Hatena::Groupfragments

甘くておいしいおイモだよー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-12-09

for b:id:gruxxx 08:29  for b:id:gruxxx - 甘くておいしいおイモだよー を含むブックマーク はてなブックマーク -  for b:id:gruxxx - 甘くておいしいおイモだよー

gruxxx 漫画, 産業, アニメ 前チラ見したきり。このインタビュー欲しいんだが正直キャッシュとか探す意欲でないなあ。電通(裏?)十則を思い出す。ま、それでも着いていってる人が居るのは人望があるんかも分からんが 2008/12/06

no title

http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Finterviewwith.blog44.fc2.com%2Fblog-entry-45.html

「2008年9月28日 02:23」版を参照。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/SweetPotato/20081209

2008-12-07

「体系」って何ですか? 01:04 「体系」って何ですか? - 甘くておいしいおイモだよー を含むブックマーク はてなブックマーク - 「体系」って何ですか? - 甘くておいしいおイモだよー

今必要なのは、マンガについて全く知らない人に対して、マンガを分かりやすく紹介し、体系立てた有用な情報を懇切丁寧に優しく教え導くポータルサイトの存在だと思うのです。

マンガサイト・ブログに希望すること

上記記事に対する反応*1として「オレそんなのより購入簿書くよ」「そもそもサイトそんな見たいと思わないし」「情報が必要なら自分で探すし」「それより他の漫画好きとのコミュニケーションですよ!」という意見は理解できるし,さらに「有用な情報が埋もれてしまっていてウェブ検索じゃ発見できない!」という嘆きも分かる。

けど,その前にこの記事に対して問いかけるべきは「(たかひろさんの言う)『体系』って何ですか?」じゃないかなあ*2

たかひろさんのサイトは,一般的なブログとは異なり,記事が時系列には並んでいないという特徴がある。作品レビューは雑誌ごとに分かれており,それとは別に掲載作品一覧やエッセイなどがある。私は,このような記事の秩序づけを「体系」だと思っているんだけど,上記記事に反応した方々やたかひろさん自身はどう考えているんだろうか。

一方,ブログにだって「記事は時系列に並ぶ」という秩序づけがあるし,カテゴリやタグといった記事の分類機能もある。にも関わらず,たかひろさんが作品レビューなどの記事をブログではなく通常のサイトをメインとして行っているということは,ブログが持つ上記秩序づけ機能ではたかひろさんのニーズ――「ポータルサイト」や「マンガ文化の向上」――には応えられないということなんじゃないかなあ,と。

以下余談

  • 「体系」から連想したのは「点と線と面」の話題と「俯瞰」「深化」という言葉
  • 「この記事は『面白いマンガがあったらぜひ教えてほしい』と同様に『教えてほしいメソッド』だったんだよ!」というめっちゃ穿った読みもできそうだけど,たかひろさんの性格からしてその線は薄いかなあと
トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/SweetPotato/20081207