。

asami81 社会, 心理, 差別, 読み物 差別しちゃう人を「悪」と決め付けるのも差別?これは区別?価値観?うーむ、こう考えると何が何だか分からないけど、やっぱり差別発言は見ていて悲しいから自分は言わないでいよう。

chnpk 思想 自分を絶対的に規定できる人間なんていねーよ。だから差別は必然で、問題は暴力に発展する場合だろ。それは自制心でなんとかしてね、と。

tradorok 差別 劣等感保障が人間にとって重要であることが分かったので、これからは効率的に自分の劣等感を保障してゆけるようなライフハックを模索してゆきたいです(できるだけ人には迷惑をかけない方向でね)

ite society わかっていても、難しい。劣等感があって実際に劣っている人を、なんとかして他の方法で慰めなくてはならないのだから。

tegi 同感。差別をなくそうってんじゃなくて、差別に気づこうってのがミソかと。

tragedy 人間 「やめないか」といっても品性下劣な人間の露悪は止められない。なので、この手のエントリで啓蒙をした上で、距離を置くのがいいのかなと

munyuu 教育, 歴史 他人の評価を気にしすぎる人が差別をしちゃうんだよ。そういうのはスマートにやりすごすか、ユーモアで包まないと。差別・被差別の両方をね

この問題のとりあえずの解決策は

  • 「自分自身の差別心に"常に"自覚的であること」
  • 簡潔に言うと「差別的な感情を思っても言動や態度に出したりblogとかに書かないようにする」(上のうちの“それは自制心でなんとかしてね”,“やっぱり差別発言は見ていて悲しいから自分は言わないでいよう”ということ)
  • あと,笑い飛ばすこと

しかないと考えております(他人の心の中は覗けないのだから)……って,簡単に書けば数行で済んでしまうことを 先の記事でえらい行数かけて書いていたわしはいったい何やねん

4-本文の趣旨または本文そのものを適切に引用していただいたもの

Masao_hate 差別, 心理, ナイスエントリ 差別は”自分の劣等感補償””人間にとって、自分の劣等性を見つめることは一番いやなことですね。差別者は、単に差別するのが面白いとか、そういう余裕のあるところで差別をやっているんじゃないんですね。”

pitworks 差別とプライド 自分が底辺と認識している人は、他人を馬鹿にする事で、自分を正当化する傾向がある。 // 私は、この辺の感覚が分らないから能天気と言われるのかも。

urbansea social  差別>>竹田青嗣 「自分よりも劣位であるといわれている人を利用して、相対的に自分が優位であると思い込むことなんですね」

mushi_cake 考察 「差別するということは、簡単にいえば、本当は優位であるという事実はなにもないのに、誰かを利用して自分が優位であると思い込むことですよね。」

filinion 社会, 心理, 読み物 すべての人間が持つ弱さ、己の劣等感を補償したいという思いが差別を生むことについて。

nornsaffectio 社会, 差別 自意識と品性の問題として。

popopom 読み物, 地上の話, クリリンのこと, fashion まさにファッショ。金持ちケンカせず。“差別というのは、自分の劣等感補償”“差別者の側もやむにやまれぬ追い詰められた事情がある”/スイーツ(笑)/人類みなチーマー/ギャル系とかビジネス系とかオタク系とか

皆さん,適切な個所を引用していただいて(または適切に要約されて)恐縮です

RPM 社会, 読み物 優越感ゲームのお話。

あ,そうか「優越感ゲームはやめろ」って一言で書けばよかったのか(…

5-社会への憂慮・制度について

society, 読み物 同意。最近は特に読むに耐えない言論が多いと感じていて、なぜこうも容易に人をバカにすることができるのか不思議でしょうがなかった。/絶対の自信を持っているからこそ他人を叩けるという人もいるだろうけど。

Louis 社会, 読み物 2ch内での韓国人/中国人差別は拡大再生産の流れでこういったかたちの差別は広がっているように感じる。危なくなったら「ネタだから」で逃げるだけで。差別が心の中で日常化してきている。

なるほど そのために作られた制度的差別が未だにそのために機能していること。/ 貧しくして怨むこと無きは難く

(あくまで自分の思い込みで,客観的根拠はないけど)最近はどうもこういうのが多くなっているようで悩みます(2chの場合,匿名なので発言の責任はとらないやつらが多い*1ため,より険悪になる)

制度的なものについては,自分のあつかえる範疇を超えているので 誰か考えてほしい

6-批判・dis(と思われるもの)

theart otaku, politics 小林よしのりを引くのはどうかと思うが、趣旨には共感

"小林よしのりを引くのはどうかと思うが"なぜでしょうか?(今の小林氏はどうかと思うのですが,昔(旧ゴー宣初期)の小林氏は自分はかなり好きだったので…

jituzon 差別 それはあなたも同じじゃないの? 「女」がいてよかったねー(棒読み)。



   ( -_- )           ∧_∧ .∧∧ .∧_∧
   (    )          ( ´-` )( ゚-゚ )( ・-・ )
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


  ?
   (; -_)         ∧_∧ ∧∧ ∧_∧
   (    )        (´-` ;)(゚-゚ ;)(・-・ ;)
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

…後半の意味がわからんのやけど(わしは「女」全般をきらったりした記憶がない…はてブではよく( -_- ) < 男女平等(笑)とか書いてるが,あれは女性の側ばかりが不当に優遇されている意見などに対して(発言小町に一部のトピの意見など)ツッコんでいるだけで女性全般がイヤっていったことあるかオレ)

それともhttp://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/okome_chan/20080526/1211808415 の( -_- ) < 惨事女最低!のことか?(これはギャグなのだが)

「それはあなたも同じじゃないの?」は確かにその通り(記事中にも はっきり書いてあるが)

t-murachi 差別, 社会成熟度, 心理 んーあーんー… TPO を弁えよう、っていう話なんだと信じていいのよね? 差別「意識」をなくして欲しい、という話なんだとすると、全面同意はできなくなってしまう。。。特にオタク・非モテ・ロリコンに関しては。

すいません,私,おたくであり喪男(≒非モテ?)であり かつ(2次限定だけど)ロリコン*2なんですが…(「意識」をなくすのは無理でしょう,きっと。だから,発言を控えてほしいということです)

rocky 社会 差別はよくないだろうが、「部落」はその形成の過程に問題があるわけで、オタクなどとは同一視できない。

自分は,(あとでコメントのほうに返答するときに書きたいのですが)「自分の意志(努力?)で解決できる属性(貧乏とか,今回の件ならおたく・非モテとか)についてはいくら批難(侮蔑・差別)してもよいが,自分の意志ではどうにもならない属性(人種・出身)については避難してはいけない」という考えに納得がいかないのですね(自分の意思で解決できようができまいが,侮蔑・差別はいけないことだろうと)

部落≠おたく等は承知の上で,「侮蔑・差別自体がいけない」との趣旨です。

Ivan_Ivanobitch 努力で脱却できる境遇、もしかしたら努力で脱却できるかも知れない境遇、努力では脱却できない境遇を同一視した驚くべき意見

上と同じで,努力で脱却できようができまいが,「侮蔑・差別自体がいけない」との趣旨です

misafusa 差別, 社会 まあそこへ持って行くだろうなと誰もが読めただろう。共感できる部分も少なくないのだけれど、明らかに実害を加えてきている輩と、ただ自分と価値観が違うだけの輩への、対処に対する扱いが同列なのがイマイチ

「価値観が違う」だけだったらとくに問題はないのですが,「おたくは気持ち悪い」とか「非モテは…」とかいう言説を表明されると,自分としては(実害はないが)やなわけです

そのほか

oriono 差別, 区別, あとで考える いくつか峻別すべき論点があるように思われる。とりあえず思いつくのは、「差別的思想/発言」「優等視・劣等視の軸/肯定・批判の軸」とか。難しい問題にチャレンジした功績は大きいと思う。これからも頑張って!

ありがとうございます (-_-;*)

Banyou life 自分とは住む世界や属性が違う人のことを語るのは難しいと思います。本当に分かるのは自分の住む世界や属するところのことだけなわけですし。

じつは書くの悩んだのでありまして(自分は被差別部落の出身ではなく,昔 部落差別関係の本を読んで調べてたぐらいなので,この問題に触れる資格があるのかと)でも「誰かが書かんとわからんやろ」ということで今回思い切って書いてみた次第

polyamid 社会問題とプロパガンダとフロイトがごちゃごちゃになっとる

andalusia good, society foreach ( {"非モテ","非コミュ","ニート","オタク","スイーツ(笑)","メンヘル","ワープア","中卒","高卒","ポスドク","派遣","日雇い","同性愛者","ウインプ","中国","韓国","北朝鮮","ジンバブエ"} : str) print(str + "がいてよかったわ!");

yucken 読み物 被差別部落出身でない事には自信が持てる! しかしまだ自分に自信がないだけだ!!

kennak 人 無意識に行う差別化/選民思想/良い悪いではない

r(-_- ;)?

cTak 差別, 社会 引用: 小林よしのり『差別論スペシャル』、竹田青嗣x岸田秀対談『「ちびくろサンボ」 絶版を考える』

厳密には『差別論スペシャル』ではなく「ゴー宣1巻」です(『差別論スペシャル』も持ってるんだけどいま見当たらないので,手元にあった1巻を使用。たしか『差別論スペシャル』に掲載されていたほうでは 多少コマのセリフが違っていた記憶がある)

あと『「ちびくろサンボ」 絶版を考える』の対談は,実は竹田青嗣,岸田秀のほかに灘本昌久氏も加わっていた鼎談です

motunabetarou アケシューター「東方厨がいてよかったわ!」東方ルナシューター「ノマシューターがいてよかったわ!」東方ノマシューター「キャラ厨がいてよかったわ!」東方キャラファン「同人ゴロがいてよかったわ!(いない)」

…すまん,東方やってないのでわからんのですよネタが

kiichi55 差別, 社会, 考察 それを誇り高き魂によってすべての人がやめることができるといいですね。

これは「それは到底無理だ」っていう皮肉と読んでしまった(自分も,自分程度の記事ごときでやめるようになるとは思えないが)。そういうことですか?

sigiko 誰もやめてくれなかったらどうするの?自分だけ我慢するのはシャクだから続けるの?

gamma_ut 中心-周縁, 倫理, 日本社会, 貧困 最後の言葉に深い諦念を感じる。人の数だけ世界があるのだろうか

先にもかいたとおり,自分程度の人間の意見で差別(侮蔑)などがなくなるとは思えません,しかし,誰もやめなくとも,自分自身はやめようと考えている(…っていいながらはてブで無意識にひどいのを書いたりするかもしれんけど)

mekokka ゆとりとか、バカキャラタレントとか。誰も彼も見下す相手探しに必死。皆精神的余裕がない。黒人差別の中心はプアホワイトでした。差別は貧者の発想です。

I11 平等, 差別, 高橋雅奇 逆に言えば、差別している人もまたある意味で弱者だ。本当の強者は差別せず、差別を利用して支配する。真の敵を見誤るな。参考図書→北田暁大『嗤う日本の「ナショナリズム」』http://tinyurl.com/622rwl

そのようで,差別する側(「おばさん」)なども弱者側である場合が多いようです(以下のコマ参照,ゴー宣の件の回のコマ)

f:id:TakahashiMasaki:20080731112117j:image

「ゴーマニズム宣言 第1巻」第16章,11コマ目より

zonia 差別 「ここを「増田」と略する例がよく見られるが、それは全国の「増田」姓の人たちに失礼なので、即刻やめろおまえら」詳しく聞きたい

いえ,たんにはて匿が嫌いで,自分がもし「増田」ってせいだったらいやだと思っただけのことです

mori-yoshiro いやいや、差別こそは人類の生み出した最大のライフハックであって、それをベタに信じて行動してしまう「子供」がいるのが問題なんですよ。

……

rAdio Recommend, Notice 非モテが「差別反対」を叫んでも、あまり効果がなかったり…何せ己が身が清い訳でなし。とはいえ、少なくとも「俺たち」と同程度には醜い、という事ぐらいは思い知らせてやりたい。そこで捨て身の非モテロリズム。

[Recommend]と[Notice]が両方ついてるのがきになる…(テロしたくなる気持はわからんでもないが,爆弾とかはやめてほしい


WinterMute 差別 おばさんが立派であることと、匿名でひどいことを言う人が悪いことが結びつかなかった。おばさんが匿名でひどいこと言っててもやっぱり立派なんじゃないの。

確かにそうです(このあたりの文(おばさん>>2chなど匿名)はよく考えずに書いたので,あまり論理的ではない)

eradiata 2ちゃんの発言をここまで真摯に受け止められるエントリ主の生真面目さがちょっと怖い。

…いやね,たしかに2chの発言はネタも多いと思うんですが,本気で書いてるやつも相当いそうなので

ROYGB 「MY LIFE AS A DOG」という映画の話を連想。主人公の少年の口癖が「宇宙に送られて死んでしまった犬よりはまし。」というようなもの。あと「ポリアンナ物語」で手違いによって人形ではなく松葉杖が届けられた話を。

…すんません,その映画観てないので ちょっとわかりません

vanish_l2 かつての被差別側からも「スイーツ(笑)」的な馬鹿にした逆襲的な差別構造があったりする。 昨今の "スイーツ(笑)<=>非モテ、ヲタ"構造みたいに。 戦争と同じで復讐が連鎖してるんだろうかね

以前,アメリカとかで黒人差別がさかんなころ,一部の急進派の黒人たちが白人らを「漂白された民族」とよんで侮蔑(?)していたとかいう話があります。最近の「スイーツ(笑)」とかも実はこれに近いのではないかと

qma5 column 俺もご多分に漏れずヲタクだし、この言論については理解できる部分も多いが、だからと言って、じゃあ逆の立場である「ヲタクを庇う言論は差別ではないのか」と言われるとそれも違うんじゃねーか、と思う

「おたくは気持ち悪い」とかの侮蔑(差別)的な意見に対して「いや,そうではない」とかいうのは一種のカウンター・ブローであって,これは大して問題ないのではないかとの考えです

esbee 興味深い, 社会 まさかとは思いますが、そのおばさんは小林氏の想像上(ry/ただ、心にすべての解決を求めても仕方ない気がする。『構造的差別』も加えて見ていかないとな

いや,このおばさんの話は本当だと思う(リアリティがあるし,「差別論スペシャル」での小林氏と組坂氏(解同の偉い人)との対談でもこの話があった)。「構造的~」については自分も同感です

*1:殺人予告とかでつかまったやつは別

*2http://blog.livedoor.jp/jin115/archives/51340273.html の画像でオナニーがふつうに可能である

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20080731

2008-07-29

[][]いいかげん「ブラクがいてよかったわ!」のおばさんのまねはやめないか、みんな 22:13 いいかげん「ブラクがいてよかったわ!」のおばさんのまねはやめないか、みんな - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - いいかげん「ブラクがいてよかったわ!」のおばさんのまねはやめないか、みんな - だんぺんぶこみっく

いや、最近ほんとやめてほしいので、このような文を書くことにした。

タイトルの"「ブラクがいてよかったわ!」のおばさん"については説明が必要なので、以下に記載する。

小林よしのり氏がかつてSPA(雑誌)に連載していた「ゴーマニズム宣言」*1の第16章「差別だらけの社会を糾弾せよ」は、以下のような話から始まる。

子供のころ近所に

すごいビンボーなおばさんがいた

おばさん「ねー小林さーん

お米かしてー」

その人はお米やらしょーゆやら

しばしば借りに来て ほとんど

返してくれることはなかった

「ゴーマニズム宣言」小林よしのり著、幻冬舎文庫、P46 2コマ目より、セリフのみ引用、なお、これ以降 セリフのみの引用の際は、改行は原文通り

この「ビンボーなおばさん」を、小林氏は子供のころ こう見ていた。

f:id:TakahashiMasaki:20080729220755j:image

前掲書P46 3コマ目より

上に引用したコマの説明のように、家庭の事情で貧しかったため、ドカチンで必死に働きながら4人の子供を育てていたおばさん。小林氏(1953年生)の小学生のころだから、おそらく1960年代前半のころで、まだまだ日本が貧しかったころの話だろう。「子供心に/わしは/たくましくて/立派な母親だと/思っていた」と、小林氏は考えていた(ポイント)。

しかし、このおばさんが、小林氏の母と仲の良い部落出身の女性を、いつもこう言っていたのである。

f:id:TakahashiMasaki:20080729220756j:image

前掲書P46 4コマ目より

「ブラク」というのが何か 純粋に分からなかった小林氏は、「ブラクって何ね?」と両親に聞き、両親にギクッとされる。「二度とそんな言葉は言うなよ!」

小林氏「それ〔引用者注:部落差別のこと〕なら学校で習った!

江戸時代の身分制度で今は

ないもんたい!」

父「それが

よくないことだけど

今もあるったい!」

母「あんたも結婚する時

ブラクの人としたら

親戚から縁切る

かくごでせにゃいかんのよ

サベツされるのよ」

前掲書P46 6コマ目より、セリフのみ引用

この両親の言葉に、とほうもない衝撃を受ける小林氏。この「サベツ」を、小林氏は「おぞましい行為」だと思っていたようだ(いま本がないので正確な引用ができないが、ゴー宣8巻ぐらいで評論家の すが*2秀美氏と論争になった際、「身ぎれいな部落の女の人よりも 人の悪口ばかりいうビンボーなおばさんのほうがよっぽどわしにはおぞましく見えていた」って感じの独白があった)。

なぜ このおばさんは、特に自分に意地悪をしたり被害を加えたりしないような、"身ぎれいな"部落のAさんに いつも「サベツの悪口」をしていたのか。小林氏は、こう考える。

(多少 多いコマ数になるが、重要な個所なので連続したコマを引用する)

f:id:TakahashiMasaki:20080729220757j:image

前掲書P47 1~8コマ目より

あー楽しいわ

他人をさげすむって!

「自分に誇りちゅーか

プライドがよみがえる

感じでスッキリするわ!」

「やっぱ自分がみじめに

感じたらとにかく

あいつらをサベツすることね

「そーすれば何だか

気が晴れる!」

ブラクがいて

よかったわ!!

(画像が表示されない環境のために 前掲書P47 6~8コマ目をテキスト化したもの、強調引用者)

…いま、読んで腹を立てた方、その気持ちはよくわかる(わしも、最初に読んだとき*3「なんだこのババアしねよ」って真剣に思った)。このおばさんの考えは、当然 許し難いし、また論理的にもおかしい(「運が悪かった」からビンボーはしょうがないんだったら、部落出身者だって「運が悪くて(=自分の意志では選べなくて)」被差別部落の地域に生まれたのであり*4、非難すべきことではない)。

しかし、このゴー宣16章を読んでからしばらくして、自分自身の経験や感情もかんがみて自分はこう思うようになった。

「人間は、このように「ブラク・国籍・人種」などといった無意味な属性によって、無関係の他人を(たとえ心の中だけにとどめるとしても)差別したり侮蔑したりしてしまう*5生物なのである」

のちに読んだ「「ちびくろサンボ」 絶版を考える」の巻末の対談のなかで、岸田秀氏はこういう。

岸田〔引用者注:和光大学教授 岸田秀氏〕 差別というのは、竹田さんがおっしゃる通り、自分の劣等感補償なんですね。差別が劣等感補償だということを差別者は自覚しなくちゃいけない。差別者は自分の劣等性を見なけりゃいけない。自分の劣等なところを見つめなくちゃいけないんです

 人間にとって、自分の劣等性を見つめることは一番いやなことですね。差別者は、単に差別するのが面白いとか、そういう余裕のあるところで差別をやっているんじゃないんですね、やはり。いわば差別者の側も、大げさにいえばやむにやまれぬ追い詰められた事情があるわけです。それが自分の劣等性なんです。〔後略〕

「「ちびくろサンボ」 絶版を考える」径書房、P244より、強調は引用者

で、拙者がいいたいのは、このおばさんの「ブラクがいてよかったわ!!」というセリフの「ブラク」の部分を、「韓国・朝鮮人」とか「ニート」とか「おたく」とか「非モテ」とかに入れ替えたような意見が、どうも最近*6Webで多いようで悩んでいるということなのである。(以下、引用の強調は全て引用者)

(A)「韓国・朝鮮人がいてよかったわ!!」の例

…「痛いニュース」とかの韓国とかの記事のコメ欄とかに多数(引用するのもはばかられるような意見ばっかなので、紹介はやめる)

(B)「ニートがいてよかったわ!!」の例

…同上

(C)「おたく(オタク)がいてよかったわ!!」の例

これについたブクマがなんと300弱。すごい。ていうか、このオタクたちの暑苦しさに思わず引いたわ

私は海外ミステリ&ホラーのファンで、そこそこの数は読んでると思うけれど、自分でそれをオタクと思ったことないし、それこそ人に読ませるための入門10 冊なんか考えたこともないです。〔中略〕だから、ここまでねちこく真剣に暑苦しく「人に見せるためのアニメ」を語れる人たちがいることにビックリ。それとも、これだからこそ「オタク」なのか?文章だからまだマシだけど、目の前でこんなディスカッション繰り広げられたら、めっちゃ引くわ

http://fragments.marineko.moo.jp/?eid=858664

でも、私まで「オタク」みたいに思われたのは一番心外。オタクじゃないのに。スイーツでもないけどさ。たまたまブロードバンドと動画サイトと暇とが揃ったおかげで、デスノにハマッたのをきっかけにアニメも見るか・・・ってそこから始まったけど、それまでアニメなんか関心なかったんだもの。

〔中略〕うる星やつらについてはアレルギーになったわ。だってひとりのつまんない男を女が取り合う話なんて、くだらないじゃない。基本的にドタバタギャグ系好きじゃないし。彼女もつくらず、それにハマッてる弟を見てたら・・・まあ、あんときは将来が不安でしたね、いやもちろん弟の

〔中略〕

まっ、何が言いたいかっていうと、「こんな私がオタクですって?んまっ、笑わせないでちょうだい」ってことなんですけどね。

http://fragments.marineko.moo.jp/?eid=859232

(最近読んで ひどいと思ったので取り上げた。上の強調部分あたりから、明らかに「オタクと一緒にするな」という嫌悪や侮蔑の感情がうかがえる)

2 名前: 五十鈴(東京都)[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 17:48:59.32 id:OWUvydMy0

犯罪者の供述かと思った

3 名前: 味好美(埼玉県)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:49:08.31 id:GdslZISA0

>(48)

5 名前: 旁氏(富山県)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:49:12.91 ID:/cvgCAkR0

ばかじゃないのと素直に思った

9 名前: 力士(大阪府)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:49:44.33 id:GP0e5CIw0

何のために生きてるの?

12 名前: 康泰克斯(樺太)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:50:14.61 id:Spf4fOuSO

搾取されすぎだろ…

15 名前: 愛斯徳労徳(コネチカット州)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:50:21.39 ID:0bd6KyR3O

本物のバカ

19 名前: 博士倫(樺太)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:50:31.91 id:uuMkfqneO

いたたたたた

24 名前: 巴爾曼(千葉県)[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:50:44.83 ID:4dM+nuOm0

48でアニオタとかどんなつまんねえ人生歩んできたんだよ

25 名前: 愛斯徳労徳(コネチカット州)[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 17:50:56.07 ID:3HsYuheOO

ブームも終わったのに何してんだ。マジキチ

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151475.html

1925. Posted by   2008年07月27日 01:20

萌えアニメに熱心な48歳のオヤジをきめぇって笑うのに

こまっしゃくれた理屈なんて必要ないでしょ?

擁護はそりゃもう必死だろうけどさ

アイデンティティークライシスだもんな

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151475.html

2728. Posted by   2008年07月27日 11:01

絵に描いたような敗者像だな

48歳で萌アニメってwww何してんのwww

萌え~萌え~言ってる内に婚期逃して童貞も捨てられず48歳に至ったんだろうな

もうここまで来たら逆に死ぬまでオタクやってて欲しいなw

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151475.html

3464. Posted by 爆弾ぎdjsdfじょえ 2008年07月29日 09:54

こいつはいったい何のために生きているんだ。

こいつは夢も希望が見えない。

こいつはろくな人生を送れない。

こいつの家族は呆れている。

こいつは絶対ニートだ。

こいつは馬鹿。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151475.html

3470. Posted by   2008年07月29日 14:23

私はヲタだけど、こーゆうジジイと一緒にされたくない

こんなキテレツが記事になることで

らきすたに傷がつくことが許せない

変わり者ってか変質者とおんなじでしょこんな感じの記事読んで思うこと

普通に48で異常でしょ、精神状態疑うでしょ

こんな奴のせいで、ただでさえヲタの世界って線引かれるのに

気持ち悪いってたくさんの人に言われる

なんかこの記事に悪意みたいなものを感じる全部このジジイが悪いんだけど

とにかくこんなこと記事にしないでほしかった

2カ月分つかったとか恥のうわぬりしてほんと許せない48才のくせに

変質者と変わらないって自覚がないとこがこわい

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151475.html

(引用する気力もうせるが)

(D)「非モテがいてよかったわ!!」の例
  • 最近のはてな匿名ダイアリー*7とかにでてるやつ(あそこは嫌いなので紹介することさえはばかる。勝手に探すように)
  • 2chネットウォッチ板の連中など(ここも勝手に探すように)

上に引用した意見のひとたちに とくに恨みがあるわけではないので(匿名のやつらは除く)、こういうふうに名指しとかでいうのは気が引けるのだが、

 | 誰かがいってやらんと
 | わからんやん?
.  \__  ______
       ∨

   ( -_- )           ∧_∧∧∧ ∧_∧
.   っc〔_〕 )          (´-`;)゚-゚ ;)・-・ ;)
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

先に引用した「ブラクがいて~」の引用コマの直後で、小林氏はこういっている。

言っとくが、このおばさんは

決して悪人ではなかったのだ!

ビンボーに負けず4人の子供をちゃんと

女一人で育て上げて死んでいった

人なのだ!

 

そんなりっぱな

おばさんの心の中にだって

 

サベツの心は

あったのだ!!

前掲書P47 9~10コマ目より、セリフのみ引用

そう、このおばさんは、確かに立派だ(少なくとも、2chヲチ板とか痛いニュースとか匿名ダイアリーとかで匿名でひどいことを書く連中よりは)。そんな立派な人でも、差別をするというこの恐ろしい現実。

むろん、さきのおばさんの例のような部落差別問題の深刻さと 上記の「韓国・朝鮮人」、「ニート」、「おたく」、「非モテ」への嫌悪やら侮蔑やら批難の深刻さのレベルは異なるようで、両者はイコールで結べるとはいいづらいが、その本質はかなり似通っているのではないか、というのが自分の考えである。

わしは(自慢ではないが)世間から見たら「おたく」であり、しかも壮絶なレベルの喪男(≒非モテ)なので(自己紹介 - 恋愛なんかくだらねぇ - ヘボメガネグループ参照)、この種の意見を目にしてしまうたびに自分自身も非難されているようで、昔は真剣に怒っていたのだが、最近では怒りの感情などは湧いてこず、ただ悲しさだけが湧いてくるだけになった。

それは、「差別すること」自体がバカバカしいと気づいたからなのである。

竹田〔引用者注:評論家 竹田青嗣氏〕

〔中略〕そしてもっと重要なのは、差別する行為が自分にとって何であるかということをよく考えることです。

 差別するということは、簡単にいえば、本当は優位であるという事実はなにもないのに、誰かを利用して自分が優位であると思い込むことですよね

岸田 うん、そうですね。

竹田 つまりそれは一種の自己欺瞞なわけです。本当は自分がどこか弱いところを持っているのを、自分よりも劣位であるといわれている人を利用して、相対的に自分が優位であると思い込むことなんですね。そのことが自分の中で十分腑に落ちれば、単に抗議されると嫌だからやめるとか、ある言葉が差別語か差別語でないかなどというところを越えて、差別すること自体がバカバカしくなるでしょう

「「ちびくろサンボ」 絶版を考える」径書房、P244より、強調は引用者

上の引用の竹田氏の「本当は優位であるという事実はなにもないのに、誰かを利用して自分が優位であると思い込む」、「自分よりも劣位であるといわれている人を利用して、相対的に自分が優位であると思い込む」というのは、まさに先のビンボーなおばさんの考えそのものだ。この忌まわしい考えによって、何の関係もない無害な他者を侮蔑・差別することで自分自身をゆがんだ形で慰めようとすること、これが「人間という種が根源的にもっている醜さ」なのだろう。

 いやね、ほんと、見てて思うわ、上の人たちとか、他の人たちも、

「あなたたちは自分のしてることがバカバカしいと思わないのか」と(いや、自分もはてブでスイーツや発言小町の痛いトピに対して 普段似たようなコメを書いていたりするので、言える資格があるのか微妙だが*8)。

実は自分もかつて、いじめられてた中学時代あたりから大学辺りまで、いじめられたり嫌な目に会うたびに 先のおばさんと似たようなことをいつも考えていたが、「「ちびくろサンボ」 絶版を考える」のこの対談を読んで、マジで目が覚めた。

本当は、「おたく」であり喪男でもある自分としては、先に引用した(A)~(D)の種のような意見に反論したり抗議したりしたいんだけど、やっても虚しくなるだけなので(あるいは、悪罵の投げつけあいになるだけだろうから)控える。そのかわり、こういいたいのである。


 | たのむからやめて
.  \__  ______
       ∨

   (。-_-。)。.         ∧_∧∧∧ ∧_∧
   (、   , )          (´-`;)゚-゚ ;)・-・ ;)
   (_ ∪∪ _)

*9

なんの意味もないだろうと、そういう行為は。(オレも今後やめるから)

*1:旧。SAPIOかどっかに移籍した新~は読んでないのでわかりません

*2:漢字が出ないのでひらがなで書いた。「糸」へんに「圭」

*3:高校生ぐらいだった

*4:自分の出身地や親なんて自分では選べない

*5:この感情を、私は「人間という種が根源的にもっている醜さ」と呼んでいる。これについては別に書きたい

*6:いや、もっと昔からあったか

*7:ところで、ここを「増田」と略する例がよく見られるが、それは全国の「増田」姓の人たちに失礼なので、即刻やめろおまえら

*8:この文は、自分自身に批判が返ってくるということも承知の上で書いている

*9:(いや、ほんと一人一人に土下座して頼んでまわりたいんだけど)

marrymarry2008/07/30 13:20お給金もらえるから、うらやましがって、うらんでるんじゃないのかと、思うんだけど。。。なぞだ。

CCCCCC2008/07/30 15:11韓国・朝鮮人、ニート、おたくはよく犯罪者扱いされますよね 非モテも性格悪い人扱い
馬鹿にする感覚というよりも悪者扱いといった感じがします
だから差別を止めてと言っても聞かないでしょうね
韓国・朝鮮人、ニート、おたく、非モテが死ねば世の中が良くなると思ってるでしょうから

raijinraijin2008/07/30 15:49んー
根拠のない差別は問題だと思います。
部落問題は、あきらかに過去の問題であり、現在は解消されつつあるし、解消していかなければならない問題と言えるでしょう。

ただ、大抵の場合、差別される側にも原因があるものです。
朝鮮、中国の場合は、国内の政治的事情をそらすためにことさらに対日対決するとか、外国人犯罪者リストの上位をいつも占めている国であるとか。自国の犯罪をなかったことにしておきながら、他国の歴史認識に介入しまくりとか。日本にたまたまいた中国人としてはそんな意識はないのかもしれませんが、われわれから見れば纏めて中国人にカテゴライズしてしまうわけです。
非モテについてもそう。
一部の議論で、非モテを必要以上に擁護し、「自分に対しても異性を割り当てろ」等の過激な言論があること。
非モテを逃避の手段として使い、非モテじゃない人から見れば。「それはお前が努力していないからじゃね」と思われること。
非モテの反対の概念として、リア充という概念を創造し、自分たちを「非モテ」と差別した人と同じ轍を踏んでいること。

ぶっちゃけ、非モテなんて本人の自意識の問題ですから、他人から見れば非モテであろうがどうであろうが単なる「キモイ人」でしかないわけで、それを「非モテ」という免罪符で回復できると考えるのが変な気もしますが。非モテじゃない人から区別されたくないのであればそれにあわせるしかないし、己の道を行くのであれば茨の道を覚悟するしかないし、自分のやりたいことは異端だけど区別すんなというのは一般的に見て、非常に変な話だと思うんですよね。

dogpiledogpile2008/07/30 16:03差別をする側、される側の間に良好なコミュニケーションは存在しません。

ほとんどの人間が差別をするし、また時にはされています。
ただ自分が「する側」の場合、その事実に気づき、受け入れることは簡単ではない。

その辛い事実を受け入れた上で、相手を理解する努力、または理解してもらう努力をすることは時間と労力を必要としますね。

差別とはその努力の欠如が表面化したもののように思えます。

BrittyBritty2008/07/30 21:28ところで「ビンボーなおばさんの考え」は「ビンボーなおばさん」の考えではないのではないですか? 観察者たる小林氏の再構築というか推論ですよね。論旨に基本的には反対するものではないですが、きちんと論じるうえでは、そのことは、分けて考えることが大事なのではないかと思います。

馬鹿発見馬鹿発見2008/07/30 22:46ヲチ板某スレでこの※が絶賛されている。これぞヲチャーの馬脚の差別意識!

>区別されたくないのであればそれにあわせるしかないし、己の道を行くのであれば茨の道を覚悟するしかないし、自分のやりたいことは異端だけど区別すんなというのは一般的に見て、非常に変な話

この論法は「異教徒」「外国人」など、あらゆる生活習慣を異とするマイノリティに当てはまる典型的な差別者の論法なのだが。
あんたはどう見てもネトウヨと同レベルです。本当に(ry

testtest2008/07/30 23:34「ブラクがいてよかったわ」がいてよかったわ

raijinraijin2008/07/31 00:25>>あんたはどう見てもネトウヨと同レベルです。本当に(ry
こういうカテゴライズは本当に何の意味もないですね。

現状としてそういうことであり、だからこそ、それを一般化するには非常に労力を伴います。理解してもらうための努力もせずに、これは常識であると騒いでも普通は受け入れられないものです。その程度の議論も理解できない人たちがいくらヲチとか言っても、出てくる結論は大体見えていますね。

auau2008/07/31 01:17部落差別とニートや非モテの差別って言うのは根本的な問題が違うと思うのですけど。

でも2ちゃんねるを見てて、よく同じことを考えてました。
誰かを見下すことで相対的に自分の劣等感を補償する、そのためだけにビックリするくらい口汚い言葉を使って罵る人があまりに多すぎる。ネットのおかげでそういう人間の負の感情があまりにくっきり可視化されるようになったなあ、と。

t-murachit-murachi2008/07/31 10:13tbしますた。
>id:raijin さめ
>ただ、大抵の場合、差別される側にも原因があるものです。
これについて、おいらが今回起こした記事では「侮蔑」であり、その対象はレッテルに括られる集合ではなく、個別原因に関わる人々であるべきだ、というようなことを書きました。

たくさん反応があるとうれしーなー、とかちょっとぼやいてみる。w

2008-04-13

[]昔の新聞がカオス(≒ネタの宝庫)な件 1.広告 21:21 昔の新聞がカオス(≒ネタの宝庫)な件 1.広告 - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 昔の新聞がカオス(≒ネタの宝庫)な件 1.広告 - だんぺんぶこみっく

最近 ヒマができたので 趣味の「昔の新聞のネタ探し」を再開し,結構いろいろネタが手に入りましたので公表することに。(結構いっぱいあるので小出しにする予定)

ではまずビジュアル的にわかりやすい広告から

(1)グリコと**の関係

f:id:TakahashiMasaki:20080413203219p:image

朝日新聞 昭和26年8月19日の紙面より

グリコといえば有名なお菓子ですが,むかしはタラバガニからとったカロチンを含有していたようです(今はどうなのだろう)

それにしてもカニとグリコというまったく似つかわしくない取り合わせが素晴らしい。

(2)アース製薬のセンス

f:id:TakahashiMasaki:20080413203531p:image

朝日新聞 昭和26年5月11日の紙面より

殺虫剤の広告ですが,左のおばさんの笑顔と,アースでハエをぬっ殺している行為のギャップがなんか強烈なのでチョイス(なんでそんな笑顔で…)。こーゆーのを「虫も殺さぬ顔」というのでしょうか。しかもハエが大きすぎるし。また,”百貨店ニアリマス”という表記も昭和のセンス抜群です。

ちなみにこれには別バージョンもあり↓

f:id:TakahashiMasaki:20080413203928p:image

朝日新聞 昭和26年8月19日の紙面より,前出「カニとグリコ」と同じページ

「ノミのジャングル

 蚊のブギウギも

 アース一吹き

 あとは涼風!」

という,吹き出し中の七五調のセリフがいい味です

(3)謎の変態広告*1 パピリオ

f:id:TakahashiMasaki:20080413204223p:image

朝日新聞 昭和28年12月14日の紙面より

みなさん驚かれたと思いますが,念のため,これは新聞に載ってた広告で,パピリオという化粧品会社の広告のようなのですが,クレヨンかなんかで殴り書きしたようなダイナミック(乱雑?)な文字といい,図版などが一切ないうえに商品の説明が一切なかったりで,最初見たときあたしゃものすごい違和感を覚えたもんです。

ちなみに,この会社 昭和10年ごろから朝日に頻繁にこのような広告を出しており,縮刷版を読んでてよく出会うのですわ。

 )
 ) また お前かっ !
 )
 ⌒ ⌒ ⌒ ⌒ ⌒ ⌒ ⌒
       O
      o
   ( -_-;)        ← 図書館で縮刷版を見てて
   (   U )          この広告がでてくるたび
 ̄ ̄|⌒Y⌒l ̄ ̄ ̄ ̄\    心の中でこうツッコンでた
   .⌒Y⌒

(このパピリオって会社いまもあるようなので,もし訴えられたりしたらどうしよ)

f:id:TakahashiMasaki:20080413205448p:image

朝日新聞 昭和28年12月14日の紙面より

(↑これは,前述の広告の周囲にあった別の広告も含めて引用したもの。他の広告と比較すると違和感がわかると思う)

f:id:TakahashiMasaki:20080413205609p:image

朝日新聞 昭和28年4月2日の紙面より

これは4月2日のパピリオの広告。(最初,新聞の空白のスペースに誰かが落書きしたのかと思った)

(4)マダムジュジュの強調広告

続いて「マダムジュジュ」という化粧品*2の広告。

f:id:TakahashiMasaki:20080413210359p:image

朝日新聞 昭和28年2月23日の紙面より,一部

「30才の奥様!!

 日ましに小ジワが殖えてまいります!!

という断言が非常にダイナミックです。「!!」の多用も見逃せない。

(5)昔の映画の名キャッチコピー

そして,昔の映画の広告。これは「ヘン」という訳ではないのですが,気に入ったので紹介。大映の昭和41年のお正月映画の広告です。

f:id:TakahashiMasaki:20080413210957p:image

朝日新聞 昭和41年1月3日の紙面より

あの名優・市川雷蔵主演の映画のようですが,注目すべきは中央付近のコピー。

「殺し屋、利権屋、裏切り野郎

 まとめて息の根止めてやる

 海軍仕込みの殴りこみ!」

なんとゆう軽快で見事なキップ。しかも七五調でバッチリ決めているところがまたいいです。

ちなみに,この広告のすぐとなりに(おそらく二本立てか?)同じく大映の「新・兵隊やくざ」(主演:勝新太郎)という映画の広告もありましたが,これのコピーも非常に素晴らしいので紹介。

f:id:TakahashiMasaki:20080413211437p:image

朝日新聞 昭和41年1月3日の紙面より

「上官なぐるは

 朝めし前!

 憲兵まくのは

 昼めし前!

 酒と女は晩め

 し前!こんな

 兵隊見たこと

 ない!」

これも七五調がバッチリ決まってますが,3つ目の文までが「****は@めし前!」とフォーマットを統一してるのも見逃せません。最近の映画のコピーって「全米が泣いた」とか陳腐なのが多いので,こういう古きよき時代の名コピーをもっと見直して欲しいものです。

(6)意味不明の漫画

最後に,意味のよくわからない明治キャラメルの広告。3コマの漫画なのですが,

f:id:TakahashiMasaki:20080413212036p:image

朝日新聞 昭和27年2月23日の紙面より

マジで意味がわからないのでだれか教えてください(子供がみみずくの時計を不思議がっている…と解釈すればよいのか)

*1:わしの造語で,ヘンな広告のこと

*2:この会社もいまもあるらしい…

junkMAjunkMA2008/04/16 07:32どもども。
最後のみみずく時計のネタは、『子供の目の動きがみみずくの目の動きとシンクロしている』というオチだと解釈しました。

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/04/16 18:25>子供の目の動きがみみずくの目の動きとシンクロしている
あ,なんとなく理解しました(でもわかりにくいネタですねこれ…わしの理解力が乏しいのかも

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20080413

2008-03-05

[]新しい敬称の方法を考えた 20:56 新しい敬称の方法を考えた - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 新しい敬称の方法を考えた - だんぺんぶこみっく

はてなのid(例:id:abcdefgh1234 とか)に「id:abcdefgh1234さん」「id:abcdefgh1234様」とかの敬称をつけるのが 自分はどうもなじめない(アルファベットとひらがなが似合わない)ので,新しい敬称を考えた

男:Herr id:abcdefgh1234

女:Frau (Fräulein) id:abcdefgh1234

(Mr, Ms とかだとなんかソープランドの名前みたいなので)

関係ないが,マジンガーZのドクターヘルは ドイツ人からは「ヘル ヘル」と呼ばれるのだろうか

anotheranother2008/03/06 00:07マジレスすると、博士号のある人への敬称は「ヘル・ドクトル」なので、「ヘル・ドクトル・ヘル」となるでしょう。

TakahashiMasakiTakahashiMasaki2008/03/06 20:20この記事のドイツ語の敬称は http://ja.wikibooks.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E8%AA%9E_%E5%88%9D%E7%B4%9A%E7%AC%AC10%E8%AA%B2 を参考にしてたのですが このページにもろに書いてあった……(見逃してました

ドイツ語はわからないドイツ語はわからない2008/03/06 20:48博士号を持つ「トクドルヘ」さん(男性)がいれば回文になるんだなあ。(日本語的な意味で)

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20080305

2008-01-12

[] 18:55 2008-01-12 - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク

 最近プライズゲーム熱が再燃してきて,近所のゲーセンによくいくようになったのだが,そこで妙に人気のある「三国志大戦」ってゲームが気になったので*1,思い切って遊んでみることにした。(一度は体験してみるか,ということで)

 で,今日ゲーセンに行ってやってみたのだが,遊ぶ前から現在まで,まったくの初心者の自分が思ったことをいろいろかいてみる

遊ぶ前

  • 最初に思ったのは,「このゲーム,「初心者向け講座」みたいなサイトがWeb上にあまりないな」ということだった(だから敬遠していた)。公式サイトとかも,ゲームの細かいルールやプレイ方法などがあまり詳しく書いてなかったので,不安だった
  • で,事前にwebで初心者向けサイトを探したが,よさそうなのが404 Not Foundぐらいだった…(2chとかはまだ見てない)

カードを買ってみた

  • そして,まずゲーセンで「スターターパック」を何個か購入。しかし魏・呉・蜀などの,所属が同じメンバーがなかなかそろわないし,すぐダブルしでちょっと引いた(後で調べたら,スターターって3種類しかないと判明。マジック=ザ=ギャザリングみたいにいろんな種類があるわけじゃないのか)
  • いくつかのサイト(前述のや,FrontPage - 三国志大戦wikiミラーを参考に,デッキを作成(2種類)。スターターパックは3種類そろえればとりあえずのものは作れるようだ

そして今日

  • 今日,昼前に大野クラブセガに出陣。休日とはいえ 時間のせいか すいている。300円という料金に引きながらも,とりあえず君主カードをいれてプレイ。(最初の名前入力が,時間制限があるのでけっこうあせる)
  • プレイすると,チュートリアルに移った。なんか笑顔がさわやかなおっさん(以下「さわやかなおっさん」)が出てきて,プレイ方法の説明や,デモがいろいろあった。この説明がかなりわかりやすい(これは本当に良いポイントだと思う)。武将のカードを動かして敵にぶつけて攻撃すればよい,という説明がある(公式サイトなどでも説明されていたが,画面で見た方がわかりやすい)。
  • デモの後,プレイ開始。黄巾族がでてくるので,自分の武将を移動させてそれにぶつけて倒し,敵が少なくなったら武将を上のほうにやって敵城を倒せばおk,ということらしい。意外と簡単にクリアできた(チュートリアルなんだから当然か)
  • さらに,さわやかなおっさんの説明に従い,黄巾族2番目(誰だっけ)の軍と戦う。これも難なくクリア(当z(ry)
  • 「殿は凄いですなぁ」とか さわやかなおっさんに言われて喜んでいたら,ゲーム終了(格闘ゲームみたいに勝つ限りは次の面にどんどん進めるわけではないようだ…)。もっと遊ばせて欲しい*2
  • 再度プレイして,更にチュートリアル2度目や一人プレイ(対戦はまだ怖いのでやらぬ)を何戦かやって,だいたいゲームの主旨やポイントはつかめたようだ(ホントか)

感想

  • 率直にけっこうおもろい(要するに,盤上でカードを操作して敵にぶつけて倒して*3,敵の城(盤面上)に武将を移動させて城を倒す,っていうわけである)。
  • 決して複雑なルールじゃなくて,むしろ根本は単純なんだけど,わかりやすい(今まで,難しいのかと思ったが)。テトリスなどもそうなんだけど,単純なものほどはまりやすいのかも
  • でも1プレイ300円ってのは高くないか(いや,マジそう思うが…これだけ盛況なんだから100円じゃだめなのか)
  • デッキをちゃんと作るには,カードが手に入らないとだめなのは 一般的なトレーディングカードゲームの常なのか(1プレイで1枚というと,相当時間がかかるなこれ)

とりあえず今日はこういう感じである(プレイ回数は全部で5回,1400円なり)

(ちなみに今日GETしたカードはこれだけ

f:id:TakahashiMasaki:20080112134709j:image

左端の金枠のがレア?なのか)

*1:以前は敬遠していたのだが

*2:これは正直にそう思う

*3:実際には,3すくみ関係の兵種や,特技など考慮すべき要素もいろいろあるけど,大まかなルールは単純

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20080112

2007-12-21

[]PCの内部がgdgd 21:59 PCの内部がgdgd - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - PCの内部がgdgd - だんぺんぶこみっく

さいきんPCが使用中に突然再起動したりするので 不安になって開けてみたのである

(ちなみに富士通のDESKPOWER C24SD/M -> http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0305/deskpower/c/index.html

すると,基盤に大量にほこりが乗ってて 掃除したのだが,CPUの上にあるファンも汚かったので思い切って開けてみると…

f:id:TakahashiMasaki:20071216164035j:image

こーゆー状態になってたんである……(たぶんこの羽みたいなのがいっぱいある下にCPUがいる)

で,必死でほこり飛ばして,あとメモリも一度抜いて挿しなおした

[][]他のサービスも使ってみようみたいな試み 22:05 他のサービスも使ってみようみたいな試み - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 他のサービスも使ってみようみたいな試み - だんぺんぶこみっく

 最近はてなのサービスばっか使用してて 他のサイトはほとんど触ってなかったのである

(初代blogのExciteのは ほぼ放置状態,最近blog形式にした自分のメインサイトはまだ記事をほとんど移行してない)

 しかし,他にも無料のブログサービスってあるから,他のも使ってみようとおもった(でも,飽きたらどうしよ)

 まずココログ プライズゲームの記録用

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20071221

2007-11-20

[][]何の仕打ちだこれは 23:18 何の仕打ちだこれは - だんぺんぶこみっく を含むブックマーク はてなブックマーク - 何の仕打ちだこれは - だんぺんぶこみっく

自分は食玩とかフィギュアとか集めるのが好きで,Amazonnや楽天とかのショップなどもよく利用するのだが,最近買った->コレ(http://item.rakuten.co.jp/robotrobot/11481/)のダンボールに貼られていた伝票がちょっとアレだったので報告

f:id:TakahashiMasaki:20071120231435j:image

(-_-;)

f:id:TakahashiMasaki:20071120231511j:image

……いや,別にいいんだが,作品のタイトル書かなくてもいいじゃない!(それも最近いくつかのTV局で放送中止になったアニメの…)*1

なんか↓コレに近いものがある

f:id:TakahashiMasaki:20030225160504j:image

*1:まぁそういう作品のフィギュア買う方も買う方なのだが

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/TakahashiMasaki/20071120