Hatena::Groupfragments

甘くておいしいおイモだよー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-04

【ネタバレ】映画『踊る大捜査線3』を見てきた 【ネタバレ】映画『踊る大捜査線3』を見てきた - 甘くておいしいおイモだよー を含むブックマーク はてなブックマーク - 【ネタバレ】映画『踊る大捜査線3』を見てきた - 甘くておいしいおイモだよー

パンフみたらテーマが「生」だか「死」だか書いてあるけど、本当のテーマは「(かつて生きた者から今を生きる者への)継承」だよね、これ。クライマックスである旧湾岸署の爆弾の前で青島と日向真奈美が二人きりのシーンでやりとりされる二人のセリフからはそう読み解くしかない。

今作最大の「敵」たる日向真奈美が「継承」をかのように体現しているのに対して、湾岸署の面々はどうか。和久甥と和久ノートは「継承」の最たる象徴で、事あるごとに和久甥がノートの言葉を読み上げるし、青島もその中に書かれている言葉に奮起するわけだけど、取ってつけた感が否めない。むしろ、窮地の青島の頭の中に、かつてドラマ本編や映画で和久が実際に言った言葉が声とともに思い出されて、その言葉に奮起して事件解決、みたいな展開の方が「和久さんはもういないけど、和久さんの心は俺の中で生きつづけてるんだ」という感じでたぎるよね、と。

「継承」と言えば、特に夏美がもったいないなあと。彼女は初夏の交通安全スペシャルに登場して、桑野婦警から教えを受けていて、今回は強行犯係に配属されているわけだけど、桑野の想いを受け継いでいるという素振りが感じられなかった。いや、パンフには一応書いてあるんだけどさ、桑野の肝っ玉感とか厳しさとかが伝わってこねーわけですよ。多分これは、夏美に後輩らしい後輩がいないのが原因なんだろうけど。(栗山と王は土壇場以外ではディスコミュってるので問題外。)

この二点を見ても、「継承」よりもむしろ「決別」という感が強いし、実際パンフには「新・踊る大捜査線」なんても書かれちゃってるわけだけど、製作陣の想いを鑑みれば納得できる面もある。和久平八郎を演じていたいかりや長介は既になくなっているし、エンディングで署長の座を交代した北村総一朗も72歳と妙齢だ。今後も『踊る』を続けていく意志が製作陣に多少でもあるならば、老いた方々にはこの際に交代していただいた方が都合がいい。そこに「生」と「死」というテーマがうまくマッチした。こう考えると、「老い」という現実世界の問題が先にあって、そこにテーマをうまくマッチさせたのではないか、という説だって立てられる。サブタイトルの「ヤツらを開放せよ!」の「ヤツら」も、実は老いた者たちを指してるんじゃないかという邪推だってできる。

そんなわけで、7年ぶりに見た『踊る』は、エンターテイメントとしてはまだしも、作品としてはフラストレーションが溜まるというやるせない映画だったわけだけど、見落としている箇所がまだあるかもしれないし、青島がなくしたはずのコートをスローモーで羽織って外に飛び出していくシーンでたぎりたいので、もう一回くらいは見に行ってもいいかなと思った。

ナデガタさん (d:id:nadegata, @nadegata) について思うことをここらで吐き出しておく ナデガタさん (d:id:nadegata, @nadegata) について思うことをここらで吐き出しておく - 甘くておいしいおイモだよー を含むブックマーク はてなブックマーク - ナデガタさん (d:id:nadegata, @nadegata) について思うことをここらで吐き出しておく - 甘くておいしいおイモだよー

私から見たナデガタさんは「自分の視界に入った『正しくない』と思うことに対して首をツッコまずにはいられない人」。漫画zip問題しかり、小4女子ついったらー事件しかり、最近ではまなめさん非公式RT関連まとめ事件しかり。

そんなナデガタさんに対する私の想いは「自分と関係ないことにまで首をツッコんで疲れないのかなあ」。漫画zip問題も小4事件もまとめ事件も、ナデガタさん自身が当事者というわけではない。漫画zip問題は漫画ブロガーたるナデガタさんなら首をツッコみたくなるのはまだ理解できるけど、残り二つの件についてはナデガタさんの生活に直接影響を与えるようなことではないように見える。

自分と関係ないことにまで首をツッコむナデガタさんに対する私の解釈は「正義感が強い人」あるいは「進んで身をすり減らすのが好きな人」。以前に私はナデガタさんに対して「憤るのではなくて、相手に対する「信頼度」という名前のスライドバーを「最低」までそっとスライドして、以後相手を視界に入れないようにすれば、その身を擦り減らなくても生きていけるのになあ」とつぶやいたことがある。自分と関係あるかないかに関わらず、目に入るもの全てに対して腹を立てちゃってたら自分の身がすり減るだけなので、私なんぞは「嫌だから見ない」メソッドを発動して精神安定を保てばいいのにと思うし、私自身はそうやってなるべく腹を立てないように生きてるつもり。そんな私から見ると、ナデガタさんがそうしないってことは、きっとこのどちらかなんだろうなあと。

これついてはもうひとつ思うことがあって、それはひとつ前の記事に対するナデガタさんのツッコミ「芋さんがそこに突っ込むのなら批評全般の批判につなげるのかなぁ」。私は、件のいずみのさんの記事は私と関係があった向こうから私の目に積極的に入ってきたからこそツッコんだわけです。それを「批評全般の批判につなげる」と思われたことに当時は少し驚きましたが、今、ナデガタさん自身に対する私の解釈で以ってナデガタさんの言葉を解釈すると、割と腑に落ちます。いずれにせよ、私の答えは明確です。「これ以上は何もしません。私の身に火の粉が降りかからない限りは」。

話を戻して。ナデガタさんが「進んで身をすり減らすのが好きな人」ならまだしも、「正義感が強い人」だとすれば、ナデガタさんの議論の仕方は筋が悪いよなあと思う。ナデガタさんと他の人の議論のまとめを見ても、ナデガタさんが結局何を相手に言いたかったのかがパッと見では分からないし、ナデガタさん自身も議論の最中に自身のスタンスがブレているように見えてしまう。小4事件もまとめ事件も、当事者でなければ「愚行権と自己責任」で終わるだけのはずの話なのに、延々と議論を続けているのは、議論そのものを目的としない限り、不毛としか言いようがない。

この段はお節介。事件の当事者でないナデガタさんが今後も筋悪な議論を続けたとして、いつか事件の当事者から(特に被害者側から)筋悪な議論が原因でネガティブな指摘を受けた場合、ナデガタさんはどんな反応をするのかが気になってしまう。いわゆる「善意は悪意よりタチが悪い」問題に陥ってしまわないかとか思うわけです。そこはフールな自意識(自身のTwitterまとめに「粘着」や「横槍」というタイトルをつけているところから読み取れる)でもって被害者さえも敵に回すのか、いやいやそんな極端なことはしないだろ素直に引き下がるだろうとか、でも引き下がったとして被害者からネガティブ指摘を受けたことを延々と悩みつづけるんじゃないかとか、勝手な妄想を膨らませております。

色々と書いてきたけど、ナデガタさんは言葉の通じる人だと思うし、やりとりしてて私は楽しいので、いつか分かり合えるまで、あるいは分かり合えないことが分かるまで、酒でも飲みながら言葉で殴り合いたいです。

[飲みに行きませんかメソッド]

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/SweetPotato/20100704